Rotation Control – 画面の向きを通知領域から管理 Android 7.0以降でオススメの回転制御系 無料アプリ

スポンサーリンク

Androidの画面の向きを制御するアプリはたくさん存在しますが、ボクはその中でも「Rotation Lock Adaptive」というアプリを愛用していました。

関連記事

Rotation Lock Adaptive – Android向け 画面の向きを好きなタイミングで変更できる回転制御系 無料アプリ

が、最近Nexus 6PをAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)にしてから調子が悪く、なぜか画面を回転できなくなりました・・・。

そこで本記事では、Android 7.0以降でも正常に動作する、画面の向きを通知領域から管理できる無料アプリ「Rotation Control」を紹介します。

スポンサーリンク

Rotation Control – できるコト

通知領域から画面の向きを変更できる!

「Rotation Control」を使えば、通知領域のアイコンをタップするだけで画面の向きを縦や横に変更できます。

ロック画面でも変更OK

またロック画面上でも、通知領域からの向き変更を調整できるため、ロック解除後すぐ変更後の向きで操作開始できます。

シンプルで使いやすい良アプリ!

複雑な初期設定も不要で、アプリインストール後すぐに通知領域から画面の向き変更ができるようになります。

今のところ最新のAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)でも問題なく動作するため、ボクのようにNexus端末やPixel端末をお使いの方にオススメです。

Rotation Control – 使い方

手順①:アプリを入手

まず、「Rotation Control」をインストールします。

Rotation Control

Rotation Control
開発元:CrapeMyrtle
無料
posted with アプリーチ
  • Android 要件:4.1 以上

手順②:通知領域から画面の向きを変更!

インストールできたらさっそく起動をします。

まずアプリを有効にするため、「回転制御開始」のトグルをオンにします。

すると通知領域に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示され、タップすると画面の向きを変更できます。各アイコンの意味は、アプリ内の「說明の表示」から確認できます。

例えばYouTubeを縦画面で視聴中に通知領域を表示させ、画面を横向きにするアイコンをタップすると、

この通り、強制的に横向きへ変更されます。

手順③:通知領域の優先度を設定

またアプリトップ画面内の「通知領域の優先度」より、通知領域に表示されるアイコンの優先度を調整できます。

優先度の高い通知はより上の方へ、優先度の低い通知はより下の方へ表示されます。

優先度:最高

例えば優先度を「最高」にすると、上から3番目に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。これより上の通知は通知領域に常駐型のアプリ(Google Play Musicなど)のみです。

優先度:高い

一方で優先度を「高い」にすると、上から4番目に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。「最高」に比べ、「LINE」の通知より優先度が低くなっていることが分かります。

優先度:普通以下

そして優先度を「普通」以下にすると、一番下に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。ボクの環境では「普通」〜「最低」はどれも一番下に表示されましたが、他のアプリ通知との組み合わせによっては変化があるかもしれません。

優先度はどれがオススメか?

どの優先度がオススメか、については個人の好みによると思います。ただ個人的には優先度「最低」が使いやすいと感じます。

理由として、優先度「最高」や「普通」だと、通知領域に表示されるアプリの組み合わせによって「Rotation Control」アプリが表示される位置が毎回変わるため、その度に位置を確認する必要が発生します。

一方で優先度「最低」とすると、通知領域の一番下に「Rotation Control」が表示されるため、すぐにアイコンをタップできて便利です。

〆:最新OSでも画面の向きを管理!

以上、說明でした。

正直以前まで使っていた「Rotation Lock Adaptive」の方が操作性に優れていましたが、

関連記事

Rotation Lock Adaptive – Android向け 画面の向きを好きなタイミングで変更できる回転制御系 無料アプリ

「Rotation Control」なら最新OSバージョンでも問題なく動作するため、今後愛用することになりそうです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい