Screens – Androidで指定アプリを自動的にマルチウィンドウで表示! ペアを事前に設定しよう

スポンサーリンク

Android 7.0の目玉機能の1つである「マルチウィンドウ機能」は画面を分割し、それぞれに異なるアプリを同時に表示することができます。

ただ、使っていると実は同じ組合せでアプリをマルチウィンドウ表示することが多く、その度に「タスク」ボタンを長押しするのは面倒ですよね。

そこで本記事では、事前に設定した特定アプリの組合せを自動的にマルチウィンドウ機能で表示する無料アプリ「Screens – Multi Window Manager」を紹介します。

同じアプリの組合せでマルチウィンドウ機能を表示する機会が多い方にオススメです。

photo by Indi Samarajiva

スポンサーリンク

Screens – 指定アプリを自動でマルチウィンドウ表示!

Screens – 特徴

まず、本記事で紹介する「Screens」アプリの特徴について解説します。

特定アプリをマルチウィンドウ機能で自動表示!

「Screens」アプリ上で事前に特定アプリの組合せを設定すると、ホーム画面上に専用アイコンが表示され、タップすると設定した2つのアプリが自動的にマルチウィンドウで起動します。

例えばホーム画面に作成した「設定とGmail」アイコンより、マルチウィンドウで設定とGmailが起動する。

アプリの組合せはいくつでも作成可能

さらに、これら特定アプリの組合せの数に制限がなく、ホーム画面上の空きスペースが許す限りいくつでも作成することができます。

マルチウィンドウで表示したいアプリの組合せパターンに応じて、アイコンを増やすことができる。

画面の縦・横の向きにも自動対応

もちろん「Screens」アプリ経由で開いたマルチウィンドウは、画面が縦向きの状態だと上下にアプリが並ぶ形でマルチウィンドウ表示され、横向きだと左右に並ぶ形で自動的にマルチウィンドウ表示されます。

例えば横向き状態だと、左右に並ぶ形でマルチウィンドウ表示される。

特定の組合せで表示する機会が多いなら便利!

マルチウィンドウを利用する機会が多く、かつ表示するアプリが毎回同じ組合せなら、「Screens」アプリを使うことで手順をショートカットすることができ大変便利です。

さっそく下記より、その使い方を解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Screens – Multi Window Manager」をインストールします。

Android 要件:7.0 以上

価格:無料

続いて初期設定として、「Screens」へアクセス権限を付与します。

「設定」→「ユーザー補助」→「Screens」と進み、

トグルをオンにしてアクセス権を有効にします。

【ポップアップが表示され設定できないとき】 – トグルをオンにしようとすると「アプリが許可リクエストを隠しているため、設定側でユーザーの応答を確認できません。」とポップアップが表示され、先に進めなくなることがあります。これは画面上で動作しているオーバーレイアプリが原因となっている可能性があるため、一時的に当該アプリを無効にする必要があります。

関連記事

「アプリが許可リクエストを隠しているため、設定側でユーザーの応答を確認できません。」の原因と解決方法

以上で初期設定は完了です。

手順②:アプリの組合せを設定する

次にマルチウィンドウ表示したいアプリの組合せを設定します。

「Screens」アプリのトップ画面を開き、+ボタンからアプリを追加します。上下に並ぶ+ボタンはそのままマルチウィンドウ表示された際の並び順を示しています。

2つのアプリを選んだら、作成するアイコンの名前を入力します。アプリの組合せが分かるようにすると良いでしょう。最後に「CREATE SHORTCUT」をタップすればホーム画面にアイコンが追加されます。

例えばアプリの組合せが「Google Chrome」と「feedly」なので、「ブログとブラウザ」という名前にした。

さっそく作成したアイコンをタップすると、設定したアプリの組合せで自動的にマルチウィンドウ表示されます。

また、複数の組合せを作りたい場合は、再度「Screens」アプリのトップ画面からアイコンを作っていきます。追加で作成しても旧アイコンは消えないため、いくつでも組合せは作成可能です。

【不安定な動作が玉にキズ】 – 「Screens」はアプリの組合せによってかなり動作が不安定になります。そのため、設定するアプリにある程度制限がかかる点が欠点となります。

例えば、作成したアイコンをタップするとなぜかScreensアプリの設定画面が表示されたり、設定したアプリによっては動作が停止することも。

補足:「Split-screen creator」との違い

本ブログでは他にも、同様の機能を持つアプリとして「Split-screen creator」を紹介しています。

Split-screen creator
Split-screen creator

関連記事

Split-screen creator – Androidで指定アプリやショートカットを自動でマルチウィンドウ表示!

特徴が非常に似ている両アプリですが、下記2点は「Split-screen creator」のみが持つメリットでもあるため、個人的に「Screens」より優れていると感じます。

アプリのみならずウィジェットショートカットも設定可能

ホーム画面に表示されるアイコンの見た目で組み合わせを判断できる

当然、機種やOSバージョンによって向き不向きが分かれるため、実際に両方使ってみて比較してみることをオススメします。

〆:不安定な面もあるが自動表示は便利!

以上、Screens – Androidで指定アプリを自動的にマルチウィンドウで表示! ペアを事前に設定しよう 說明でした。

最後に紹介した通り、「Screens」アプリは動作に不安定な一面もありますが、それでも自動的にマルチウィンドウ表示できる機能は便利です。

毎回同じ組合せでアプリをマルチウィンドウ表示させている方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい