Volume Scheduler – 曜日や時間帯毎にAndroidの音量を機能別に自動調節する無料アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9849_12

Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)以降のマナーモード設定は、「自動ルール」設定が追加されたため、曜日や時間毎に通知の表示やサイレント設定を自動でオンにできるようになっています。

ただし、

  • 仕事中は自動でアプリ通知音はサイレントにしたいけど、電話コール音は鳴らしたい
  • 休日は自動で電話コール音は最大音量にしたいけど、アプリ通知音は中くらいにしたい

などなど、細かい部分まで自動化の設定はできません。

そこで本記事では、曜日や時間帯毎にAndroidの音量を機能別に自動調節する無料アプリ「Volume Scheduler」を紹介します。

細かい部分まで手が届いた音量調節のスケジュールを組める、便利なアプリとなっています。

スポンサーリンク

Volume Scheduler – できるコト

指定した曜日・時間帯毎に自動で機能別に音量を調整

「Volume Scheduler」の最大の特徴が、予め指定した曜日と時間帯になると、自動で設定した音量へ機能別に調整をしてくれます。

9849_11

そのため、今まで毎日行っていた、

  • 会社へ出勤する際に手動でサイレント設定
  • 自宅へ帰ったらサイレントを解除

がすべて自動化されるようになります。

さらに「電話着信音」や「アプリ通知音」など音量の機能別に音量の大きさまで個別調整できるため、細かい部分まで含めて自動化を実現できます。

設定内容に期限を設けることも可能

また、「年末の繁忙期だけ勤務時間帯が変わるため、一時的に内容を変更したい」など、特定のイベントに対応した設定内容とした場合も、設定毎に有効期限を設けることができます。

9849_08

従って、「特定イベントが終了して元の勤務時間帯に戻ったのに、以前の時間帯に基づいた音量設定になっていた!」といったミスを防止することができます。

音量調節の頻度が高いならオススメ!

以上の說明の通り、「Volume Scheduler」なら細かい部分まで含めて、音量調節を自動化することができます。

普段から1日の中で頻繁にマナーモードの切り替えなどで音量調節をしている方なら、試す価値アリのアプリとなっています。

Volume Scheduler – 使い方

手順①:アプリを入手

まず、「Volume Scheduler」をダウンロードします。

Volume Scheduler

Volume Scheduler
開発元:Yogesh Dama
無料
posted with アプリーチ

Android 要件4.1 以上の無料アプリです。

手順②:使い方

「Volume Scheduler」の基本的な使い方を解説します。

まずアプリを起動しチュートリアルを進んでいきます。アプリトップ画面が表示されたら、右上のトグルをオンにしてアプリを有効にします。

9849_01

ここから「Volume Scheduler」を適用する曜日や時間帯、さらにその内容まで最初に設定をします。

デフォルトでは「OFFICE」と「HOME」の2種類の設定がすでに用意されているので、「OFFICE」を例に以下說明をします。

まず「OFFICE」をタップすると、設定項目が表示されるので「Edit」を選びます。

9849_02

するとスケジュールの編集画面となります。最初に「端末内でのアクセス」を許可する必要があります。

9849_03

下記より編集項目別に說明を進めます。

PROFILE SETTING:音量スケジュールを決める

PROFILE SETTING」では主に機能別の音量の調整ができます。

まず、スケジュールの名称は「Schedule Name」より編集可能なので、分かりやすい名前へ変更しましょう。

9849_04

次に「Volume Profile」では機能別に音量を個別調整できます。

例えば「仕事中は着信音以外はサイレントにしたい」という場合、「Voice Call Volume」と「Phone Volume」をある程度上げて、それ以外のバーは一番左の0に合わせることで音量スケジュールを組めます。

9849_05

その他、「Ringtone」や「Notification tone」では通知音の種類変更も編集できます。

SCHEDULE SETTING:曜日や時間帯のスケジュールを決める

SCHEDULE SETTING」では主に設定を有効にする曜日や時間帯を調整できます。

「Activate on Time」では適用する開始時間を設定します。

9849_06

その下では、本設定を有効にする曜日を設定できます。例えば、仕事中に適用させたいなら、出勤する曜日にチェックを入れます。

さらにその下では、本設定をいつまで有効にするか、も設定できます。デフォルトでは「Forever」となっているため、手動で変更を加えない限り、設定した曜日と時間帯になれば、半永久的にアプリの設定が適用されます。

9849_07

一方、「Till date」とすると、指定した日時まで設定が有効になり、期限を越えると設定が自動でオフになります。

また、「No. of occurrence」とすると、指定した回数分まで有効になったら、その後は設定が自動でオフになります。

9849_08

いずれもスケジュールが有限の場合に設定しておくべき項目となります。

NOTIFICATION SETTING:有効となるスケジュールを通知する

NOTIFICATION SETTING」では設定したスケジュールが有効となった際に通知を出すか調整できます。

トグルをオンにすると、指定した曜日や時間帯となり設定が開始されるタイミングで、通知が表示されるようになります。

9849_10

気づかぬ内にスケジュールが有効となって音量がオフになると、大事な通知を見逃してしまうリスクもあるため、オンにしておくことで、設定変更をその都度確認できて安心です。

一方で、シームレスにスケジュールを有効にしたい場合はオフにしておくことをオススメします。

〆:音量調節を自動化できる便利なアプリ!

以上、說明でした。

「Volume Scheduler」を使えば、Android本体の設定では手が届かない細かい部分まで音量調節を自動化できます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする