「開発者向けオプション」を表示してデベロッパーモードになる方法 [Android 6.0/7.0対応]

スポンサーリンク

Android 6.0(Marshmallow)搭載のAndroidでは、前世代まで同様「開発者向けオプション」が用意されており、下記ような通常の設定からは変更できない部分まで、ユーザーによるカスタマイズが許可されています。

例①:画面上部に表示されるステータスバーをカスタマイズ

例②:PCと本体をケーブル接続した際の動作をカスタマイズ

ボクもNexus 6P購入後、さっそく「開発者向けオプション」を表示させたので、本記事ではその方法を紹介します。

本記事の主旨とは逆に、「開発者向けオプション」の消去方法が知りたい!という方は、別記事を参照下さい。

関連記事

「開発者向けオプション」を非表示にして消去する方法 [Android 6.0/7.0]

【2016年10月追記】 – Android 7.0へアップデート後も本記事の手法で「開発者向けオプション」を表示できました。

photo by Andri Koolme

スポンサーリンク

「開発者向けオプション」を表示する方法

「端末情報」の「ビルド番号」を連続タップする

まず「設定」アプリに入りましょう。

初期状態では「開発者オプション」が表示されていない。

次に「端末情報」へ進み、画面下部にある「ビルド番号」を数回連続でタップします。

2-3回連続タップすると、「これでデベロッパーになりました!」というメッセージが表示されます。

以上で完了です。

「開発者向けオプション」が追加される!

作業完了後、「設定」トップ画面の下部を見ると、「端末情報」の上に「開発者向けオプション」が追加されています。

この設定を活用することで、Android上で様々な応用的な機能をオンにしたり、変更できるようになります。

「開発者向けオプション」内の設定を使う一例として、別記事もご参考あれ。

関連記事

[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法

関連記事

[Android] アニメーションをオフにして電池持ちを改善し 体感速度を向上する方法

また、この手順で「開発者向けオプション」を出現させた後、「やっぱり消去したい!」という場合、別途手順があるため下記記事をご覧あれ。

関連記事

「開発者向けオプション」を非表示にして消去する方法 [Android 6.0/7.0]

〆:さぁ Androidをカスタマイズしよう!

以上、「開発者向けオプション」を表示してデベロッパーモードになる方法 [Android 6.0/7.0対応] の説明でした。

開発者向けオプションでは、様々なマニアックな拡張機能が用意されているため、色々といじくると面白いです。

ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい