クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更/並び替え方法 [Android 6.0/7.0対応]

スポンサーリンク

Androidのクイック設定をご存知でしょうか?

画面上部から下へスワイプすると表示される各種機能を集約したパネルのことで、Androidでは「タイル」と呼ばれ、Wi-FiやBluetooth、画面の明るさ等をサクッと変更できるので大変便利です。

iOS標準「コントロールセンター」機能のAndroid版というイメージですね。

そこで本記事では、Android標準のクイック設定の使い方や、タイルを追加 / 変更 / 並び替える方法をまとめて紹介します。

最新のAndroid 6.0 Marshmallow(マシュマロ)や7.0 Nougat(ヌガー)にも対応していますので、ぜひご覧あれ。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

クイック設定のカスタマイズ方法まとめ

クイック設定とは?

Android標準の「クイック設定」機能とは、画面上部ステータスバーから下へスライドさせると出てくる項目のこと。

このクイック設定で表示されるタイルでは「Wi-Fi / Bluetooth / 音量・・・」など、各種機能の調整ができるため、サクッと変更したい時に便利です。

一方でデフォルトで表示されているタイルの中には全く使わない機能もあるため、自身の使い方に合った表示へ変更できるのが理想です。

そこで下記より說明するクイック設定のカスタマイズ方法により、タイルを追加 / 変更 / 並び替える方法をまとめて紹介します。

手順①:クイック設定のカスタマイズ画面を表示する

まずクイック設定のカスタマイズ画面を表示する手順を紹介します。

Android 6.0と7.0で異なるため、別々に說明をしています。

Android 6.0 – 「システムUI調整ツール」を追加する

Android 6.0の場合は、設定画面に「システムUI調整ツール」という項目を別途表示させる作業が必要です。

追加の手順やシステムUI調整ツールの説明については、別記事で詳細をまとめています。

関連記事

設定にシステムUI調整ツールを追加 / 削除する方法まとめ [Android 6.0/7.0対応]

下記のように「システムUI調整ツール」が表示されるようになれば準備OKです。

追加された「システムUI調整ツール」へ入ると、最初は「一部の方限定ですよ!」という主旨の注意文が表示されるので、OKを選択します。

「システムUI調整ツール」の初期画面より、「クイック設定」をタップ。

すると、現在のクイック設定のプレビュー画面となります。

Android 7.0 – 「システムUI調整ツール」を追加する

Android 7.0の場合は、現在のクイック設定画面上から直接カスタマイズ画面を開くことができます。

いつも通り画面上部から下へスワイプしてクイック設定を表示し、さらにもう一度下へスワイプします。

その後、画面上部の「ペン」アイコンをタップします。

すると、現在のクイック設定のプレビュー画面となります。

以上の手順でAndroid 6.0 / 7.0 ともにカスタマイズ画面を開きます。

Wi-FiやBluetoothなど1つ1つの機能をクイック設定では「タイル」と呼んでいます。下記からはこのタイルを追加 / 変更 / 並び替えてみます。

手順②:タイルを追加する

まず、タイルを追加する方法です。

カスタマイズでは追加できるタイル候補が下側に表示されるので、任意のタイルを長押しし、そのままドラッグ&ドロップで配置したい位置まで移動させます。

プレビュー画面を終了して、通常時の「クイック設定」を開くと、追加したタイルが表示されています。

例えば、「モバイルデータ」タイルを追加してみた。

手順③:タイルを変更(削除)する

続いて、タイルを変更(削除)する方法です。

例えば不要なタイルを消したい場合、該当のタイルを長押しし、そのまま下部にある「タイルを追加」へドラッグ&ドロップします。

例えば「色を反転」タイルを消してみる。

すると、「削除」の表記が出現し消去されます。

同様の作業をその他不要なタイルに対し行っていくと、スッキリした表示にできます。

プレビュー画面を終了して、通常時の「クイック設定」を開いてみても、整理されているので操作もしやすいです。

4562_11

手順④:タイルを並び替える

最後が、タイルを並び替える方法です。

カスタマイズ画面上で、並び替えしたいタイルを長押しして、配置したい場所にドラッグ&ドロップすると、位置変更ができます。

例えばボクは、デザインや利用頻度を考えた配置にしている。

補足①:「クイック設定」を初期設定へ戻す方法

ちなみに「クイック設定」の配置や項目を初期値に戻したいという場合は、カスタマイズ画面の右上アイコンをタップして「リセット」を選択すればOKです。

補足②:クイック設定に残すべきタイルについて

「クイック設定に残すべき項目って何だろう?」と悩む方もいるでしょう。

そこでボクがオススメし、実際に設定している項目リストを別記事でまとめてみました。

関連記事

クイック設定(システムUI調整ツール)で残すべき5つのタイル機能 [Android 6.0/7.0対応]

まだAndroidに使い慣れていない方は、ぜひご参考にして下さい。

補足③:「システムUI調整ツール」は他にも機能満載!

今回、Android 6.0に関してはクイック設定のカスタマイズのため、「システムUI調整ツール」を設定へ追加しましたが、Android 7.0含め、「システムUI調整ツール」では「クイック設定」以外にもカスタマイズ可能な項目があります。

「ステータスバー」をカスタマイズする

「システムUI調整ツール」ではAndroidの「ステータスバー」のカスタマイズができます。

例えばステータスバーの右側に何も表示されないようにすることもできます。

ステータスバーのカスタマイズについて、詳細は別記事でまとめています。

関連記事

ステータスバーをカスタマイズ! 表示/非表示を切り替える設定方法 [Android 6.0/7.0対応]

「電池残量表示」をカスタマイズする

「システムUI調整ツール」では「電池残量表示」のカスタマイズができます。

具体的には、電池残量の割合が常に数値(% – パーセンテージ)で表示されるようになります。

電池残量表示のカスタマイズについて、詳細は別記事でまとめています。

関連記事

ステータスバーで常に電池残量の割合を数字(%)で表示する方法 [Android 6.0/7.0対応]

〆:使いやすいクイック設定へ変更しよう!

以上、クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更/並び替え方法 [Android 6.0/7.0対応] の説明でした。

自身にとって利用頻度の高いタイルの配置とすることで、よりクイック設定が使いやすくなります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい