[Android] スマートフォンのロック画面に表示される緊急通報を消して誤タップを防止する方法

スポンサーリンク

Androidのロック画面上に表示される「緊急通報」を使ったことはありますか?

この機能を使えば、ロック解除せずとも110番や119番へ電話をかけられるため緊急時に便利である一方、普段の利用では誤タップのリスクもあり、非表示にしたいと感じる方もいるでしょう。

残念ながらAndroidの標準設定で「緊急通報」を消す方法は用意されていませんが、ロック画面をカスタマイズすることで擬似的に非表示とする解決策があります。

そこで本記事では、その方法を紹介します。

photo by wikiHow

スポンサーリンク

Androidロック画面から緊急通報を消す方法

「緊急通報」とは?

Androidの標準ロック画面上では「緊急通報」というアイコンが表示されます。

その名の通り「緊急時に使用する連絡手段」のことで、110(警察)・118(海上保安庁)・119(消防&救急)の3つへの通報を指しています。

ちなみに、緊急通報の対象ではない番号にかけようとしても、下記画像の通り拒否されます。

緊急通報を間違ってタップしてしまうことも…

「緊急通報」の機能は、日本の法律(電気通信事業法)にて「国内で使用する携帯電話では緊急通報を使えることが要件」と決まっているため、AndroidだけでなくiPhoneにも搭載されています。

ロック画面を解除せずとも警察や消防に連絡ができ、かつ緊急時にのみ使用する機能であるため、大多数の人にとって存在自体は迷惑ではないはずです。

ただし、お子様が勝手に自分の携帯を操作する可能性がある場合、ロック画面を突破せずとも発信ができてしまうため、意図せず警察や救急や電話してしまい周囲に迷惑を掛けてしまうリスクがあります。

残念ながら先述の通り、日本の法律で「緊急通報」の機能搭載は決められているため、Android標準設定の中で非表示にする方法はありません。が、ロック画面をカスタマイズするアプリを導入することで、擬似的に「緊急通報」の表示をロック画面から消去することができます。

さっそく下記よりその方法を紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、「緊急通報」の表示を消したいAndroidにロック画面をカスタマイズするアプリをインストールします。

種類はいくつかありますが、本記事ではアプリ「Hi Locker」をオススメします。

Android 要件:4.1 以上

価格:無料 

「Hi Locker」の詳細な機能紹介や使い方は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Hi Locker – Androidで高機能なロックスクリーンを実現! オススメのスマホ画面管理無料アプリ

ちなみに「Hi Locker」以外を希望であれば、下記アプリを使ってもロック画面から緊急通報を消すことはできます。

AcDisplay
AcDisplay
Developer: Artem Chepurnoy
Price: Free+
SlideLock Locker
SlideLock Locker
NiLS Lock Screen Notifications
NiLS Lock Screen Notifications

参考 WonderHowTo – How To Remove the ‘Emergency’ Call Button from Your Lock Screen

手順②:標準のロック設定をオフにする

ロック画面をカスタマイズするアプリをインストールできたら、続いてアプリ独自のロック設定を適用させるために、Android標準のロック設定をオフにします。

例えば「Hi Locker」における設定手順。

いずれのロックスクリーンアプリも、共通して初期設定の段階で標準のロック設定をオフにする必要があるため、結果として標準ロック画面にある「緊急通報」表示もオフとなり、擬似的に「緊急通報」を消去することができます。

〆:「緊急通報」を消して誤タップを防止しよう!

以上、[Android] スマートフォンのロック画面に表示される緊急通報を消して誤タップを防止する方法 の説明でした。

ちなみに、Androidを劇的に改造する上級者向け設定「root化」を行えば、別の方法でも緊急通報を標準のロック画面から削除することもできます。

が、今回説明したロック画面をカスタマイズするアプリでも擬似的に「緊急通報」を非表示とできるため、手軽でオススメな方法となります。

「子供に勝手に操作されてしまう」など、「緊急通報」を誤タップするリスクがあるなら、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい