[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう

スポンサーリンク

Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。

この機能は基本的に同じアプリを両画面で動かすことはできない仕様となっていますが、実は「Google Chrome」アプリについては、とある裏ワザによりこの制限を突破することができます。

そこで本記事では、Androidのマルチウィンドウ機能で、Chromeを両画面に表示する方法を紹介します。

2つの画面で同時にブラウジングできるので、使い方によっては便利な場面もありますよ。

2017年11月追記:本記事の手法は、Android 8.0でも再現できることを確認しました。

photo by 9to5Google

スポンサーリンク

マルチウィンドウ機能で両画面にChromeを表示する方法

両画面にChromeを表示ってどういうコト?

Androidのマルチウィンドウ機能でGoogle Chromeを両画面に表示するとは、例えばこういうコト。

上画面も下画面も、両方ともGoogle Chromeアプリの画面となっており、もちろん上下の表示領域の調整まで可能です。

設定する順番が若干複雑ですが、慣れればカンタンですので誰でも再現できますよ。

さっそく下記より說明します。

手順①:マルチウィンドウ機能で任意のアプリを開く

まず、いつも通りGoogle Chromeを開きます。ここで、開いているタブが1枚だけなら、右上メニュー「新しいタブ」などにより、2枚以上タブを開いている状態を作って下さい。

続いて、マルチウィンドウ機能を使って何でも良いので任意のアプリを2画面目に開きます。

マルチウィンドウ機能はタスクボタンを長押しで起動します。

例えば、1画面目にChrome、2画面目にマクドナルド公式アプリを表示した場合。

手順②:Chromeを「他のウインドウに移動」する

ここまでの手順で、1画面にChrome、2画面目に別のアプリが開かれている状態で、Chromeの右上メニューより「他のウインドウに移動」を選択します。

ここで、Chrome側で開いているタブが1枚だけだと「他のウインドウに移動」項目が表示されないため注意して下さい。

すると、別のアプリが開かれていた2画面目にChromeが移動し、1画面目には2つ目で開いていたタブが表示されたChromeが残ります。

例えば、マクドナルド公式アプリが押し出されて両画面ともChromeとなった場合。

動画にするとこんな感じです。

この部分が今回の裏ワザ最大のミソですね。

以上で、マルチウィンドウ両方にGoogle Chromeが開かれた状態になりました。

後は両画面それぞれで別のページを開きながらブラウジングができますし、2画面の大きさ比率の変更も可能です。

参考:

最後に本記事と関連する参考情報を記載します。

今回紹介したように、Android版Google Chromeアプリには様々な隠れ便利機能が用意されています。

例えば、「タブの変更」はアドレスバーを左右へスワイプすることで操作できますし、

「タブの一覧の表示」はアドレスバーを上から下へスワイプすることで操作できます。

その他、意外と知らないGoogle Chromeアプリの裏ワザについては別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] アプリ版Google Chromeを便利にする隠れ操作機能まとめ! 意外と知らないマル秘裏ワザ

〆:ブラウジングが捗るオススメの機能!

以上、[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう の説明でした。

いちいちタブの切り替えをせずとも、同じ画面上に異なるタブを表示できるため、よりChromeのブラウジングが捗ります。

スマートフォンだと画面の大きさが多少物足りないですが、Android 7.0 を搭載する機種なら全て利用できる裏ワザなので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい