Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ

スポンサーリンク

Androidには「マルチタスク機能」を便利にする様々な豆知識があります。

特に最近では、Android 7.0で標準機能として「複数アプリを同時に動かす機能」全般が強化されており、うまく使いこなすことで生産性の向上が期待できます。

そこで本記事では、「Androidの便利なマルチタスク機能」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識も含め、便利なワザをまとめて紹介します。

主にAndroid 7.0以上のバージョンを対象としていますが、Android 6.0以下であっても別途紹介するアプリにより同様の機能を再現できる場合もあるため、ぜひご覧あれ。

photo by AndroidPIT

スポンサーリンク

Androidの便利なマルチタスク機能まとめ!

本記事では、Androidにおける「複数アプリを同時に動かす機能」に関わる様々な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

①:マルチウィンドウ機能 – 全てのアプリで利用する

Android 7.0の目玉機能の1つである「マルチウィンドウ機能」は画面を分割し、それぞれに異なるアプリを同時に表示することができます。

マルチウィンドウ機能はマルチタスクボタンを長押しで起動します。

ただ、マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリは予め限定されており、未対応のアプリでは「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示されるため、全てのアプリに適用できる機能ではありません。

が、実は「開発者向けオプション」より「アクティビティをサイズ変更可能にする」を有効にすることで、この制約を解除することができます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート…」を解除する [Android]

②:マルチウィンドウ機能 – Chromeを2画面に同時表示する

同じく「マルチウィンドウ機能」のもう1つの仕様として、同じアプリを両画面で動かすことはできない特徴があります。

が、実は「Google Chrome」アプリについては、下記手順によりこの制限を突破することができます。

1. Chromeと任意のアプリをマルチウィンドウで表示する

2. Chromeの右上メニュー「他のウインドウに移動」を実行する

3. マルチウィンドウ両方にChromeが開かれた状態になる

上下両画面とも「Google Chrome」アプリを開いている。

Android 7.0はもちろん、Android 8.0でも再現性を確認している裏ワザとなりますが、少し手順が複雑なので、詳細については別記事をぜひご覧あれ。

関連記事

[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう

③:マルチウィンドウ機能 – 全てのアプリを2画面に同時表示する

以上が「Google Chrome」アプリを両画面に表示する手順でしたが、それ以外のアプリについても「Parallel Windows」というアプリを使うことで、制限を突破することができます。

「スマートニュース」が上下それぞれに表示できた。

さらに先述した「アプリで分割画面がサポートされていません」となるアプリに対し、「開発者向けオプション」より「アクティビティをサイズ変更可能にする」を有効にするワザと組み合わせることで、例えば通常はマルチウィンドウ機能で分割表示できない「LINE」アプリに対し「Parallel Windows」を適用させることも可能です。

上下に「LINE」アプリがマルチウィンドウで表示される。

うまく応用することで、面白い使い方を期待できるアプリですよ。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[Android] マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する方法! 上下で同時に操作しよう

④:マルチウィンドウ機能 – 3画面以上を同時表示する

同じく「マルチウィンドウ機能」について、上下2画面にアプリを同時表示できますが、3画面以上で動かすことはできない特徴があります。

が、実は「Taskbar」というアプリをインストールすることで、この制限を突破して3つ / 4つと画面を同時表示できます。

複数画面を保った状態で、アプリ毎で操作も可能。

特に画面のスペースに余裕のあるタブレット端末で有効活用できるアプリでしょう。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Taskbar – アプリのウインドウを独立表示! PCのように1つの画面上で複数動かせる [Android]

⑤:マルチウィンドウ機能 – 指定したペアで自動で開く

同じく「マルチウィンドウ機能」について、毎回決まった組み合わせのアプリで利用していても、都度「タスク」ボタン長押しから起動する手間が必要となります。

そこで「Screens」というアプリをインストールすることで、事前に設定した特定アプリの組合せを自動的にマルチウィンドウ機能で表示することができます。

例えばホーム画面に作成した「設定とGmail」アイコンより、マルチウィンドウで設定とGmailが起動する。

組み合わせ毎、ホーム画面上に専用アイコンが配置され、ワンタップで指定ペアがマルチウィンドウ状態で表示されます。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Screens – Androidで指定アプリを自動的にマルチウィンドウで表示! ペアを事前に設定しよう

また、アプリのみならずウィジェットのショートカットも組み合わせとしたいなら、「Split-screen creator」というアプリもオススメ。

Split-screen creator
Split-screen creator

自動で「通知ログ」と「Chrome」が開かれる。

同じく毎回決まったペアでマルチウィンドウを開いているなら、自動化しちゃいましょう。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Split-screen creator – Androidで指定アプリやショートカットを自動でマルチウィンドウ表示!

⑥:アプリ切り替えを高速で行う

Android 7.0以降では、「タスク」ボタンを連続タップすることで、開いているアプリウィンドウを高速で切り替えることができるようになりました。

今までは「タスク」ボタンを押した後、アプリウィンドウ一覧が表示される中から、目的のアプリをタップして移動・・・という手順だったため、かなり高速移動が可能となっています。

大きな1つの画面で作業をしつつ、複数のアプリウィンドウを行ったり来たりする際に、大変お世話になっている機能です。

⑦:クイックリプライ – 作業中もすぐ返信できる

Android 7.0以降では「クイックリプライ」という機能が実装され、アプリ上で作業している最中、LINEやハングアウトなどメッセージアプリの通知が来たら、すぐ返信を送ることができます。

この機能はメッセージアプリを開くことなく、通知領域上で返信文を入力しそのまま送信可能なので、いちいちアプリウィンドウ切り替えによる煩わしさも消えますし、現在の作業が途切れることがなくなります。

さらにAndroid 7.0以降にアップデートしていない(できない)端末でも、「Notifly」というアプリを使うことで、擬似的にクイックリプライを実現する方法もあります。

Notifly
Notifly
Developer: Flyperinc
Price: Free+

返信を素早く行いたいけど、今の作業の邪魔をされたくない方に最適なアプリとなっています。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Notifly – 最新Androidのクイックリプライを再現! 通知上からそのまま返信できる無料アプリ

〆:Androidでじっくり作業しよう!

以上、Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ の說明でした。

今回紹介したマルチタスク機能の数々は、スマートフォンはもちろん、画面の大きなタブレットで特にその真価を発揮すると感じます。

さらに海外情報によると、今後のバージョンアップによって、「マルチウィンドウ機能」上でドラッグ&ドロップをすることで、片方画面のファイルをもう片方画面のアプリ上に添付することができるようになるみたいです。

よくPCで使う、ファイルマネージャーからファイルをメーラーへドラッグ&ドロップで添付、みたいな動きがイメージに近いですね。

まだ使ったことがない機能があれば、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい