「Android Beta Program」でプレビュー版からダウングレードする方法と気をつける点

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6181_05

ボクは普段、Nexus 6Pをメインスマホで利用していますが、2ヶ月前にAndroid Nへバージョンアップさせました。

ただ、動作しない or 不安定になるアプリが多く見られ、メインスマホで利用するには、かなり不都合な状況が続いていたので、つい先日、Android NからAndroid Marshmallowへダウングレードさせました。

その手順や気をつけた点を記録します。

※注意:Android Nからダウングレードさせると、端末が初期化されます。実施前にバックアップをとることを強く推奨されています。

スポンサーリンク

データをバックアップ

まず、Android NからMarshmallowへダウングレードさせると、端末が初期化されてしまうため、必要なデータをバックアップします。

最近は、多くのアプリがアカウントで管理され、クラウド上にデータが保存されているため、ほとんどバックアップが不要になっていますが、その中でも、ボクの場合、下記アプリについて、バックアップをしました。

LINEのデータバックアップ

LINEはアカウント登録を済ませておけば、友だちリストやグループリストは引き継がれます。が、トーク履歴は引き継がれません

大切なトーク履歴を引き続き保存しておきたい場合は、しっかりとバックアップをとりましょう。

ゲームデータのバックアップ

Androidで動くエミュレータアプリでたまに遊ぶことがあります。

セーブデータは内部ストレージに保存されているため、バックアップしました。

マイナーアプリほどバックアップを意識しよう

以上がボクの例ですが、個人的な印象として、マニアックなアプリほど、クラウド対応されておらず、内部ストレージにデータが保存されている傾向があります。

Android Nからダウングレード前に、今一度インストールしている全アプリをチェックし、本体にデータが保存されているアプリで、かつ引き続きデータを維持したいアプリはないか、チェックしてみて下さい。

プレビュー版からダウングレードする方法

データのバックアップが完了すれば、さっそくプレビュー版からダウングレードして元に戻す作業をします。

下記より、ボクが実際に当時のプレビュー版「Android N」からダウングレードした手順を例に説明します。

手順①:「Android Beta Program」の登録を解除

Android Nにアップデートした際に訪れた「Android Beta Program」のサイトへ再度アクセスします。

「Android Beta Program」に参加中の端末が表示されるので、「端末の登録を解除」を選択します。

6181_01

「データが初期化されるけど、大丈夫?」と警告が出ます。バックアップが済んでいれば、「ベータ版の登録を解除」を選びます。

6181_02

下記画面が表示されれば、登録解除の申請が完了します。

6181_03

これで完了ではないので注意。この後、ダウングレード対象となるAndroid側で若干操作が必要です。

(自動的にダウングレードが反映されるかもしれませんが、ボクは手動でダウングレードを受け入れました)

手順②:Android側でダウングレード作業

「設定」より「システムアップデート」へと進み、更新をダウングレードします。

「Android Beta Program」と表記されていますが、説明の英文を読むと、「Android 6.0.1」となっていることが分かります。

※下記画像では便宜上、ダウングレード後の設定画面のスクショを一部使っています。

6181_04

操作は以上で、何度か再起動を繰り返した後、ダウングレードが完了します。

ダウングレード後 実施した作業

さて、端末が初期化されたので、必要な設定を再度行う必要があります。

基本的に、元の端末と同じGoogleアカウントでログインすれば、同じアプリが自動的にダウンロード・インストールされますが、初期設定は手動で行う必要があります。

多くのアプリは、登録したアカウントでログインすれば元のデータを引き続き利用できます(Google系アプリ、facebook、twitter、etc…)。

以下では、手動で操作が必要だったアプリをいくつか紹介します。

LINEデータの復元

冒頭で記載した通り、LINEは登録したアカウントにログインしただけでは、トーク履歴は引き継がれません。

バックアップしたトーク履歴があれば、復元作業を実施します。

楽天モバイルの再設定

ボクはNexus 6Pを楽天モバイルで利用しています。

初期化によりAPN設定を再設定しました。

ドコモメールの再設定

ボクは別端末で利用しているドコモメールを、2台目でも確認できるよう設定しています。

Nexus 6Pでは、Gmailを使って、別端末のドコモメール内容を見れるようにしました。

補足:プレビュー版で不安定だったアプリ

最後に、ボクがダウングレードを決意した理由である、アプリが動作しない or 不安定になった件についても紹介。

楽天系アプリが動かなくなった

Android Nでは主に楽天系のアプリが起動しなくなったり、突然落ちるようになりました。

まぁ、覚悟した上で実行したので自業自得なのですが、特に後述する「楽天モバイル」と「楽天市場」はまったく使えなくなりました。

楽天モバイルへログイン不可に

まず問題だったのが「楽天モバイル」アプリ。

ボクのメインスマホ、Nexus 6Pは楽天モバイルのSIMを使って動かしています。

楽天モバイルには、モバイルデータ通信量を管理する専用アプリがあるのですが、Android Nにして以降、ログインできなくなりました・・・。

楽天モバイル SIMアプリ データ通信利用量がわかりやすい!

楽天モバイル SIMアプリ データ通信利用量がわかりやすい!
開発元:Rakuten,Inc.
無料
posted with アプリーチ

楽天市場は起動すら不可に

次に、「楽天市場」アプリも起動すらできなくなっていました。

普段、楽天で買い物をする際はスマホから購入することでお得にポイントが付与されるので、ボクはスマホアプリから買っていました。

Nexus 6Pではアプリが動かないため、楽天で買い物するために、XperiaやiPadなど、普段使っていない端末を起動させるように・・・(めちゃくちゃ面倒)。

プレビュー版は覚悟して使おう

ちなみに、「楽天でんわ」や「楽天カード」はAndroid Nにしても起動するため、全ての楽天系アプリが使えないわけではなかったです。

が、以上の通り、Androidプレビュー版では、思いもよらぬアプリがまったく使えなくなるリスクがあります。利用頻度の少ないアプリなら我慢できますが、必須アプリの場合、ボクのようにダウングレードとなり、結局初期化の憂き目に遭うリスクがあります。

まとめ:初期化されるとやっぱり面倒

以上、説明でした。

クラウドで多くのデータが管理されているとはいえ、やはり一度初期化されると、復元するのは面倒ですし、100%完全に復元はできませんでした。

遊び半分でNexus 6PをAndroid Nにしたとはいえ、今後はメインスマホを安易にベータ版へアップデートしないよう、気をつけようと思います(泣)。

ボクのように、Android Nから元に戻したい方は、ご参考あれ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする