既定のデフォルトアプリを変更する方法 [Android 7.0 Nougat(ヌガー)]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8667_06

AndroidはiOS以上に様々なアプリが用意され、かつ自由度も高いため、既定のデフォルトアプリをカスタマイズしている方も多いでしょう。

つい先日、Nexus 6PをAndroid 7.0 Nougatへアップデートしたので、Android 7.0における既定のアプリを変更する方法について説明します。

スポンサーリンク

「既定のアプリ」の意味と特徴

「既定のアプリ」はデフォルトで使用するアプリのコト

既定のアプリ」とは、似た機能を持つアプリが複数ある場合、デフォルトとして使用するアプリを指します。

例えば、受信したメールにホームページのリンクが貼られていた時、自動でGoogle Chromeでリンクを開いたら、既定のブラウザアプリはGoogle Chromeとなります。

このように、スマホで任意の動作をした際、予め利用するアプリが決まっていれば、それが「既定のアプリ」となります。

これはAndroid端末などスマホだけでなく、PCにも存在する概念です。

Androidは「既定のアプリ」の自由度が高い

AndroidとiPhoneの優劣は長年議論されていますが、個人的にAndroidが優れていると感じる点として、「既定のアプリ」の自由度の高さがあります。

例えば、iPhoneの「メール」アプリでホームページのリンクが貼られていて、クリックしたら必ずSafariで開かれます。これは、たとえSafari以外にGoogle Chromeなど他のブラウザアプリがインストールされている状態でも、選択肢はなく強制的にSafariで起動となります。

iPhoneやiPadなどiOS端末はこのように、「既定のアプリ」がApple系列のアプリから変更できない という特徴があるのですが、一方でAndroidはGoogle系列以外のアプリを「既定のアプリ」として設定することができます。

※iOS端末でも脱獄すれば「既定のアプリ」を変更することはできますが、通常の方法ではないのでここでは無視します。

つまり自分だけの「既定のアプリ」を自由にカスタマイズできるのがAndroidの強みであるため、「既定のアプリ」の変更方法はぜひ知っておいた方が良い知識となります。

Android 7.0で既定のアプリを変更する方法

手順①:「アプリ」設定画面へ

「設定」→「アプリ」と進み、右上の歯車アイコンをタップします。

8667_01

手順②:「既定のアプリ」を変更する

現在のデフォルトアプリ設定状態が表示されます。

8667_02

ここで各項目をタップすると、項目毎の既定のアプリを変更することができます。

下記に何点か項目を取り上げます。

「リンクを開く」はアプリ環境によって内容が変わる

「リンクを開く」をタップすると、各リンクの種別毎に起動する既定のアプリが表示されます。

この一覧は、現在インストールしているアプリ環境によって内容が異なります。

例えば、ボクの場合、「ウィキペディア」アプリをインストールしているため、wikipedia関連のリンクを踏むとブラウザアプリ上ではなく、「ウィキペディア」アプリが自動で起動するようになっています。

8667_03

その他、2ch関連のリンクなら「2chMate」アプリですし、クックパッド関連のリンクなら「クックパッド」アプリが設定されています。

アプリ候補が複数あると変更ができる

例えば「ホームアプリ」をタップすると、現在設定している「Nova Launcher」の他、2つ目の候補である「Google Now ランチャー」が表示されるので、変更ができます。

8667_04

アプリ候補が1つだけだと「既定のアプリなし」となる

一方で「ブラウザアプリ」をタップすると、Chromeしか出てこず、「既定のブラウザなし」と表示されます。

8667_05

このように、そもそも似ているアプリが1種類しかない場合は、「既定のアプリ」自体設定変更ができません。

まとめ:自分だけの既定アプリを設定しよう!

以上、説明でした。

「既定のアプリを決めたのはいいけど、どこから変更するか分からない!」という声が周りで多かったので、同じ悩みを抱えている方は、ぜひご参考にどうぞ。

Androidの自由度の高さを存分に活用して、自分だけの既定アプリを設定してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする