「クイック設定」に残すべき5つのタイル [Android 6.0 Marshmallow/7.0 Nougat 共通]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4593_06

Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)やAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)では、クイック設定のカスタマイズができます。

ここで、「じゃあ、どの項目をクイック設定に残すべきなの?」と悩まれる方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、「クイック設定」のカスタマイズで残すべき5つのタイルを紹介します。

※タイルとは、クイック設定に表示される各種ショートカット項目の名称のコト。

スポンサーリンク

「クイック設定」に残すべき5つのタイル

これは残すべき①:Wi-Fiのオンオフ

ボクの中で、クイック設定内の利用率No.1がこの「Wi-Fi」。後に紹介する「通知を非表示」と並び、ダントツのトップです。

利用シーンとしては、Wi-Fi環境下の入退出時。例えば、自宅やカフェ、勤務先など、いつも利用しているWi-Fi環境下にいるときは、オンに。通勤時間や買い物中、旅行中など、設定してるWi-Fi環境外にいる時はオフにしてます。

また、それ以外にも現在接続中のWi-FiのSSIDをすぐチェックできるのもメリット。

(個人情報に関わるので黒塗りしてますが、下記画像の赤枠内の部分です)

4593_01

自宅にいるときは、自宅のネット環境に常に繋がってるので、あまり活躍しませんが、カフェや空港など、公共無料Wi-Fi環境にいるときは、けっこう便利。

例えば、空港で無料Wi-Fiを利用する際、「あれ、なんか通信速度が遅いな」と思って、ふと「クイック設定」より接続中のSSIDをチェックすると、別のWi-Fiに繋がってた、なんてことも分かります。

そんなときは、わざわざ「設定」画面からWi-Fi設定を開かなくても、「クイック設定」上で別のSSIDをタップするだけで、接続先を変更できちゃうんです。

4593_02

これは残すべき②:通知を非表示のオンオフ

Wi-Fi同様、ダントツの利用率なのが、この通知を非表示。要するにマナーモードのことです。

自宅にいるときは、オフにしておき、外出時はオン(=マナーモード)に。特にWi-Fiとセットで利用することが多く、朝家を出る時に、Wi-Fiとセットでオンオフの変更、夜家に帰ってくると、Wi-Fiとセットでオンオフの変更、のように利用してます。

4593_03

また、設定時間を指定することもでき、時間がくると、自動的にマナーモードが解除されるようにもできます。

例えば、「夜就寝中はオンにしたいけど、朝方はマナーモードを解除したい!」という場合、就寝時に、起床までの時間を計算し、設定しておくと、起床間近に自動的にマナーモード解除となります。

「会社にいるときだけマナーモードにしたい」という場合も、出社時から帰宅時までの時間を計算して設定するのもいいですね。ボクは出社時から10時間後くらいに帰宅するので、いつも10時間で設定してます。

これは残すべき③:Bluetoothのオンオフ

上記Wi-Fiや通知設定ほどの利用率ではないですが、ボクの「クイック設定」利用率ランキング第三位が、このBluetoothのオンオフ。

ボクは常時、Moto 360とNexus 6Pを接続しているので、Bluetoothをオフにするタイミングは基本、ありません

が、「クイック設定」にBluetoothを残すメリットとして、接続中の機器が表示され、かつ個別に切断が行える点です。

例えば、ボクは自宅にAmazonで購入したBluetooth対応スピーカーを置いており、BGMを流すことが多いのですが、その音源を気分によって変えてるんです。

今日は、Nexus 6Pに入ってる音楽を聞こうか・・・、いや今日はPCに入ってる音楽を聞こうか・・・、などなど。つまり、状況によって、スピーカーを接続させる機器を変更してます。

なので、起きる問題として、「あれ、今ってどの機器とスピーカーを接続してるんだっけ?」という状況。そんなとき、「クイック設定」にBluetooth項目があると便利なんです。

下記の状態が、Nexus 6Pにスピーカーを接続してる状態。「クイック設定」に表示されるので、「あ、今Nexus 6Pに繋がってるんだ」というのが一目瞭然。

4562_12

さらに、「今、Nexus 6Pに繋がってるけど、PCに繋げたいな」というときも、「クイック設定」上でBluetoothをタップし、接続中のスピーカーを「バツ」アイコンをタップして解除できます。

4562_13

Wi-Fi同様、わざわざ「設定」から個別の設定画面に移動する手間が省ける点が魅力ですね。

これは残すべき④:機内モードのオンオフ

ここから先、残りの2つはほぼ日常生活で使う場面はありません。が、たまに使うので、ボクは「クイック設定」のメンバーに加えています。

この機内モードのオンオフは、もちろん、飛行機を利用する際にも利用するのですが、飛行機に乗る機会は年に数回のみ。それなのに『クイック設定』に入れている理由として、通信に不調を感じた際、リセットがカンタンにできるから、という点があります。

4593_04

なんかWi-Fiの速度が遅い時、モバイルデータ通信が遅い時、Bluetoothに不調を感じる時、それぞれを個別にオフにするのも選択肢の1つですが、手っ取り早く「機内モード」をオンにするだけで、すべてを同時にオフにできます。

そして、「機内モード」を設定した直後に、再び「機内モード」を解除するだけで、Wi-Fiもモバイルデータ通信も、Bluetoothも同時にオンにできるため、通信関係の設定の再起動に便利なのです。

これは残すべき⑤:ライトのオンオフ

「クイック設定」に加えている5つの中で、最も利用頻度が少ないのがこの「ライト」機能。

最近では、旅行中、明かりの少ない道を散歩している際に利用したくらいでしょうか。

4593_05

一応、停電時などを想定して『クイック設定』に加えているのですが、中々出番は少ないです。が、いざ明かりが必要なシチュエーションでも、慌てず素早く明かりを確保できる便利な手段なので、残しています。

そのほか:「クイック設定」に関する補足

補足①:最適なタイルの配置について

クイック設定のカスタマイズでは、タイルの追加・削除のほか、並び替えもできます。

ボクは、利用頻度とアイコンのデザイン、また同時に設定するクイック設定項目などなど、総合的に考えて、下記のような配置にしています。

4562_10

補足②:最適なタイルの数について

「クイック設定」は数が多いと、設定画面が縦に長くなり、「クイック設定」起動時にしっかり下まで画面を引っ張らないと、項目を選択できない、という不便な面があるので、個人的に5〜6つくらいがちょうど良いと感じています。

補足③:6個目でオススメできるのは「現在地」

普段は実際に、この5つをNexus 6Pで設定してますが、強いて他にオススメな項目を挙げるなら、「現在地」のオンオフでしょうか。

ボクの場合、現在地を利用したアプリケーションをたくさん使っているため、めったにオフにしないのですが、「電池持ちが気になる!」という方は、GPSが原因の1つでもあるので、移動してない時は、オフにできる、という点でメリットがあるかもしれません。

補足④:「画面の向きをロック」タイルは不要

『画面の向きをロック』については、「Rotation Lock Adaptive」という無料のアプリで代用でき、かつコチラの方が便利なので、設定していません。

詳細は下記記事をどうぞ。

まとめ:自身の使い方に最適な組み合わせを考えよう!

以上、説明でした。

人それぞれにスマホの使い方があると思うので、今回の設定項目が絶対ではもちろんありません。

自分に最適な「クイック設定」をぜひ考えてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする