Google Chromeでダウンロードしたファイルやページを直接Google Driveに保存する拡張機能

スポンサーリンク

Google Chromeを使っている中で、ファイルやページをPC上にダウンロードするときがあります。

が、「ファイル類のダウンロードはクラウド上で管理したい!」という場合、PC上に一度落としたファイルをいちいちクラウドへ移す作業は面倒です。

そこで本記事では、Google Chromeでダウンロードしたファイル類を直接Google Driveに保存する無料拡張機能を紹介します。

スポンサーリンク

ダウンロードファイルを直接Google Driveに保存

手順①:拡張機能を入手

まず、拡張機能「Google ドライブに保存」をインストールします。

手順②:ログインアカウントと保存先フォルダを設定

インストール完了後、表示される「Google ドライブに保存」拡張機能のアイコンを右クリックで「オプション」を開きます。

すると拡張オプションが表示されるので下記2点の設定を確認します。

ログイン中のアカウントについて

「アカウント」では、現在Google Chromeブラウザ上でログイン中のGoogle Driveアカウントが表示されます。Google Driveに保存を選択すると、当該アカウント上へダウンロードされるため、もし誤っていたらアカウントを変更します。

保存先フォルダについて

「フォルダに保存」では、Google Drive上に保存先を設定します。

場所は好きなフォルダでも問題ありませんが、ダウンロードしたファイルだと分かりやすくするために、新たに「Downloads」といったフォルダを作成し、保存先フォルダとして設定することをオススメします。

手順③:Google Driveに直接保存してみる

ここまで初期設定できたら、さっそくGoogle Driveに直接保存してみます。

例えば気にある画像を見つけた際、右クリックメニューより「Google ドライブに保存」を選択。

するとPCのデスクトップ上を経由することなく、ダイレクトにGoogle Driveへ画像が保存されます。

画像のほか、Zipファイル等もダウンロードリンク上で右クリックメニューより「Google ドライブにリンクを保存」を選ぶと、

ダウンロードが開始され、Google Driveへファイルが保存されます。

〆:PC上の容量が不足しがちな方にオススメ!

以上、說明でした。

元々Google Driveについて、デスクトップ用のクライアントアプリをインストールしている方は、Google Chromeのダウンロード先をデスクトップ上のGoogle Drive共有フォルダへ設定することで、自動的にクラウドへアップロードすることはできます。

ただしこの方法だと、PC上のストレージを消費することになるため、容量に余裕がないPCではあまりオススメできません。

一方、本記事で紹介した拡張機能を使えば、デスクトップ上を経由することなく直接Google Driveのクラウドへ保存されるため、PCのストレージを気にすることなくダウンロードができます。

ついついダウンロードファイルで容量が圧迫されがちな方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする