Google Map上で自分の居場所や特定の待ち合わせ場所を相手に伝える2つの方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9179_06

地図アプリといえば、Google Mapが超メジャーで、ボクも日々お世話になってます。

自分の現在地を確認する使い方が多いのはもちろんですが、そのほか、友人や家族に自分の居場所や特定の待ち合わせ場所を伝える際も大変便利な機能があります。

本記事では、Google Map上で特定の場所を相手に伝える便利な方法を紹介します。

スポンサーリンク

Google Map上で特定の場所を相手に伝える方法

方法①:リンクを共有する

1つ目が、特定の場所のリンクを取得し、相手に伝える一般的な方法です。

手順①:特定の場所をGoogle Mapで開く

まず、スマホで「Google Map」アプリを開き、相手に伝えたい特定の場所を表示します。

Google マップ - ナビ、乗換案内

Google マップ – ナビ、乗換案内
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

次にその場所を長押しし、ピンを設定します。

9179_01

手順②:好きな方法で相手へ共有

設置したピンをタップすると場所の詳細情報が開くので、「共有」より相手への伝え方を選びます。

9179_02

例えば「クリップボードにコピー」を選ぶと、リンクがコピーされるので、相手がそのリンクをブラウザ上で検索すると、ピンを設置した特定の場所を知ることができます。

9179_03

方法②:Plus コードで共有する

2つ目が、Plus コードという情報を相手に伝えることで、特定の場所を知らせることができます。ボクも最近まで知りませんでした。

Plus コードとは?

plus code は番地と同じように機能します。住所を利用できない場合に、plus code を使用して自宅や職場などの場所を Google マップで検索したり、共有したりできます。

  • Google – ヘルプより

Plus コードは元々、日本のように長すぎる住所や座標の代替として、カンタンな数文字で正確な位置を示せる仕組みとして生まれたようです。

Plus コードの詳細な説明や開発の経緯等はengadgetの下記記事が詳しく、分かり易いです。

アプリ版「Google Map」では地図上よりPlus コードを取得できるため、これを相手に伝えることで、特定の場所を知らせることができます。

下記よりPlus コードを使った共有方法を説明します。

手順①:特定の場所をGoogle Mapで開く

先ほどと同様の手順で、スマホで「Google Map」アプリを開き、相手に伝えたい特定の場所を表示、ピンを設定します。

手順②:Plus コードを共有

設置したピンをタップすると場所の詳細情報が開くので、下側にある英数字の羅列を確認します。これがPlus コードなので、長押しでコピーします。

9179_04

後は、相手がPlus コードをGoogle Mapで検索すれば、特定の場所を伝えることができます。

9179_05

まとめ:場所を相手に伝えるのはカンタン

以上、説明でした。

記事では2つの方法を紹介しましたが、どちらも操作はカンタンです。

友人や家族と待ち合わせをする際などにぜひご活用下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする