YouTube region restriction checker – YouTubeの規制コンテンツが厳しい非公開の国が分かるサイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3082_20

YouTubeを視聴中、「この動画は、お住いの国では公開されていません。」というメッセージが表示され、動画を見ることができなかった経験はないでしょうか?

実はYouTubeは各国の法律や政治状況に応じて視聴規制をかけており、例えば日本だと、過激な動画(アダルト系など)がその対象となっていることが多いです。

本記事では、そんな各国のYouTubeの規制状態を世界地図上でひと目でチェックすることができる便利サイトを紹介します。

スポンサーリンク

YouTubeが規制されているとは?

例えば、YouTubeを見ていて、こんな画面になったことはないでしょうか?

3082_02

画面上に「この動画は、お住いの国では公開されていません。」と表示され、動画が再生できません。

これは、もしこの動画を日本から見ている場合、日本国内では見ることができない動画を示しています。

このようにYouTubeでは、国によって見れる動画と、見れない動画が存在しています。

ちなみにYouTubeの公式ヘルプページにも下記の通り說明がされています。

一部の YouTube 動画は、次の理由によりお客様の居住国ではご利用できない場合があります。

動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを利用できるように選択している(通常はライセンスや権利が原因)。
各地域の法律に準拠するために、YouTube 側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。

各国のYouTube規制状態が分かるサイト

今回紹介する海外サイト「YouTube region restriction checker」では、規制状態をチェックしたいYouTubeのURLを入力するだけで、国別に規制されているかを判別することができます。

YouTube region restriction checker

サイトの使い方

サイトの使い方は超シンプル。

まずサイトへアクセスし、検索窓にチェックしたいYouTubeのURLを入力。

3082_21

その後「送信」をクリックします。

URLはすべてコピーしてそのまま貼り付けても良いですし、URL最後の情報(watch?v=以降の部分)だけを貼り付けてもOKです。

対象の動画がどの国でも規制されていない場合、下記の通り「Video is unrestricted」と表示されます。

3082_22

一方で国によって規制されている動画である場合、下記の通り世界地図が表示され、赤く塗られた国と、灰色に塗られた国が出てきます。

3082_20

世界地図の下側に表示される「Allowed countries」の国が規制されていない国で、「Disallowed countries」の国が規制されている国を表しています。

3082_23

実際に検索してみる

さて、日本のYouTube上に掲載されている動画のほとんどは規制対象外であるため、どの動画を検索しても「Video is unrestricted」と表示され、規制対象動画に中々出くわさないと思います。

そこで下記より、日本では見れますが、海外では一部見れない国がある、準規制動画を例に、実際に検索をしてみましょう。

まず下記URLをコピーします。

  • Saturday Night Live – www.youtube.com/watch?v=wAsBta25OGQ

続いてサイト「YouTube region restriction checker」へアクセスし、先ほど說明した手順でURLを検索してみます。

すると下記の通り、赤と灰色で塗りつぶされた世界地図が表示されます。

3082_20

「Allowed countries(=動画を見れる国)」には、US – United States of America(=アメリカ)を始め、JP – Japan(=日本)も含まれていることが分かります。

一方、「Disallowed countries(=規制されている国)」には、CA – Canada(=カナダ)やBR – Brazil(=ブラジル)が表示されます。

ちなみに、以外とCN – China(=中国)は、動画を見れる国側に入っていました。意外・・・。

〆:日本は見れる動画多い

以上、說明でした。

ボクの体感では、今回テーマとした「規制動画」にほとんど出くわしたことはなく、見れなくて困った記憶はありませんでした。

普段見ている動画を「YouTube region restriction checker」で検索してみて、国別の規制状態をチェックするのも面白いかもしれません。

ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする