目がまた悪くなってた・・・。コンタクトの度数に限界はあるのか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3641_01

3641_02


どうも、おるくすです。

本日は休日ということで、眼科へ行ってきました。

ボクは視力が非常に悪く、小学校時代からメガネデビューをし、中学からは陸上をやっていたこともあり、コンタクトレンズのお世話になっています。

原因はゲームのやりすぎですが、プラス遺伝的にも視力が元々悪くなりやすいタイプでした(祖父が牛乳瓶の底のようなメガネをかけていたらしい)。元々飛行機のパイロットになるのが夢である時期もありましたが、視力が悪すぎて諦めたほど、目が悪いです。

そんなわけで、眼科とは昔から付き合いが長く、いつも2週間タイプの使い捨てコンタクトを利用しているのですが、最近手持ちのコンタクトが切れてしまったので、久しぶりに眼科へ行ってきました。そこで診断をした結果、今までより2段階ほど高い、PWR(コンタクトの度の強さ)が-6.25となってしまいました。

おいおい、俺の目はどこまで悪くなるんだ・・・、と危機感を覚えたため、コンタクトの度数の限界はどこまでか、調べてみました。

そもそもどうして限度があるのか

一言でいうと、コンタクトの”厚み”に限度があるから、です。現在技術が発達しており、薄いコンタクトがどんどん開発されていますが、それでも限界があるため、強い度を実現するために必要な厚みをコンタクトで作れない場合、メガネという選択肢しかなくなってしまいます。あまりにコンタクトが分厚いと、目に入りませんし。

限度はどこまでか

コンタクトの通販サイトを覗いてみると、近視の場合、-0.25から、-12.00ほどまで、揃っていることが多いです(遠視の場合、+の値がつきます)。つまり、仮に0.25刻みを1段階アップだとすると、ボクはあと23段階までアップできる余地がある、ということになります。今回、2年ほどで2段階度数を上げたので、このペースでいくと、40-50代になったとき、自分の視力にあうコンタクトがなくなってしまう可能性もありますね・・・。

以上、備忘録的な内容になりましたが、コンタクトの度数の限界の話でした。

現在、ボクのまわりの知人でも、同世代は殆どの確率でメガネ着用かコンタクト着用が多く、中にはレーシック手術をした人もいます。

特に旅行中は、コンタクト持ちだと非常に面倒なので、よくメガネをかけていました。将来もし、世界中を旅する夢が実現したら、レーシック手術するのもアリかなぁ、と思っています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする