[まとめ] ジャンル別オススメ漫画 [2016年度版/随時更新]

スポンサーリンク
本記事は非ガジェットネタです。

ボクは漫画が大好きで、週に1冊ペースで新しい漫画を読んでいます。

そこで本記事では、個人的に面白いと感じた漫画を、一言感想を添えてひたすら列挙しております。

適当に分野別のカテゴリ設定をしているので、ぜひご参考下さい。

スポンサーリンク

歴史系 – オススメ漫画

「歴史系」ジャンルでは、地域や時代をとわず、史実に基づいた歴史作品を描いた漫画を紹介します。

いつの時代も大陸の覇権を巡り、様々な歴史ドラマが繰り広げられた中国や、宗教と政治が入り乱れる中世ヨーロッパを舞台にした作品が中心となっています。

キングダム

大人気の中国戦国史漫画。

時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

Amazon – 内容紹介より

いわゆる中国歴史系漫画の中で、個人的に一番面白いと思う作品です。

ヒストリエ

寄生獣」の作者が描く古代ギリシャを舞台にした物語。

舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作。

Amazon – 内容紹介より

歴史系漫画に多い戦闘シーンのほか、当時の人々の慣習や建造物など、緻密な調査の上描かれており、単純に知的好奇心をくすぐられる作品です。

ヴィンランド・サガ

プラネテス」の幸村誠が描く「ヴァイキング」をテーマにした歴史漫画。

時は10世紀、主人公はアイスランド出身の少年トルフィン。仇であるアシェラッドの傭兵団で戦いながら、伝説の島「ヴィンランド」を求める旅を続けます。

Amazon – カスタマーレビューより

ヨーロッパを舞台にした歴史漫画で一番好きな作品。作中に出てくる登場人物や人々の暮らしは、作者の北欧史・北欧文化の歴史考察の上描かれており、歴史を学べる面でもオススメです。

シュトヘル

西夏文字」を題材にした作品で、舞台はモンゴル帝国が覇権を握る13世紀中国。

13世紀初頭。史上最強のモンゴル軍に「悪霊」と恐れられた女戦士がいた。 戦士の名はシュトヘル。彼女と、一族を敵に回したモンゴルの皇子の壮大な物語。

Amazon – 内容紹介より

登場人物の多くは著者の創作で、ファンタジー性溢れる作品でもありますが、モンゴル軍との戦闘描写や西夏文字にまつわる逸話などは、まさに歴史漫画。

人間にとって「文字」とは何か、を考えさせられる作品です。

蒼天航路

魏国「曹操孟徳」を主人公とした三国志を舞台とした作品。

“乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

Amazon – 内容紹介より

三国志を扱った漫画はたくさんありますが、本作が一番面白いと感じます。
基本的に史実に基づいて話は進みますが、特徴的なキャラクター描写の他、迫力ある戦闘描写は、熱くなれます。割と過激なシーンが多いので、男性向けな作品かもしれないですね。

女媧

諸葛亮孔明」を主人公とした三国志×呪術戦の異色歴史ファンタジー。

舞台は後漢末の中国。世が乱れる中、戦禍で故郷を追われた少年・諸葛亮は、山中の秘村で謎の少女・恚(けい)と出遭う。やがて成長した諸葛亮は、恚が太古の呪術兵器としての力を秘めていることを知り、その力を封じようとするが…

Amazon – 内容紹介より

主人公はお馴染み諸葛亮孔明ですが、一度死んだはずの孔明が呪術により蘇って、活躍する、という内容。三国志×呪術戦という、いまだかつてない作品です。

ダンス・マカブル

中世ヨーロッパの「拷問・処刑」をテーマにした作品。

中世ヨーロッパで連綿と続き、とりわけ後期では異常なほど発達を遂げた拷問と残酷な処刑の数々。特権階級を持つ貴族たちの際限のない欲望から生み出されたものや、「魔女裁判」や「異端審問」など宗教家たちのエゴから生まれたものなど、多岐にわたるそれらの拷問具や処刑法が使用された様々なエピソードをオムニバスで綴る暗黒絵巻――。

Amazon – 内容紹介より

中世ヨーロッパの残酷な歴史を体感できる作品。

グロ描写もあるため、閲覧にはご注意を・・・。

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ

中世ヨーロッパの宗教改革「フス戦争」をテーマにした作品。

1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。
15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!

Amazon – 内容紹介より

絵柄は少女漫画っぽいですが、戦争の負の側面も直接的に描写しており、中世ヨーロッパの戦争史についても学べます。

覇-LORD

今までにない新コンセプトの三国志系漫画。

倭国の大乱の治まりを見届けた一人の倭人が、”覇”を夢見て大陸に渡る。時代は大きな内乱が起こる後漢末期。新たなコンセプトの三国志です。

Amazon – カスタマーレビューより

三国志を舞台とした作品ですが、主人公の劉備が実は倭人(日本人)だった、という序盤から急展開すぎる設定が登場します。

絵柄は昔風で、ゴルゴ13の作風が好きな人はきっと気に入るはず。

狼の口 ヴォルフスムント

中世アルプス山脈を舞台に、オーストリア公ハプスブルク家による支配に抵抗する農民の戦いを描いた作品。

14世紀初頭、アルプス地方。イタリアへと通じるザンクト=ゴットハルト峠には、非情な番人が守る関所があった。難攻不落をもって知られるその場所を、人々はこう呼んだ。ヴォルフスムント―――“狼の口”と。

Amazon – 内容紹介より

中世に登場した数々の拷問が描かれている点が特徴で、水攻めや串刺しの刑など、過激な描写がかなり多い作品です。

ホークウッド

イングランドとフランスによる「百年戦争」を舞台に、実在した人物の主人公ジョン・ホークウッド率いる傭兵団の活躍を描いた作品。

14世紀、イングランドとフランスの百年にわたる戦争が始まろうとしていた頃。金で雇われ、戦いを生業とする者達--傭兵が各地の戦場で活躍していた。“白鴉隊”という小さな傭兵隊を率いる若き傭兵隊長ジョン・ホークウッドは、一人の王子との出会いを機に、百年戦争という大きな戦いに巻き込まれてゆく……。

Amazon – 内容紹介より

中世の時代、戦場において人々はどのように生活し、戦い、何を大切にしていたか、など「戦文化」に触れることができるのも本作品の魅力です。

終盤にかけては、やや否定的な意見もある作品ですが、ボリュームも多くないため、サクッと読めるのも魅力です。

アド・アストラ

古代ローマを舞台に、「スキピオとハンニバル」をテーマとした作品。

紀元前3世紀、台頭著しい共和政ローマを恐怖の底に突き落とした男がいた。ハンニバル・バルカ── ローマ史上最大の敵となった怪物と、彼からローマを守った英雄プブリウス・コルネリウス・スキピオ。同時代を生きた二人の戦いが、今幕を開ける!!

Amazon – 内容紹介より

ストーリーは基本的に史実に基いて進みますが、キャラクター設定はかなり脚色されていて、1人1人に愛着が持てます。

特に主人公の1人、ハンニバルの超人的な活躍は、見ていて痛快。戦術家としての凄さ、が伝わる作品です。

ヘウレーカ

古代ローマを舞台に、シラクサとローマ軍の戦いを描いた作品。

紀元前二百余年、天才数学者が超大国・ローマ軍を震撼させた巨大軍事プロジェクトとは!? 古代シチリアを舞台に、一大歴史ロマンが幕あける──!

Amazon – 内容紹介より

作者は「寄生獣」・「ヒストリエ」の岩明 均です。

歴史上偉人アルキメデス発明の兵器も登場。1冊完結なので、サクッと楽しむことができます。

暗黒伝セスタス

古代ローマを舞台に、「拳奴」の主人公の成長を描く格闘漫画作品。

紀元54年、ローマ帝国の最下層「拳奴養成所」。ここに身を置く少年セスタスは、生き残るために戦い続ける運命だった…。

Amazon – 内容紹介より

ボクシングを主とした戦闘シーンが目立つ本作品ですが、皇帝ネロなど史実にある人物も登場するため、古代ローマを舞台とした権力争いや歴史的背景、人々の生活習慣も描かれた漫画です。

退廃/荒廃/近未来系 – オススメ漫画

「退廃/荒廃/近未来系」ジャンルでは、地球が荒れ果てカオスな世界を舞台にした漫画を紹介します。

よくよく自分が今まで見た漫画を見返してみると、混沌とした世界系や、歴史系など、「危険な世界」を舞台にした作品ばかり好んで読んでいますね・・・。

風の谷のナウシカ

宮崎駿の名を広く世の中に浸透させた映画「風の谷のナウシカ」の原作コミック。

「火の七日間」と呼ばれた世界大戦から1000年後、地球は、毒ガスを吐き出し、不気味な蟲たちが徘徊する「腐海」と呼ばれる森に覆われようとしていた。ナウシカは、腐海のほとりにある「風の谷」の族長の娘である。ある日、風の谷に、蟲たちに襲われた1隻の商船が不時着したところから物語は始まる。それは軍事大国トルメキア王国と、それに対抗する土鬼(ドルク)諸侯国との泥沼の戦乱の始まりでもあった。ナウシカはひとり風の谷の命運を背負って、その戦いに飛び込んでいく。

Amazon – 内容紹介より

戦争によって巨大文明が崩壊した未来の世界で、生き残った人類の存亡をかけて戦う少女を主人公にした作品。「退廃/荒廃/近未来系」ジャンルで一番好きな漫画です。

AKIRA

巨匠「大友克洋」の代表作で、近未来を超能力を持つ少年たちを描いたSF漫画。

立体的な構図で見るものを圧倒する画力と、80年代コミックの必要要素である不良少年とバイク、友情、恋愛、サイバーパンク、戦いといった全ての要素をぶち込んだ大傑作。

Amazon – カスタマーレビューより

近未来の荒廃した世界を舞台に、主人公と超能力者達の戦いを描いたSFコミック。リアルな演出や構図などは、のちの漫画家などに大きな影響を与えた傑作です。

元々はNARUTOの作者がどこかで、「自分はAKIRAに影響を受けた」と書いていたのがきっかけで知りました。作品はこの上なく緻密に描かれており、いつの時代も色褪せない、後世に残る名作との評価を受けています。

EDEN

ウイルスの大流行が起こった近未来の世界を舞台に、崩壊しつつある世界の謎に迫るSF漫画。

正体不明の硬質化ウイルスにより、人類は世界人口の15%を失った。20年後、人類は復興を始めるが……。人類はリセットされるべきなのか否か。神に、地球に、人類が試される――。その惨劇の最中に、人類が“選択”した未来とは?

Amazon – 内容紹介より

この作品はあまり世に知られていない作品だと思いますが、直接的な性描写や暴力シーンなど、グロテスクな部分までハッキリを描いた作品に当時驚いた記憶があります。

本格的な科学の説明だったり、現代でも多くの課題があるゲイや宗教問題も描いていたり、いろんな意味で衝撃を受けました。

新世紀エヴァンゲリオン

言わずと知れた、SF名作マンガ。アニメで知っている人も多いのではないでしょうか。

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

Amazon – 内容紹介より

個人的に、エヴァンゲリオンはなぜか”オタク系”というイメージが強く、最近まで全く内容を知らなかったのですが、ふとしたことがきっかけで漫画版を呼んでみると、その緻密な描写と人間の内面の表現に、のめり込んでいき、すぐに読破してしまいました。

All You Need Is Kill

DEATH NOTEなどでお馴染み、小畑健 作画による近未来を舞台にした戦闘もの漫画。

人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく──。

Amazon – 内容紹介より

いわゆる「ループもの」で、何度も死んでは蘇る、時間に捕らえられた主人公が、敵との戦いの中で成長をしていき、最後には衝撃の結末が。

全2巻の読みやすいボリュームと、小畑健による緻密な作画もオススメポイントです。

ノンフィクション系 – オススメ漫画

「ノンフィクション系」ジャンルでは、実際に日本で起きた歴史や事件をテーマにした漫画を紹介します。

残虐な事件を題材にした作品もあるため、閲覧にはご注意を・・・。

夜見の国から~残虐村綺譚~

津山三十人殺し事件」を題材にした作品。

まるで殺戮の舞台装置を作るかのように緻密に、執拗に動機を構築し、そして終盤からの殺戮が始まる。百数十頁にも及ぶ大殺戮シーンは容赦がない。血も涙もない…いや、血と脳漿と怒りが炸裂するラストに、読む者は度肝を抜かれるだろう。

Amazon – 内容紹介より

正直、読んでいて暗くなる作品・・・。「津山事件」の残虐な犯行シーンはもちろん、事件までの加害者の心理描写等も描かれているので、事件について知りたい人にはオススメです。

特攻の島

日本の戦争時代、実在した兵器「回天(人間魚雷)」をテーマにした作品。

(主人公たちに)突如、ある特殊兵器への募集がかかる。募集にあたっての説明は「生還を期さない兵器」というだけだった。漠然とした不安を抱えながらも志願した主人公たち100名は、瀬戸内海に浮かぶ、ある「島」へと送られる。
その「島」で少年たちが目にしたものは…!
60年前、実在した特殊兵器と島を舞台に描く、青春、感動、最新作!

Amazon – 内容紹介より(一部補足)

作者は「海猿」や「ブラックジャックによろしく」でお馴染み佐藤 秀峰。

戦争の特攻兵器「回天(人間魚雷)」は本作品で初めて知りました。戦時中における若者の心理描写も描かれており、戦争について学びたい人にオススメ。

〆:どれもオススメの作品ばかり

以上、ジャンル別オススメ漫画でした。

日々新しい漫画を読んでいるので、本記事は随時更新をしていく予定です。

どれも面白い作品ばかりですので、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする