新生銀行インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)の面倒なログイン処理を 超カンタン 5秒にする方法

スポンサーリンク

ボクはメインバンクとして三井住友銀行、サブバンクとして新生銀行を利用しています。

家計簿を付けていることもあり、銀行での入出金があるとインターネットバンキングへ頻繁にログインするのですが、特に新生銀行の場合は入力する情報が多く、辟易していました。

ただ、ある工夫をすることで、この面倒なログイン処理にかかる時間が約5秒で済むようになります。

そこで本記事では、新生銀行インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)のログイン処理を5秒にする「ブックマークレット」を用いた方法を紹介します。

今回紹介する方法は、記事更新時点(2017年1月)で確認できている手法となります。今後、新生銀行のシステム変更により通用しなくなる可能性もあるのでご注意を。

【更新情報】 –

三井住友銀行のインターネットバンキング(SMBCダイレクト)についても、「ブックマークレット」を用いてログイン処理をカンタンにする方法を記事にしました。

関連記事

三井住友銀行インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の面倒なログイン処理を 超カンタン 3秒にする方法

スポンサーリンク

新生銀行は便利!だがログイン処理が超面倒…

生活資金管理に新生銀行はオススメ!

ボクは新生銀行の下記点に魅力を感じ、普段の生活資金を管理しています。

24時間365日 入出金手数料が無料(主要コンビニATMもOK)

一定回数まで他行含む振込手数料が無料

海外で使える国際キャッシュカードの利用可能

参考 新生銀行ってどんな銀行?

最近では三井住友銀行のSMBCポイントパックなど、大手都市銀行でも所定の条件を満たせばコンビニ含むATM手数料が無料のサービスが普及しています。

関連記事

SMBCポイントパックのメリット・デメリット 利用料や登録方法を解説

ただ数年前までは新生銀行はじめ数行のみのサービスだったため、ずっと新生銀行を愛用してきました。

「普段財布に大金を入れたくないため、ATMの入手出金頻度が高い」という方にとって、生活資金管理の面で新生銀行は非常にオススメできる銀行です。

マイページへのログインが超面倒…

こんな魅力ある新生銀行ですが、一方で入出金をチェックできるインターネットバンキング(新生パワーダイレクト)のマイページへのログインがとても面倒という欠点があり、下記5種類の情報がログインに必要となります。

支店番号

口座番号

暗証番号

パワーダイレクトパスワード

セキュリティ・カードの認証

ご覧の通り他行に比べログインに必要な情報が多く、特にセキュリティ・カードは暗記できる量ではありません。そのため、ログインの度に情報をまとめたシートやセキュリティ・カードとにらめっこしながら処理をしており、5分以上かかっていました。

最近では「マネーフォワード」など自動家計簿アプリを使えば、ネットバンキングにログインせずとも自動収集できる便利なサービスもありますが、ボクのように「カスタマイズしたエクセル表で家計簿を管理したい派」にとっては、新生銀行のマイページに定期的にログインする作業は避けては通れない処理となります。

ログイン処理がラクになればさらに便利な銀行になるのに…

ここまでの說明の通り、新生銀行は非常に魅力あるサービスを提供していますが、一方でネットバンキングのログイン処理が面倒で不満がありました。

そこで下記より、「ブックマークレット」を用いた方法を使うことで、ログインにかかる時間が大幅に削減される裏ワザを說明します。だいたい5秒ほどまで短縮されます。

新生銀行のログイン処理を5秒にする方法

今回の裏ワザに用いる「ブックマークレット」についてまず說明をし、その後具体的な設定方法を解説します。

「ブックマークレット」とは?

今回の手法で登場する「ブックマークレット」について。

ブックマークレット (Bookmarklet) とは、ユーザーがウェブブラウザのブックマークなどから起動し、ウェブブラウザで簡単な処理を行う簡易的なプログラムのことである。

Wikipedia

一言でいえば「任意のウェブページ上で動かす簡易プログラム」のことです。

紹介する方法ではこの「簡易プログラム」を使って、新生銀行のログインを自動化します。

ではさっそく準備していきましょう!

手順①:ブックマークレットその①を作る

まず「ブックマークレット」を作成します。

新生銀行のインターネットバンキングのログイン画面は、1つ目の画面で下記4情報の入力が求められ、

支店番号

口座番号

暗証番号

パワーダイレクトパスワード

2つ目の画面で下記情報の入力が求められます。

セキュリティ・カードの認証

そのためブックマークレットも上記に対応した2種類を作成します。

まずは1種類目を下記より作っていきます。

ブックマークレットその①の情報を準備

まずは下記コードを、””で囲まれた3ヶ所をご自身のログイン情報にカスタマイズした上で準備します。必要なのは「支店番号」・「口座番号」・「暗証番号」・「パワーダイレクトパスワード」の4つです。

上記コードをメモ帳などにペーストした後、””の部分をご自身のログイン情報に変更して保存します。

例。支店番号と口座番号は連続して記入する点に注意。※もちろん数字はデタラメです

ブックマーク登録を実施

続いて適当なサイトをブックマーク登録します。現在ブックマークしていないサイトなら何でもOKです。

3608_06

例えば、スキマスイッチの公式HPを仮にお気に入り登録する。

次に仮登録したお気に入りページを編集します。ブラウザソフトによって異なりますが、Google Chromeの場合は登録したブックマーク上で右クリックで編集が行えます。

3608_07

あとは、先ほど準備したブックマークレット情報をコピー&ペーストで”URL”欄に貼り付けして保存すればOK。

3608_08

ブックマークの名前も分かりやすい名称にしておくと、管理が便利です。

例えばボクは、ブックマークレットその①を「新生銀行_ログイン情報1」という名前にしている。

これでブックマークレットその①の登録は完了です。

手順②:ブックマークレットその②を作る

次に2つ目の「ブックマークレット」を作成します。

ブックマークレットその②の情報を準備

先ほど同様に下記コードを、★マークの部分をご自身のログイン情報にカスタマイズした上で準備します。必要なのは「セキュリティカード」の情報です。

上記コードをメモ帳などにペーストした後、★マークの部分をご自身のログイン情報に変更して保存します。先ほどと比べ登録する情報の数が多く大変ですが、ここで準備さえすれば、今後のログイン処理がラクになるので頑張りましょう・・・。

例。※もちろん文字はデタラメです

ブックマーク登録を実施

続いて先ほどと同様の手順で、適当なサイトをブックマーク登録し、「編集」でURLに上記情報をコピー&ペーストします。

ブックマークは先ほど使ったダミーブックマーク以外なら、どのサイトでも問題ありません。

同じくブックマークの名前は分かりやすい名称にしておくと、管理が便利です。

例えばボクは、ブックマークレットその②を「新生銀行_ログイン情報2」という名前にしている。

以上でブックマークレットその②の登録は完了です。

手順③:新生銀行ログインページをお気に入りに登録

最後に、新生銀行のログインページをお気に入りに登録しておくと、より処理がスムーズになってオススメです。

参考 新生銀行ログインページ

以上ですべての準備が完了しました。

いざログイン!5秒で完了

さっそく試しにログインしてみましょう。

まずは手順③で登録したブックマークを使って、新生銀行のログインページへ移動。

この画面上で、手順①で登録したブックマークレットその①をクリックします。

すると自動的に第一画面のログイン情報が入力され、第二画面のログインページへ移動できます。

続いて第二画面上で、手順②で登録したブックマークレットその②をクリックします。

すると先ほど同様に、自動的に第二画面のログイン情報が入力され、ログインが完了します。

この作業を連続で実施すれば、約5秒でログインできるようになり、大変便利です!

〆:自動化は正義!

以上、新生銀行インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)の面倒なログイン処理を 超カンタン 5秒にする方法 の說明でした。

本記事の手法は、個人ブログ様の記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます!

参考 おはヨーグルト。

ブックマークレットの準備が面倒ではありますが、新生銀行のネットバンキングへ頻繁にログインするなら、準備時間の投資を十分回収できるほど劇的にラクになります。

三井住友銀行と合わせてブックマークレットをご活用下さい。

関連記事

三井住友銀行インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の面倒なログイン処理を 超カンタン 3秒にする方法

ぜひ、お試しあれ。

thumbnail – shinseibank.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする