楽天プラチナ会員になる条件と維持する方法! 特典メリットもまとめてご紹介

スポンサーリンク

先日、楽天の会員ランクが、ゴールド会員からプラチナ会員にアップしました。

楽天の会員ランクは、ポイントの獲得数獲得回数に応じて、「レギュラー」・「シルバー」・「ゴールド」・「プラチナ」・「ダイヤモンド」の5段階に分かれているため、プラチナ会員は、上から2番目の会員ランクとなります。

意図的に狙ってプラチナ会員になったわけではなかったので、これを機に会員ランクの条件や特典メリットについて調べてみました。

そこで本記事では、楽天プラチナ会員になる条件と維持する方法、さらにプラチナ会員ならではの特典メリットについて紹介します。

スポンサーリンク

楽天プラチナ会員の条件と維持する方法&特典まとめ

申込 楽天カード

楽天プラチナ会員になる条件

楽天の各会員ランクは、楽天ポイントの獲得ポイント数と獲得回数によって決まります。

ランク別の条件は下記の通りです。

レギュラー:ポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイントを獲得

シルバー:過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得

ゴールド:過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得

プラチナ:過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得

ダイヤモンド:過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

参考 楽天会員のランクアップ・キープの仕組み

条件さえ満たせば現在の会員ランクに限らず、一気に飛び級で「プラチナ」会員や「ダイヤモンド」会員になることも可能です。

楽天プラチナ会員を維持するポイント

通常楽天のポイント還元率は1%であるため、「プラチナ会員」の条件である「6ヶ月で2,000ポイント獲得」を満たすとなると、半年間で20万円の利用、つまり1ヶ月で約3万円以上の利用が必要となります。

この数値を達成するためのポイントをまとめました。

ポイント①:毎月の固定費支払いは楽天カードに統一

まず、毎月支払いが継続して発生する公共料金や携帯料金などの固定費を楽天カードに統一することで、コンスタントに利用額を蓄積することができます。

このポイント①だけで1ヶ月の目安である3万円の半分近くを稼げるはずです。

ポイント②:大きな買い物は楽天カードで支払う

次に、不定期に発生する高い金額の買い物があれば、積極的に楽天カードで支払うことでポイントノルマに大きく貢献させることができます。サラリーマンであれば、定期券の購入がチャンスです。

ポイント③:楽天市場を積極的に利用する

ボクの場合、獲得ポイント数は満たせるケースが多い一方、獲得回数が不足しがちでした。そこで回数を稼ぐために、楽天市場を積極的に利用をしました。

楽天プラチナ会員の特典メリット

続いて、楽天プラチナ会員になると受けられる各種特典について3種類を紹介します。

その①:毎週土曜日はポイント3倍

要エントリーですが、毎週土曜日ポイントが3倍になります。

その②:楽天ETCカードの年会費540円が無料に

楽天会員プログラムでは、プラチナ会員以上で楽天ETCカードの初年度年会費540円が無料になります。さらに、次年度以降もプラチナ会員以上を維持できた場合、無料期間は継続します。

ボクはこのときETCカードを保有しておらず、ちょうど欲しいと思っていたので、嬉しい特典となりました。

その③:誕生日月にバースデーポイント500の付与

楽天会員プログラムでは、シルバー会員以上で誕生日月にバースデーポイントを取得でき、プラチナ会員なら500ポイントとなります。

バースデーポイントの獲得条件として、楽天会員ニュースのメルマガを購読しておく必要があり、配信停止をすると、特典の対象外となります。

条件を満たしていれば、誕生日月の上旬から中旬頃までに、会員登録したメールアドレス宛に特典付きメールが届きます。

参考 誕生日の方にバースデープレゼント!

〆:何やかんや楽天サービスを使う機会が多い

以上、楽天プラチナ会員になる条件と維持する方法! 特典メリットもまとめてご紹介 の說明でした。

記事で紹介している通り、楽天のプラチナ会員になる条件は決して高くなく、正直ステータスを感じることはほぼない会員ランクとなっています・・・。

ただ、最近は出張などでホテル予約をする機会があると、無意識のうちに楽天トラベルを利用するなど、楽天経済圏に見事引っかかっていると感じています。

プラチナ会員を維持できると色々とメリットがあるため、可能な限り今後も楽天ポイントは獲得していきたいと思います。

申込 楽天カード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい