楽天プラチナ会員はメリットがあるのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4065_01

4065_02


どうも、おるくすです。

先日、楽天の会員ランクが、ゴールド会員からプラチナ会員にアップしました。

楽天の会員ランクは、ポイントの獲得数と獲得回数に応じて、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの5段階に分かれています。今回プラチナになったので、上から2番目のランクということですね。

何となく嬉しいんですが、一体どのような面でメリットがあるのか、整理してみました。

楽天プラチナ会員のメリット

その①:毎週土曜日はポイント3倍

要エントリーですが、毎週土曜日ポイントが3倍になります。

その②:楽天ETCカードの年会費525円が無料に

ETCカード申込時点でプラチナ会員以上の場合、年会費が初年度無料になります。さらに翌年度以降も会員ランクを維持できた場合、無料期間は継続します。

ボクはETCカードを保有しておらず、かつ欲しいと思っていたので、この特典は嬉しいかも。

その③:誕生月はバースデーポイントの付与

自分の誕生月になると、ポイントが500付与されます。

正直、情報が多すぎて上記以外にも様々な特典があると予想されます。

ただ、それらすべて把握した上で、効果的に利用できている方は一体どれくらいいるのやら・・・。

楽天プラチナ会員の条件

楽天でプラチナ会員になるためには、過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得が必要となります。

通常、楽天のポイント還元率は1%であるため、2,000ポイントとなると、半年間で200,000万円の利用、1ヶ月で約30,000円以上の利用が必要となります。この数値については、公共料金の支払いや携帯料金、その他各種支払を楽天カードに統一していれば、難しい金額ではないのではないでしょうか。

15回以上のポイント獲得についても、毎月ちょくちょく楽天市場で買い物をしていれば、カンタンに到達できる基準になっています。

まぁ要するに、楽天のプラチナ会員は誰でもカンタンになれる、プレミアム感ゼロの会員ランク、ということですね。まぁ、そうだと思ってましたが・・・。

最近は偶然、東京出張の予定が多く入り、楽天トラベルで予約を行ったため、上記条件を満たしやすい環境にあったことが、プラチナに上がった要因かな〜、と感じています。

無意識のうちに、旅行系は楽天トラベルになっているあたり、楽天の消費戦略網に見事ひっかかっていると改めて感じました・・・。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする