魅力一杯のAmazon Studentと 大学生ならいますぐ登録しておくべき理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6122_01

ボクはAmazonのヘビーユーザーで、だいたい月に一度の頻度で買い物をしています。

利用頻度も高いため、有料会員になっていますが、社会人であるにも関わらず会員区分はいまだに「Amazon Student」となっています

本記事では、Amazon Studentの魅力と、大学生なら今のうちにAmazon Studentへ登録しておくべき理由を説明します。

スポンサーリンク

Amazon Studentの魅力

魅力①:年会費が通常有料会員の半額 1,900円

圧倒的な魅力が、Amazon Studentの年会費は、通常の有料会員であるプライム会員の半額となる、1,900円である点です。

にも関わらず、下記に挙げる有料会員サービスを遜色なく受けられます。メリットしかないです!

魅力②:当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題

ボクが一番利用している有料会員サービスが、「当日お急ぎ便」と「お届け日時指定便」です。

無料会員だと「当日お急ぎ便」が514円、「お届け日時指定便」が360円かかりますが、有料会員なら何度でも無料で使い放題となります。

まさにAmazonヘビーユーザーにとって、必須サービスとなります。

魅力③:Amazon 有料コンテンツを楽しめる

以前、Amazonプライムビデオの魅力について、記事にしました。

Amazonプライムビデオならドラマや映画などの映像作品が見放題になり、さらにAmazonプライムミュージックというサービスなら100万曲以上の楽曲が聴き放題になります。

これらのサービスは、有料会員であるプライム会員に登録することで利用できますが、Amazon Student会員でも楽しめるサービスとなっています。

ボクは、食事中や友人が自宅に遊びに来た際に、Amazonプライムビデオを利用する機会が多くため、ありがたいサービスです。

魅力④:Amazon で本を購入すると10%オフに

ボクは本を買うときはAmazonで購入します。なぜなら、10%オフの価格で本を購入できるからです。

さらにこのサービスは、通常の有料会員であるPrime会員にはなく、Amazon Student にしかないメリットとなります。

お得すぎて、出版社側と問題にもなっているみたいですが・・・。

魅力⑤:Kindle本が毎月1冊無料に

ボクはあまり利用していませんが、Kindleをお持ちなら、Kindleオーナーライブラリ内にある1万冊以上の本から、毎月1冊無料で読むことができます。

Amazon Student 登録に必要な条件

さて、こんなに魅力あふれるAmazon Student ですが、登録にはいくつか条件があります。

条件①:登録時点で学生である必要あり

最大の関門がコチラ。

学生の定義としては、「高校」・「短大」・「専門学校」・「大学」・「大学院」に所属している学生とされています。

上記のどれかに該当しない場合、まず登録ができません。

条件②:「学生である証」を用意する必要あり

条件①に該当していれば、後はカンタン。下記必要情報や書類を用意して登録するだけです。

・学校名、学年、専攻、卒業予定年月の情報

・学生用Eメールアドレスの登録(学校から配布される”ac.jp”が付くアドレス)

・年会費支払いに必要なクレジットカード

・(未成年の場合)親の同意

※「学生用Eメールアドレス」がない場合、学生証の写しで代用できます。

大学生のうちにAmazon Studentへ登録すべき理由

ここまで、Amazon Studentの魅力と、登録条件について、紹介をしてきました。

さらに、あなたがまだ大学生なら、とりあえずAmazon Studentに登録しておくべきです。

Amazon Student は社会人になっても4年間は継続

あまり知られていないようで、かなり大きな魅力として、学生時代にAmazon Studentへ登録しておけば、その後4年間は、たとえ社会人になったとしても、Amazon Student登録を継続することができます

上記に記載した通り、通常の社会人だと、Amazon有料会員は年会費3,900円かかります。一方で、学生時代から継続してAmazon Studentであれば、同じ社会人であるにも関わらず年会費1,900円で済ますことができちゃうのです。

チャンスは学生時代しかない

本記事で説明した通り、Amazon Studentの登録条件は、登録時点で「学生であること」。誰でも登録できるわけではなく、学生時代しかチャンスがない会員と言えます。

ボクの場合、大学4年生の夏にAmazon Studentへ登録したため、社会人である現在もいまだにAmazon Studentとして、各種プライム会員サービスを利用できています

6ヶ月は無料お試し期間で利用できる

「Amazon は使ったことないし・・・」という場合、とりあえず無料期間だけ登録しておく、ということもできます。

Amazon Student の場合、無料期間が半年間もあるため、まずは登録してみて、必要なければ解約すればOKとなっています。

※お試し体験の利用は1回のみ。

登録キャンペーンが多い

Amazon Student は登録に関わるキャンペーンをたくさん行っています。例えば、「Amazon ポイント 2,000円分プレゼント!」などなど。

期間限定なので、タイミングを見て、チェックしてみて下さい。

学生なら Amazon Studentを試してみよう!

以上、説明でした。

特に社会人目前に迫っている学生の方は、試用期間を利用してAmazon Studentを体験してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする