Macでロリポップからエックスサーバーへ移転する方法と苦労した点 まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6177_36

先日、ブログのサーバーを、ロリポップからエックスサーバーへ移転しました。

スポンサーリンク

ロリポップに嫌気が差していた

移転した理由は単純に、ロリポップが遅すぎて嫌になっていたからです。

まぁ、その分、安さが売りなんですけどね・・・。価格と性能はトレードオフの関係になるのは当然だと思いますが、最近のブログアクセス数や収益性など加味して、より高性能のエックスサーバーへの移転を決めました。

具体的な移転手順

移転にあたっては、下記ブログ様が大変参考になりました。

手順は大きく、現サーバー(ロリポップ)のデータベースとファイルのバックアップと、新サーバー(エックスサーバー)へのデータベースとファイルのアップロードの2段階に分かれています。

ボクの場合、データベースの移行は割とカンタンにできたのですが、ファイルのバックアップとアップロードに2日間ほどかかり非常に苦労しました。

以下、作業した順に簡潔に記録をします。

手順①:現サーバー(ロリポップ)のデータベースをバックアップ

まずロリポップのユーザー専用ページへアクセス。

左メニュー「WEBツール」→「データベース」と進み、phpMyAdminを開きます。

6177_01

phpMyAdminのログインページでは、ユーザー名・パスワード・サーバーの選択が求められるので、ロリポップのデータベース画面で表示される情報をメモしておきましょう。

6177_02

phpMyAdminへログイン後、左メニューに表示される項目のうち、自身のデータベース名をクリック。

6177_03

「wp◯_◯◯」といったファイル名がズラッと並んだ画面が表示されます。

6177_04

このデータを一度PCへエクスポートするのですが、ここで注意点が、ロリポップに複数のWordPressをインストールしているケース

例えば、メインドメインの他、サブドメインも複数作成し、それぞれにWordPressをインストールしていると、「wp0, wp1, ・・・,wp10」のように、複数のWordPressデータが保存されるようになります。

ボクがまさにこのケースで、サブドメインまで含めると、膨大な量のデータベースとなっていました。

サーバー移転に伴い、サブドメインのデータも含め移転したいなら、すべてバックアップする必要がありますが、メインドメインのデータのみで良い、という場合、どれがメインデータに該当するのか、判断が求められます

この点についても、ロリポップ管理画面で確認ができます。左メニュー「簡単インストール」→「WordPress」と開くと、WordPressインストール履歴が表示され、データベースで利用しているテーブル接頭辞(wp0, wp1の数字部分)が何になるかが分かります。

6177_05

以上より、phpMyAdmin管理画面の上部にある「エクスポート」を選択した後、

6177_06

エクスポート方法を「詳細 – 可能なオプションを全て表示」にします。

6177_07

その下のテーブルは、すべてのデータをエクスポートするなら「全選択(=デフォルト)」、一部のデータのみをエクスポートするなら「一部を選択」します。

ボクはメインドメインのデータだけをエックスサーバーへ移行したかったので、「一部を選択」しました。

以後の項目は基本そのままでOKですが、「生成オプション」にある「追加コマンド」で「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドの追加」にチェックを入れます。

6177_08

最後に一番下にある「実行する」アイコンをクリックすれば、データをエクスポートできます。

6177_09

手順②:現サーバー(ロリポップ)のファイルをバックアップ

続いて、ロリポップサーバーに保存されているファイルをダウンロードします。

自身の環境に合わせてFTPソフトを用意します。ボクはMacで無料使用できる「Cyberduck」を使いました。

Macの「Cyberduck」を使ってロリポップサーバーへアクセスする方法は下記ロリポップ公式サイトをどうぞ。

FTPソフトでロリポップサーバーへアクセスできたら、後はひたすら、全ファイルをPCにダウンロードします。

ボクの場合、この作業に丸一日かかりました。「Cyberduck」に問題があるのか、「ロリポップ」に問題があるのか、原因は不明ですが、ダウンロードの所要時間が非常に長く、全ファイルを完了するまで大変でした。

以上でロリポップ側で行う作業は完了です。続いて、エックスサーバー側での作業となります。

手順③:新サーバー(エックスサーバー)と契約する

まだエックスサーバーと契約をしていないなら、契約手続きをしましょう。

エックスサーバー

最初の10日間はお試し期間で無料なので、まずは登録を。

6177_10

手順④:新サーバー(エックスサーバー)でドメイン登録

エックスサーバーへの登録が完了したら、続いて、現在ロリポップで利用しているドメインをエックスサーバーへ登録します。

エックスサーバー管理画面より「サーバーパネル」へ移動し、右側の「ドメイン設定」を選択します。

6177_11

「ドメイン追加設定」より追加する(今回、移行する)ドメインを入力します。

6177_12

ドメインに間違いがなければ、「ドメインの追加(確定)」を押し、完了です。

6177_13

手順⑤:新サーバー(エックスサーバー)にWordPressをインストール

続いてエックスサーバーへWordPressをインストールします。

サーバーパネル内、「ホームページ」にある「自動インストール」を選びます。

6177_14

「WordPress 日本語版」より「インストール設定」をクリック。

6177_15

ここでは登録するブログの基本情報を設定します。個人的に、ロリポップ側で登録していた情報と同じにすると、今まで通りで分かりやすいと思います。

投入完了後、「インストール(確認)」をクリック。

6177_16

表示されるMySQL情報は、この後、データベースへインポートする際に必要になるので、メモをとりましょう。

「インストール(確定)」をクリック。

6177_17

以上で新サーバー(エックスサーバー)へWordPressがインストールされました。

手順⑥:新サーバー(エックスサーバー)にデータベースをインポート

次に、先ほどロリポップのデータベースよりダウンロードしたデータを、エックスサーバーのデータベースへインポートさせます。

サーバーパネル内の「データベース」にある「phpmyadmin(MySQL5.5)」を選択。

ログインに際し、先ほどメモしたMySQL情報が必要になります。

6177_18

ログイン後、左上メニューより自身のサーバーをクリック。

6177_20

すでに「wp◯_◯◯」といったファイル名が表示されますが、今回はロリポップからデータをインポートするため、これらを削除します。

6177_19

続いて、上部メニューにある「インポート」をクリック。インポートするファイルを選択できるため、先ほどロリポップのデータベースよりダウンロードしたファイルをアップロードします。

6177_21

以上でエックスサーバーへデータベースをインポートする作業は完了です。

手順⑦:新サーバー(エックスサーバー)にファイルをアップロード

ロリポップのサーバーよりダウンロードしたファイルを、再びFTPソフトを使って、エックスサーバーへアップロードさせます。

FTPソフトでエックスサーバーへ接続する方法は、下記公式サイトをご参照下さい。

無事アクセスできると、ファイルがいくつか表示されますので、自身のドメイン名のフォルダを選択。

6177_22

さらに次のディレクトリでは「public_html」フォルダを開きます。

6177_23

後は、この中にあるファイルをロリポップよりダウンロードしたファイルを入れ替えれば良いのですが、少しだけファイルの書き換え作業が必要となります。

「public_html」フォルダ直下にある「.htaccess」ファイルと「wp-config.php」ファイルをPCへダウンロードして下さい。

※Macの「Cyberduck」の場合、初期設定では”.”から始まるファイル名は表示されないようになっているので、環境設定より「’.’で始まるファイルを表示」にチェックを入れる必要があります。

6177_24

※Macは初期設定では、”.”から始まるファイル名は表示されないようになっているため、一時的に表示されるよう、設定変更が必要です。

「.htaccess」ファイルの書き換え

まず、「.htaccess」ファイルを書き換えます。

エックスサーバーに元から入っている「.htaccess」ファイルを開き、中のコードをすべてコピーします。

次に、ロリポップからダウンロードした「.htaccess」ファイルを開き、先頭行にペーストします。

さらに、ロリポップからダウンロードした「.htaccess」ファイル内に記載されている、ロリポップ専用のアクセス制限に関わる記述(# BEGIN Lolipop)を部分を削除します。

「wp-config.php」ファイルの書き換え

次に、「wp-config.php」ファイルを書き換えます。

ロリポップからダウンロードした「wp-config.php」ファイルと、エックスサーバーに元から入っている「wp-config.php」ファイルを同時に開き、下記4点の箇所のみ、エックスサーバーの方からコピーし、ロリポップの「wp-config.php」ファイル内該当箇所へペーストします。

6177_25

面倒な書き換え作業は以上です。

後は、エックスサーバーの「public_html」フォルダ直下に、ロリポップからダウングレードしたファイルと、書き換えをした「.htaccess」ファイル・「wp-config.php」ファイルをアップロードすればOKです。

ボクの場合、ここでも時間が非常にかかり、1日まるまる消費しました。無料だから仕方がないけど、「Cyberduck」に原因がある気が・・・。

以上で作業工程は9割完了です!最後に、エックスサーバー側でちゃんと動作するかチェックします。

手順⑧:新サーバー(エックスサーバー)の動作確認

サーバーは「ネームサーバー(DNS)」を新サーバーへ切り替えるまで、旧サーバー(ロリポップ)にてブログが表示され続けます。

新サーバーの動きを確認したいけど、とはいえ、移行作業が成功しているか分からない新サーバーへいきなり切り替えるのは不安・・・。

ここで、PCの「hostsファイル」を編集すれば、自分だけエックスサーバーにてブログを表示されることができます。

エックスサーバーのサーバーパネルへログインし、「サーバー情報」をクリック。

6177_26

IPアドレスが表示されるので、メモします。

6177_27

続いて、PCの「hostsファイル」を開きます。

Macの場合、Finderから「移動」→「フォルダへ移動…」と進み、

6177_28

フォルダの場所を入力します。

6177_29

後は、「hostsファイル」を見つけ出し、中身を開いて、一番下の行に、先ほどメモしたIPアドレスとブログのドメインを記入し、上書き保存。

6177_30

この状態でWordPressへアクセスすると、自分だけエックスサーバー側へアクセスができ、動作確認ができます。

ちなみに、現在接続しているサーバーが、ロリポップかエックスサーバーか、を見分ける手段として、プラグイン画面を開いて、「Hello Dolly」が入っているかどうか、で判断ができます。

エックスサーバーなら「Hello Dolly」が入っており、ロリポップなら入っていません。

6177_31

動作確認をしてみて、問題がなければ、いよいよネームサーバーを切り替えます。

手順⑨:新サーバー(エックスサーバー)へネームサーバー(DNS)切り替え

自身のドメインを管理しているページへアクセスし、ネームサーバー切り替えを実施します。

ボクの場合、ムームードメインで管理をしています。

コントロールパネルへログインし、「ドメイン管理:ドメイン操作」より「ネームサーバ設定変更」を選択。

6177_32

今回エックスサーバーへ移転するドメインを確認し、「ネームサーバ設定変更」をクリック。

6177_33

エックスサーバーで設定する、ネームサーバーを記入します。

6177_34

ネームサーバー情報は、エックスサーバーの登録完了メールに記載されています。

6177_35

ネームサーバーの切り替えは、完全に完了するまで数日かかります。気長に待ちましょう。

ボクの場合、切り替え申請直後からエックスサーバー側で接続できましたが、しばらくすると、ロリポップサーバーでの接続に戻ったりと、不安定な時間がしばらく続きました。

手順⑩:新サーバー(エックスサーバー)で正式契約

エックスサーバーへ無事移行が完了し、動作確認もOK。ネームサーバーも切り替えが完了したら、最後にエックスサーバーへ入金をし、正式に契約をしましょう。

エックスサーバー

お試し期間は10日間なので、せっかく移転作業を終えても、正式契約せず、自動解約になると、再度移転作業が必要になります。

エックスサーバーで問題ないことが確認でき次第、なるべく早く正式に契約することをオススメします。

以上で説明はすべて完了です。お疲れ様でした。

個人的な注意点まとめ

ロリポップからエックスサーバーへのサーバー移転作業を通して、個人的に感じた注意点は下記の通りでした。

その①:FTPソフトはしっかりしたものを使おう

ボクはMacで今回の移転作業を実施したため、無料のFTPソフトといえば、「Cyberduck」以外めぼしいソフトがありませんでした。

が、「Cyberduck」を使って、ロリポップのファイルをダウンロードしたり、続いてエックスサーバーへファイルをアップロードしたりする作業が、全工程の中で、最も時間がかかり、ストレスもかかった部分でした。

ダウンロード最中にエラーが出たり、フォルダ毎まとめてアップロードがうまくいかなかったり、などなど、とてつもなく不安定な挙動だと感じました

Macで「Cyberduck」以外のFTPソフトを利用できれば問題ありませんが、できればWindows環境の方が安定性のある無料のFTPソフトが揃っていたなぁ、と後悔しています。

その②:必要なデータベースだけ移転しよう

ボクは、ロリポップで複数ドメインに対し、WordPressをインストールしていたため、ロリポップ側のデータベースには、複数のWordPressデータが保存されていました。

当初はすべてをそのままエックスサーバーへインポートしようと試みましたが、データ量が膨大で、インポートが途中で止まってしまう事態に

すべてのデータを、移転先のエックスサーバーでも引き続き必要なら、複数回に分けてインポートすべきで、もし一部のデータのみ移転するなら、必要なデータベースだけ選択し、移転するようにすべきだと感じました。

その③:サーバー移転には余裕を持った日程を組もう

今回の移転作業は、5月のGW期間に実施したため、休みの時間を使って余裕を持って作業ができました

また、ロリポップの契約期間も夏までだったで、最悪5月中に移転が完了しなくても問題はありませんでした

例えばボクの場合、FTPソフトが遅すぎて、ダウンロードとアップロードの工程だけで、2日間丸々潰れましたが、長期休暇中だったため、じっくり作業ができる環境にありました。

もしこれが仕事のある平日の合間を使っての作業なら、集中して取り組めなかったかもしれませんし、数日後にロリポップ契約満了日が近づいていたら、焦ってミスを起こしていたかもしれません

個人の作業環境によって、思わぬ部分でつまづく可能性があります。サーバー移転には時間がかかる前提で、余裕のある移転日程を組んでおくことが重要だと感じました。

無事、移転完了!

移転が完了してから、まだ1ヶ月経っていませんが、現時点では特に不具合はありません。

むしろエックスサーバーにしてから、明らかにサイト表示速度が向上したと、ひしひしと感じます!

しばらく使って、改めて移転前後の変化をまとめたいと考えています。

ロリポップからエックスサーバーへ移転を考えている方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする