トルコ パムッカレ | 自然の美しい7枚の写真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
123_01

123_02

ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。現在は遺跡が残る。

(-Wikipedia)

今回は” THE HUFFINGTON POST “に投稿された、トルコ パムッカレの美しい写真と、日本からのアクセス方法を掲載します。

123_03

アクセス

日本〜トルコ

日本からトルコへアクセスする場合、イスタンブールから入るのが一般的です。

たいていは10万円前後しますが、運が良ければ往復7万円未満で行ける場合もあります。

例えば2013年1月19日時点で、2月の東京( 羽田 ) 〜 イスタンブール( アタテュルク国際空港 )往復航空券を探したところ、往復約65,000円で見つかりました。

123_04

ちなみに、海外航空券の検索サイトは「Skyscanner」を僕はオススメしてます。

値段が、燃油サーチャージや空港利用税などを含んだ総額表示されるため、航空券の比較がしやすく、大変便利です。

また、” 外国〜外国 “のように、日本を含まない国間の航空券の手配もできるのが魅力です。

123_05

123_06

イスタンブール〜デニズリ

目的地のパムッカレは、トルコの地方都市であるデニズリからさらに離れた場所にあります。

そのため、まずはイスタンブールからデニズリへの移動手段を考える必要があります。

123_07

イスタンブールからデニズリへは、国内線またはバスでアクセスできます。

飛行機の場合、デニズリのチャルダック空港へは、1日2〜3本トルコ航空が運行しており、値段は往復10,000円前後で、所要時間は1時間ほどです。

トルコ航空の他にも、ペガサスエアという、トルコを拠点とする格安航空会社を利用する方法もあります。

123_08

長距離バスの場合、本数が多いため、飛行機より柔軟な選択ができます。例えば、現地バス会社「パムッカレツーリズム」だと、1日約12本の運行があり、値段は3,000〜4,000円、所要時間は10時間ほどです。

123_09

デニズリ〜パムッカレ

デニズリからパムッカレへのアクセスとして、ミニバスやタクシーの利用があります。

値段は、ミニバスは片道数百円、タクシーは片道2,000円ほどかかります。

注意点として、遅い時間だと十分に交通機関が用意されていません。

特に日の出・日の入り時の絶景を見たい!、という方も多いと思いますので、事前に調査をしてから行くことをおすすめします。

123_10

トルコ パムッカレは世界遺産にも登録された場所で、特に夕日に映える石灰棚は必見の価値あります。

ぜひ訪れてみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする