鹿児島旅行記④:ホテルで砂風呂が体験できる!「指宿フェニックスホテル」に泊まりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3654_11

3654_01


どうも、おるくすです。

先日より記録をしている、2015年8月に鹿児島を旅行した記録の第四弾。

第一回「鹿児島旅行記①:天文館の大人気ラーメン 我流風へ行きました。

第二回「鹿児島旅行記②:座席が足りない?飛行機の”オーバーブッキング”の謎。

第三回「鹿児島旅行記③:地元料理と酒が最高にうまい!指宿居酒屋「海老左衛門」のススメ。

の続きです。

今回は、指宿で宿泊したホテル「指宿フェニックスホテル」のご紹介。

ロケーション

指宿フェニックスホテル

TEL:0993-23-4111

住所:鹿児島県指宿市十二町4320

ご覧の通り、駅からは遠く、周辺にもあまりお店はありません。

ボク達は前回の記事の居酒屋「海老左衛門」から徒歩で移動しましたが、30分ほどかかりました。スーツケースを運びながら30分はめちゃくちゃ辛かったです・・・。駅からフェニックスホテルへ移動される方は、タクシーやレンタカーなど、車での移動をオススメします。

3654_06

ホテルの駐車場の収容数も多く、車での来訪を前提としたホテルのつくりとなっていました。改めて、よく徒歩で訪問したと思います・・・。

砂蒸し温泉を体験!お風呂も満足

指宿フェニックスホテルの名物が、ホテル内で砂風呂に入れること。人生初の砂風呂「砂蒸し温泉」を体験しました。

※砂風呂にカメラの持ち込みができなかったので、以下はホテルHPより拝借したイメージです。

3654_02

体験してみてまず思ったのが、「砂って想像以上に重い!」ということ。昔は処刑の方法として、生き埋めがありましたが、窒息死する前に、砂の圧力で体が潰れるんじゃないか、とこの時感じました笑。

感覚的にはサウナに入っているかんじです。体の芯から温まっていくイメージ。途中から砂が熱くて辛いシーンもありました。平均目安時間は10-15分ほど。ボク達は10分ほどで出ました。

ちなみに、砂風呂の空間は、ホテルの温泉から直接繋がっているので、砂風呂を出た後、すぐに温泉に入ることもできます。体に砂が着いているので、すぐに温泉に入ってすっきりできるのは良かったです。

お風呂は大浴場と露天風呂があり、翌朝は男女の風呂が交換となっていました。

3654_08

露天風呂は石の屋根があるため、温泉に入っている際に、途中雨が降りましたが、濡れることなく露天風呂を堪能できました。

3654_09

ボクが利用したのは、上記砂風呂と通常の温泉でしたが、その他家族風呂や各種エステも用意されており、女性の方や年配の方もゆっくり楽しめる施設となっています。

ご飯もおいしい!館内も広々として綺麗です

夜ご飯は外の居酒屋で済ませたので、ホテルでは食べなかったのですが、翌朝の朝食はホテルのバイキングを利用。和食・洋食と一通り揃っており、朝ごはんとしては文句なしの内容でした。

3654_03

ちなみに、お盆の時期だったからか、朝食の部屋は非常に混んでおり、ご飯をとるのに、多少時間がかかりました。

また、ホテル内はとても綺麗で、かつ広いので、エントランスでゆっくりと休むこともできます。

3654_07

さらにホテルにはプールも備えられており、家族連れが利用していました。

3654_10

以上カンタンにですが、ボクが宿泊した指宿フェニックスホテルの紹介でした。

夜遅く21:00過ぎに到着し、翌朝には出発したので、あまり長く滞在はしなかったホテルでしたが、温泉はもちろん、ご飯も館内の施設にも大満足でした。

唯一の欠点と言えば、ロケーションだと思います。駅から遠く、かつ場所もちょっと分かりづらい場所なので、くどいようですが、ボク達のように歩いての訪問はオススメできないです。

ちなみに、帰りは10時前にチェックアウトし、ちゃんとホテルにタクシーを呼んでもらい、指宿駅へ移動しました。チェックアウト前の時間帯は、カウンターもけっこう混んでいました。

3654_05

ホテルでは、館内のお土産スペースの他、入り口前でもお店が出ています。

3654_04

指宿で砂風呂を体験できる綺麗なホテルとして、オススメです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする