鹿児島県を観光で周遊する際 押さえるべき3点の旅行のコツ [移動手段/気候/スケジュール/食事]

スポンサーリンク

先日(2015年8月)に鹿児島県を旅行しました。

鹿児島市内はもちろん、霧島や指宿、知覧や枕崎まで、県内を広範囲に周遊することができました。

関連記事

薩摩隼人妙見ホテル – 霧島温泉郷にほど近い源泉かけ流し妙見温泉! 至高の癒やし空間をぜひ

そこで最後にまとめとして、鹿児島県を旅行する際に押さえるべきだと感じたコツを記載します。

スポンサーリンク

コツ①:移動手段はレンタカーにするべし

まず1つ目のコツとして、やはり移動手段は車(レンタカー)にすべきです。

公共交通機関が貧弱すぎる・・・

今回、ボクたち一行は、鉄道とバスを乗り継いで、「鹿児島空港」→「枕崎」→「知覧」→「指宿」→「鹿児島市内」→「霧島」→「鹿児島空港」と観光しました。

事前にしっかりと時刻表やバス停の位置を調べていたので、大きなトラブルなく計画通り各地を周ることができましたが、何度か乗り換えミスをしそうになる場面がありました。

特に鉄道を利用できない、「知覧」内の移動や「霧島温泉郷」内の移動は必然的にバスを使うことになりますが、本数が少ない上にバス停の位置も分かりづらいため、初めての利用だと、計画していたバスに乗れないことも十分ありえます。

そのような事態になったとき、急遽タクシーを使ってしまうと、思わぬ高額な出費が強いられてしまいます。

駐車場は十分用意されている&無料の所も多い

その点、レンタカーや自家用車など、自分で車を運転して観光すれば、公共交通機関に左右されることなく、自由に観光できます。

ホテルもバス停や鉄道の駅から離れたところにある場合が多いので、車での来訪を予想して駐車場も広いスペースが用意されており、また知覧や霧島神宮などの観光地も、無料で駐車場を利用することができました。

さらに、車で移動していれば、自分の好きな所で車を停めて観光ができる点もメリットの1つです。ボク達の場合、霧島温泉郷内で、何ヶ所か事前にマークしてなかった美しい景観のポイントがあったのですが、バスでの移動だったため、降りることもできず、見逃すことが多かったです。

交通量も多くなく 運転は難しくない

車の運転が不安・・・、という方もいると思いますが、道路は広いですし、何より人があまりいないため、交通量も都市部ほど混雑していません。

多少運転に慣れていなくても、ラクラク走れる環境だと思います。

コストとお酒がネック

以上の理由より、鹿児島を観光するなら、なるべくレンタカーの手配をオススメします。

一方で想定されるデメリットも記載しておきます。

まず2人での観光など、少人数での利用の場合、レンタカーの方が公共交通機関より高くなる場合が多いです。その他、ガソリン代や高速代、また場所によっては有料の駐車場代などもかかる可能性があります。

お盆の時期やゴールデンウェークなど、混雑が予想される時期では、何日も前から予約をしておかないと、車が空いていない、ということも。

また、鹿児島観光の目的が焼酎に代表されるお酒を飲むこと!という場合、運転手は夜しか飲めない、というのも辛いところ。

コツ②:噴火と台風の情報は常にアンテナを張るべし

次に2つ目のコツとして、桜島の噴火状況と台風の接近情報には常にアンテナを張るべきです。

最悪の場合 飛行機が飛ばない

ボクたちが鹿児島空港から帰りの飛行機に乗ったのが8月の中旬でしたが、ちょうど桜島が活動的になっているタイミングと重なり、危うく飛行機が飛ばない事態になるところでした(実際、離島への便は、何便か運行中止になっていました)。

さらに、夏の時期は台風も高い確率で鹿児島を襲うことになるので、暴風の影響でフライトスケジュールが変更になることも予想されます。

可能な範囲でリスクヘッジを

自然によって左右されるので、コントロールしようがなく「しょうがないこと」なのですが、できる限りのリスクヘッジはするべきです。

例えば、お仕事をされている方は、鹿児島旅行から帰る日の翌日も休日にしておく、など、多少飛行機に遅れがあっても、出社に悪影響が及ばない工夫をできる限りしておくのが理想です。

コツ③:利用予定の飲食店は予約しておくべし

そして3つ目のコツとして、利用予定の飲食店は事前に予約しておくべきです。

地元客によって貸し切り状態になっていることも

ボクたちは指宿での夜ご飯として「海老左衛門」という居酒屋を利用しました。

関連記事

居酒屋TAMA(旧名:海老左衛門) – 鹿児島・指宿で地元料理と焼酎(酒)が最高に旨い居酒屋のススメ

元々はここではないお店を利用する予定でした。が、当日行ってみると地元客によって満席になっており、急遽他のお店を探すはめに。

運良く近くにお店があったから良かったですが、「事前に予約しておけば・・・」と後悔しました。

飲食店の絶対数がそもそも少ない

知覧や指宿、霧島などでは、飲食店が集中的に固まっている地帯はなく、所々にポツポツとあるかんじでした。そのため、当日予定していたお店が満席!となった時、近くに他のお店がない、という事態も考えられます。

この点、レンタカーでの移動の場合、多少離れていても、違うお店へ移動できる点でメリットがあると思いますが、数が少ないため、わずかなお店に人が集中する傾向にあり、最悪の場合、どのお店も空いていない・・・、ということもありえます。

以上の理由より、できる限り、訪問予定の飲食店は予約をしておくべきです。もし予約ができない場合、当日満席だったシナリオも想定し、近くのお店もリサーチしておくのが理想でしょう。

〆:計画的な鹿児島旅行でエンジョイしよう!

以上、鹿児島県を観光で周遊する際 押さえるべき3点の旅行のコツ [移動手段/気候/スケジュール/食事] の說明でした。

ボクが訪問した8月など、ハイシーズンの場合、意外と観光客も多く、事前に予約ができていなかったために、見逃したお店や観光地もいくつかありました。

鹿児島へ観光に行く際は、ぜひぜひ本記事をご参考頂き、計画的な鹿児島旅行を楽しんでもらえれば!と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい