沖縄・南城市『浜辺の茶屋』で海と一体になる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4443_18

2016年1月下旬に沖縄へ旅行しました。

沖縄旅行記第一弾の今回は、沖縄で行ってみたかった喫茶店、『浜辺の茶屋』をご紹介します。

※以下より、お店の外観と一部内装の写真について、Google Mapより拝借しております。

スポンサーリンク

美しい海の目の前にあるカフェ。

那覇空港からレンタカーで移動すること約40分。海岸線沿いの山道を走っていると、突然、そのカフェは姿を現しました。

4443_01

お店には駐車場スペースが約20台ほど。ボクが訪れた際は、9割ほど埋まっていました。アクセスはほぼ車一択となり、かつ道もせまいため、路駐するのも難しいと思います。土日で混雑するお昼ごろだと駐められない可能性もあるかもしれません。

4443_02

お店の門をくぐり、階段をおりると、

4443_03

右手に店内への廊下が、そのまままっすぐ進むと、砂浜へと続きます。

4443_04 4443_05

このカフェは、テラス席より店内の窓側カウンター席が有名で、大手旅行雑誌にも掲載される人気。

この時の時間はお昼13:00ごろでしたので、まさにお店のピーク時間帯。テラス席ならすぐご案内できますが・・・ということでしたが、ぜひカウンター席に行きたい!、ということでしばらく待つことに。

せっかくなので、砂浜へGo!。

4443_06

このとき、初めての沖縄旅行の初日だったこともあり、海の綺麗さに感動しました。

海、綺麗すぎ。綺麗な海はここまで澄んでいるんですね〜。

4443_07

いかに普段見ている海が汚いかよく分かりました。

海岸にはゴツゴツとした岩場もあり、手付かずな自然を堪能できます。

4443_08

他のお客さんも、やっぱり同じく窓側カウンター席を希望しているみたいで、5組くらいのお客さんがこの海辺で時間を潰していました。

4443_09

待つこと約30分。順番がまわってきたので、いよいよ店内へ。

ちなみに、店員さんに名前を告げていれば、順番がきたら大声で呼んでくれるので、浜辺でボーッとしててもOKです。

海と一つになりながら、優雅なひとときを。

案内されたのは、希望通り窓側カウンター席。

店内は下記画像のように、1つの窓に対し、2つの椅子が用意されています。

4443_10

コチラがボクが座ったカウンター席からの眺め。

4443_11

こんな綺麗な海を見ながらカフェでくつろげるなんて・・・。これだけで、来た甲斐があります。

メニューは、パイナップルジュースと名物サンドイッチである「沖縄フルーツと野菜のカンパーニュサンド」をオーダー。

美しい海を目の前にすると、パイナップルジュースも格別な味になります。

4443_12

こちらがサンドイッチ。ボリュームたっぷり。

4443_13

1時間ほど店内にいましたが、窓側カウンターは常に満席で、ひっきりなしにお客さんが入れ替わる人気席でした。

4443_14 4443_15

窓側からは海辺で散歩しながら、席を待つ人の姿も。

ちなみに、写真下部に写っている藁のような屋根も席スペースで、砂浜の上でまったりすることもできます。

4443_17

綺麗な海を眺めながら、ゆっくりと時間が流れていきます。何時間でも滞在できるほど居心地がいいカフェでした。

お会計を済ませた後、ふと店内の壁を見ると、すごいところに猫が。ぬいぐるみかと思った。

4443_19

いいカフェでした。来て良かった。たぶん近所にあったら週一で来店するかも。

沖縄には他にも自然と調和した独創的なカフェがたくさんあるので、ぜひ制覇したいです。

そして、ぜひ、浜辺の茶屋にはまた来たい。

スポット情報

スポット名浜辺の茶屋
住所沖縄県南城市玉城字玉城2-1
アクセス那覇空港から車で40分
営業時間10:00-20:00(LO19:30)※月曜日は14:00OPEN
定休日年中無休
電話番号098-948-2073
HPhttp://hamabenochaya.com/
駐車場あり 20台

Google Map

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする