iOS(iPhone / iPad)標準の「マップ」アプリで自分の現在地を相手に伝えるカンタンな方法

スポンサーリンク

待ち合わせをするとき、自分のいる場所をうまく相手に伝えられないときってありますよね。

特に不慣れな場所だと、周囲の建物の情報だけではなかなか相手に分かってもらえないものです。

実はiOS(iPhone / iPad)の標準アプリ「マップ」を使えば、簡単に自分の現在地を相手に送ることができます。

本記事ではその方法について紹介します。

photo by Kate Ter Haar

スポンサーリンク

「マップ」アプリで相手に現在地を伝える方法

手順①:現在地を表示する

まず「マップ」アプリを開き、自分の現在地を表示します。

現在地は「矢印」アイコンをタップすると、自動でマップ上に現在地が表示されます。

例えば東京駅近くで待ち合わせをする状況とする。

手順②:現在地にピンを設置する

続いて表示されている現在地にピンを設置します。

ピンを設置したい場所を長押しすると設置できる。

マップ上に設置されたピンをタップすると、設置場所の詳細情報が表示されます。

手順③:現在地情報を共有する

最後に共有メニューを開き、相手への共有方法を選択し送信すればOK。

受信側は届いたURLをタップすれば自動的に地図アプリが起動し、送信側の現在地を表示してくれます。

ちなみに送信相手は、iPhoneユーザーに限らず、AndroidやMacなどでもOKです。

例えばMacで開いた場合、自動的に「マップ」アプリで現在地が表示される。

注意:Google Mapだと位置にズレが生じる

受信側がAndroidの場合、Apple純正の「マップ」アプリの代わりにGoogle Mapが自動起動し、送信側の現在地が地図上で表示されます。

ただ下記の通り、位置にズレが生じることがありました。

左がiOSマップ、右がAndroidのGoogleマップ。ちょっとズレすぎ。

ここまでズレが大きくなるケースは稀かもしれませんが、現在地を伝える相手がAndroidユーザーだと事前に分かっている場合は、住所を伝えて検索してもらう方が確実かもしれません。

〆:スマートに現在地を伝えよう!

以上、iOS(iPhone / iPad)標準の「マップ」アプリで自分の現在地を相手に伝えるカンタンな方法 の說明でした。

友人との待ち合わせで現在地を伝える際、周囲に分かりやすい目印がない場所で活躍する方法です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい