[iOS] 株価アプリで為替換算をする方法! オフラインでも外国通貨の価値を確認できる [iPhone]

スポンサーリンク

海外旅行や出張中など、外国で現地通貨を為替換算したい時、どうしてますか?

最近はスマートフォン向け為替換算専用アプリもありますし、ブラウザ検索しても答えは出てきますが、なるべく海外でデータ通信を避けたい、サードパーティ製アプリは入れたくない、というニーズもあるでしょう。

そこで本記事では、iOS標準の「株価」アプリを使って為替換算する方法を紹介します。

ほとんどデータ通信を必要としないため、オフラインになりがちな海外からでもカンタンに利用できるオススメの機能ですよ。

関連記事

iPhone標準の株価アプリで5年/10年の長期間チャートを見る方法

photo by Images Money

スポンサーリンク

iOSの株価アプリで為替換算をする方法

記事中ではiPhoneを例に說明していますが、iPadでも同様です。

手順①:株価一覧を編集する

まず「株価」アプリを開くと、現在登録している株価一覧が表示されます。

この画面の右下三本線のアイコンをタップして、左上の+ボタンより新しく為替換算したい外国通貨を追加します。

手順②:為替換算したい外国通貨を追加する

検索バーに追加したい外国通貨を入力します。

検索の仕方は、「外国通貨コード」+「JPY(日本円)」と入力すると、検索結果が表示されます。

追加後、右上の「完了」をタップすると、株価一覧に選択した外国為替レートが表示されるようになります。

以上の通り、今回の方法では「外国通貨コード」を最初に登録しておかないと、目的の外国通貨の価値を確認することができません。

「外国通貨コード」とは何なのでしょうか?下記よりその基本と主要通貨のコードを紹介します。

手順③:外国通貨コードを調べる

「外国通貨コード」は通貨の世界標準ルール

「外国通貨コード」とは、ISO4217の世界的な基準により定められた世界共通の指標のこと。

日本円なら「JPY」、米ドルなら「USD」のように、アルファベット3文字で表示されます。

各国の通貨コードはインターネット上でカンタンに調べられます。例えば、Wikipediaにも記載があります。

代表通貨の検索例

参考情報として、代表的な外国通貨と、検索入力例の一覧も作りました。

国名・地域通貨検索例
アメリカ米ドルUSDJPY
ユーロ圏ユーロEURJPY
中国人民元CNYJPY
イギリスポンドGBPJPY
スイスフランCHFJPY
カナダカナダドルCADJPY
オーストラリアオーストラリアドルAUDJPY

実際に株価アプリで外国通貨を検索する際、参考にどうぞ。

補足①:通知センターに配置すればさらに便利

今回の方法で通貨設定をした状態で、通知センターに株価アプリを配置すれば、よりカンタンに為替レートのチェックができます。

補足②:Spotlight検索機能でも為替換算できる!

また同様の機能はiOS標準の「Spotlight検索」機能からでも実現することができます。

株価アプリの場合と同じく、指定の検索キーワードを入力することで外国通貨の価値を確認でき、オフラインでも通信を行った最後時点の為替情報を表示できます。

関連記事

[iOS] Spotlight検索で為替換算する方法! オフラインでも外国通貨の価値を確認できる [iPhone]

2つとも機能は似ていますが、それぞれメリット / デメリットがあります。

【Spotlight検索】

メリット:「数字」+「外貨単位」で検索できるので「外国通貨コード」を覚える必要ナシ

デメリット:調べたい都度 検索の入力処理が必要なので面倒

【株価アプリ】

メリット:一度対象の外貨を登録してしまえば以後検索の必要ナシ

デメリット:最初の登録の際に「外国通貨コード」が必要なので調べるのが面倒

従って、調べる頻度の高い通貨は株価アプリに登録しておいて、たまに確認したい程度であればSpotlight検索を使うと便利でしょう。

〆:お気に入りの通貨を登録しておこう

以上、[iOS] 株価アプリで為替換算をする方法! オフラインでも外国通貨の価値を確認できる [iPhone] の説明でした。

日頃から頻繁にチェックする通貨だったり、旅行前に渡航先の通貨を予めこの株価アプリに登録しておくだけで、カンタンに為替レートを確認することができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい