iPhoneの文字を大きく表示する方法! iOSで画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を

スポンサーリンク

iPhoneを使っているとアプリによっては文字が小さく、つい目を凝らしたり、わざわざ老眼鏡を探した経験はないでしょうか?

実はiOS(iPhone / iPad)では標準機能として、画面全体の文字を大きく表示したり、画面上の任意の領域をズームして拡大ができます。

そこで本記事では、その方法をまとめて紹介します。

Androidで同様のことを実現したい場合、下記をご参考あれ。

関連記事

Androidの文字を大きく表示する方法! 画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を

photo by GollyGforce – Living My Worst Nightmare

スポンサーリンク

iPhoneの文字を大きく表示する方法!

本記事では、iOS 10.3.3における設定手順を例に說明をしています。

その①:文字のサイズを変える(画面全体)

iOSでは標準機能として画面全体の文字サイズ変更ができます。

大きく「画面表示と明るさ」か「アクセシビリティ」か、いずれかの設定画面より実施できます。

どちらの方法もiOS 7から導入された「Dynamic Type」という機能をサポートするアプリ上でのみ文字サイズ変更は反映されるため、全てのアプリで使えるわけではありません。例えばiOS標準では「メール」や「メモ」アプリが対応しています。

「文字サイズを変更」を使う

「設定」→「画面表示と明るさ」より「文字サイズを変更」へ進み、

スライダを左右に動かせば文字サイズを変更できます。

標準と最大とで文字サイズがかなり変わるので、よく使うアプリ上での変化を確認しながらスライダを調整しましょう。

「メモ」アプリの例。

「さらに大きな文字」を使う

上記方法でも物足りない場合、さらに大きく表示する方法が用意されています。

「設定」→「一般」より「アクセシビリティ」へ進み、

「さらに大きな文字」からトグルをオンにして、スライダを左右に動かせばより文字サイズを拡大できます。

同じく最大になると文字サイズがかなり変わるので、よく使うアプリ上での変化を確認しながらスライダを調整しましょう。

「メモ」アプリの例。

その②:文字を太くする(画面全体)

iOSでは標準機能として画面全体の文字をより太く変更ができます。

「設定」→「画面表示と明るさ」より「文字を太くする」トグルをタップし、

iOSを再起動することで、設定が反映されます。

各アプリ上の文字自体が太くなるのに加え、各種アイコンにまで反映が行き届いています。

「メモ」アプリの例。

その③:文字のサイズを変える(一部分のみ)

ここまで挙げた方法は全て画面全体の表示に影響を与えますが、見えづらい部分のみ拡大したいなら「ズーム機能」が便利です。

「設定」→「一般」より「アクセシビリティ」へ進み、

「ズーム機能」からトグルをオンにすると、部分的に表示を拡大できるルーペが出現します。

ルーペで囲われた領域のみ拡大表示され、3本指タップでルーペの表示 / 非表示の切り替えが可能です。

(左)ルーペ非表示 / (右)ルーペ表示

ルーペは上下にドラッグで位置調整もできるため、画面上の見えづらい部分に対し活用すると良いでしょう。

スクリーンショットで保存される画像では、拡大が反映されないため分かりづらいですが、実際はしっかり拡大されています。

〆:文字拡大機能を上手に使おう!

以上、iPhoneの文字を大きく表示する方法! iOSで画面上の文字サイズを見やすく変更して老眼対策を の說明でした。

わざわざサードパーティ製アプリをインストールせずとも、今回紹介したiOSの標準機能だけで文字を拡大できるため、「最近画面が見えづらいな・・・」とお悩みの方はぜひ設定を検討してみて下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい