[iOS] 表示画面そのままでiPhoneのタッチを無効にする方法! ロックせずに誤操作防止できる

スポンサーリンク

iPhoneを使っていて「表示している画面そのままでタッチを無効にしたい!」というシチュエーションはないでしょうか?

例えば、スマートフォンに動画を表示させて子供に触らせる時、ポケットに少しの間だけスマートフォンをしまっている時、などが想定されますが、iOS標準の「画面ロック(スリープ状態)」ではタッチが無効にされると同時に画面表示もオフになってしまいます。

そこで本記事では、iPhoneにおいて表示画面そのままでタッチを無効にする方法を紹介します。

画面ロックせずに誤操作防止もできる上、ホームボタンやスリープボタンなど物理ボタンの認識もオフにできるので、子供にiPhoneを貸す際にも便利ですよ。ぜひご覧あれ。

Androidで同様のことを実現したい場合、「画面そのままロック」というアプリがオススメです。詳細は別記事で紹介しています。

関連記事

[Android] 表示画面そのままでタッチを無効にする方法! 画面ロックせずに誤操作防止できる

photo by Pixabay

スポンサーリンク

iPhoneの表示画面そのままでタッチを無効に!

今回紹介する方法では、iOS標準機能である「アクセスガイド」を使って、画面ロックせずに誤操作防止を実現します。

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を用いて說明をしています。

手順①:「アクセスガイド」の初期設定を行う

まず「アクセスガイド」機能を有効にします。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進み、

「アクセスガイド」項目よりトグルを有効にします。

続いて「パスコード設定」より、「アクセスガイド」を起動した後、終了する際に必要となる暗証番号を決めます(ロック解除のパスコードや機能制限のパスコードとは別の扱いとなります)。

また「Touch ID」トグルを有効にしておけば、指紋認証で「アクセスガイド」の終了がスムーズにできて便利です。

手順②:指定アプリ上で「アクセスガイド」を有効にする

さっそく画面タッチを無効にしたいアプリ上で「アクセスガイド」機能を使ってみましょう。

「アクセスガイド」は任意のアプリ上で機能し、ホーム画面上やロック画面上では起動できません。

「アクセスガイド」はホームボタンをトリプルクリック(3回連続で押下)で起動でき、画面には「アクセスガイドが開始されました」と表示されます。

この状態で画面をタップしても何も反応せず、ホームボタンを押してもホーム画面に戻れません。

もし「アクセシビリティ」の「ショートカット」で、ホームボタンのトリプルクリックに別の機能を割り当てている場合、どちらの機能を実行するか選択画面が出るので「アクセスガイド」を選んで下さい。

「アクセスガイド」を終了するには、もう一度ホームボタンをトリプルクリックし、メニュー左上「終了」をタップすれば画面上に「アクセスガイドが終了しました」と表示され元に戻ります。

手順③:制限する機能を調整する

「アクセスガイド」を有効にすると、画面全体のタッチが無効となり、全ての物理ボタンも機能しなくなりますが、一部項目についてはメニュー左下「オプション」より調整が可能です。

それぞれトグルをタップして有効にすると、下記のような変化があります。

スリープ/スリープ解除ボタン – スリープボタンで画面消灯 / 点灯が可能になる

ボリュームボタン – 音量ボタンでボリューム調整が可能になる

動作 – 画面向きの自動回転が有効になる

キーボード – 検索窓からキーボード入力が可能になる

タッチ – 画面全体ではなく指定した一部領域のみタッチが無効になる

時間制限 – 指定時間が経過すると全ての動作にロックがかかる

このうち、「タッチ」と「時間制限」について下記より解説をします。

タッチ – 一部領域のみタッチを無効に

「タッチ」を有効にすれば、画面上の領域を円で囲むことで一部箇所のみタッチを無効にできます。

円を描写した後も、ドラッグで範囲の微調整が可能です。

円で囲まれた範囲「内」のタッチが無効となり、「アクセスガイド」が起動している間は画面上に領域が表示され続けます。

時間制限- 指定時間経過後に全ての動作をロック

「時間制限」を有効にすると、アプリを操作できる時間を最短1分から最長23時間59分まで設定できます。

制限時間内であれば、許容した範囲内でアプリを操作できますが、設定時間が迫るにつれ「残り時間」が表示されるようになり、

時間がくると「制限時間が終了しました」と表示され、ホームボタンをトリプルクリックでパスコードを入力して終了しない限り、全ての機能にロックがかかります。

この状態だと、例えばオプションで「スリープ/スリープ解除ボタン」を「アクセスガイド」中も有効にしていても強制的に無効となります。

なお、「アクセスガイド」のパスコードを忘れてしまうとiPhoneを初期化することになりますので、くれぐれも管理は注意して下さい。

関連記事

[iOS] パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadをiTunesの強制復元で初期化する方法

参考 Apple – アクセスガイドを使う

〆:誤動作防止や使用制限ができて安心!

以上、[iOS] 表示画面そのままでiPhoneのタッチを無効にする方法! ロックせずに誤操作防止できる の說明でした。

スマートフォンを子供に貸す際やポケットに入れている際に起きる「誤動作」に悩んでいる方は、ぜひ「アクセスガイド」を使用してみて下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい