[iOS] LINEの全トークルームの履歴をiCloudに一括バックアップする方法! 新iPhoneに引き継ごう

iOS使い方

iPhone版LINEでは、オンラインストレージサービスの「iCloud」上に全てのトーク履歴を一括でバックアップできます。

そこで本記事では、その手順について紹介をします。

photo by Pixabay

 

LINE全トーク履歴を一括バックアップする方法

 

前提:バージョンアップとiCloud接続を確認する

バージョンアップを確認する

iPhoneにインストールしている「LINE」アプリとiOSバージョンが最新か確認し、必要であればアップデートしましょう。

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free+
新旧iPhoneでバージョンのズレがあると、うまく復元できない場合があるので注意して下さい。

関連記事

[iOS] インストール中のアプリバージョンを確認する方法! iPhoneで使っているソフトver.をチェックしよう

iCloud接続を確認する

LINEのトーク履歴はiCloudへバックアップされるため、あらかじめiPhoneでiCloudを設定している必要があります。

「設定」→「アカウント」よりiCloudの設定状態とログインに使っているApple IDを確認しておきましょう。

新しいiPhoneにLINEトーク履歴を復元する際は、ここで確認したiCloudへログインが必要となります。

もし設定しているApple IDとパスワードの組み合わせが分からなければ、あらかじめ再設定しておきましょう。

関連記事

Apple IDを忘れた際の解決方法! 分からないiCloudのアカウント(メールアドレス)やパスワードを再設定しよう

 

手順①:旧iPhoneでLINEトークをバックアップする

まず、旧iPhoneでLINEトークをバックアップする手順です。

メールアドレスの設定を確認する

バックアップするLINEアカウントでメールアドレスが設定されているか確認します。

「友だち」タブ左上の「設定」メニューより「アカウント」へ進み、

メールアドレスの登録状況をチェックします。

もしパスワードを忘れてしまったら、再設定しておきましょう。

iCloudにトークをバックアップする

LINEトークのバックアップを実施します。

「設定」→「トーク」より「トークのバックアップ」へ進み、

「今すぐバックアップ」を実行します。

もしバックアップ作業でエラーが発生する場合、Wi-Fiへ接続されているか確認しましょう。

それでも解決しない場合、一度iPhoneのネットワーク設定をリセットした後、再度試してみて下さい。

関連記事

iOSのネットワーク設定を一括リセットする方法! iPhoneのWi-FiやBluetoothの情報を初期化しよう

アカウント引き継ぎ設定を有効にする

この後に新iPhoneでトーク履歴の復元をするなら、「アカウント引き継ぎ設定」をオンにしましょう。

「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」よりトグルをタップして有効にします。

 

手順②:新iPhoneでLINEトークを復元する

いよいよ、新iPhoneでバックアップしたLINEトークを復元します。

新しいiPhoneに「LINE」アプリをインストールし、

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free+

旧iPhoneで使っていた同アカウントのiCloudへもログインしておきます。

次にLINEを起動し、「ログイン」より引き継ぎたいLINEアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

ここから先へ進むと旧iPhoneのLINEデータは強制的に初期化されます。改めてバックアップがしっかり行われたかチェックしておきましょう。

続いて電話番号による利用登録画面となるので、SMSで届く認証番号を入力します。

するとiCloudにバックアップしたトーク履歴の復元画面となります。「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしましょう。

新しいLINEを設定する際、トーク履歴を復元できるのはこの時点のみとなり、後からの復元作業はできない仕様となっています。

最後に年齢確認や連絡先へのアクセス権付与など、通常の初期設定を実施すればLINEトップ画面が表示され、

トークルーム一覧より履歴が全て引き継がれていることを確認できます。

トークルーム内の”文章”はもちろん、”写真”も復元できます。

”写真”や”動画”はサムネイルは残る一方で、一定期間が経過すると元ファイルを読み込むことができない仕様は、通常のLINEトークルームと同様なのでご留意下さい。

 

LINEトークをiCloudでバックアップする際の注意点

LINEトークをiCloudでバックアップする際の備考について記載します。

無料版iCloudのバックアップ容量は5GBまで

iCloudはクラウド上に保存できるデータ量に上限があり、無料版の場合5GBまでとなります。

普段からLINEトーク履歴以外のデータも全てiCloudでバックアップしている場合、データ容量によってはバックアップしきれない可能性もあります。

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

もし無料版だと足りない場合、有料版iCloudへの登録も検討しましょう。

容量価格(月額)
50GB130円
200GB400円
2TB1,300円

参考 Apple – iCloud のストレージプランと料金

iCloudのバックアップデータはAndroidで復元できない

iCloudにバックアップしたデータは、Android版LINEで復元することはできません。

同様に、Android版LINEにてGoogleドライブにバックアップしたデータは、iPhoneで復元は不可能となっています。

関連記事

[Android] LINEの全トークルームの履歴をGoogleドライブに一括バックアップする方法

そこで代替手段として、トーク履歴を別途「テキストファイル」として個別にバックアップする方法があります。

関連記事

AndroidからiPhoneへLINEアカウントを引き継ぐ方法! トーク履歴データをバックアップしよう

それぞれ詳細は関連記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

補足:その他LINE関連の便利な豆知識まとめ

本ブログでは他にもLINEをもっと上手に使う情報を沢山掲載しています。

例えば、LINEには下記原則がありますが、

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

LINEアプリのバックアップ機能を応用すれば、トーク履歴を維持したまま同スマートフォン上で複数アカウントを切り替えることができます。

関連記事

同じ端末で複数LINEアカウントを使う方法! 1台のiPhone/Androidで2つのIDにログインしよう

同様の裏ワザ的な豆知識を多数紹介しているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

LINE関連の便利な豆知識まとめ! 裏ワザ的な方法でiPhone/Androidのラインを使いこなそう

 

〆:クラウド経由でバックアップできて便利!

以上、[iOS] LINEの全トークルームの履歴をiCloudに一括バックアップする方法! 新iPhoneに引き継ごう の說明でした。

今回のiCloudに一括バックアップする機能で、全てのトークルームをまとめて保存できて大変便利です。

iPhone版LINEをお使いの方は、ぜひお試しあれ。

iOS使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント