iPhoneの電源が入らない原因と解決方法! iOSがフリーズしたら強制再起動や初期化で直そう

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)でサイドボタンを押しても電源が入らなかったりフリーズした場合、強制的に再起動したり初期化することで解決できるかもしれません。

そこで本記事では、iPhoneの電源が入らない場合に、試したい解決方法を紹介します。

最終手段であるApple Storeへ行かずとも回復できるかもしれないので、ぜひご覧あれ。

photo by helloolly

スポンサーリンク

iPhoneで電源が入らない/フリーズの原因と解決方法

iPhone で「電源が突然入らなくなった」・「突然フリーズして固まった」などの症状の原因ははっきりとしておらず、iOSの不調か、インストールしたアプリの不調か、様々な原因が想定されます。

iPhoneはほぼ全ての世代共通で、サイドボタンより電源を落とすことができますが、

iPhoneは世代によってサイドボタンの名称が変わり、他にも電源ボタンやスリーブボタン、上部のボタンとも呼ばれますが、記事中では”サイドボタン”で統一して記載します。

Apple公式サイトでは、iPhone 6 以降で”サイドボタン”、iPhone SE 以前で”上部のボタン”と表記される。

関連記事

[iOS] 電源を落とす方法まとめ! iPhoneのシステム終了と起動を様々な手順でオンオフしよう

全く反応がない場合、下記に記載する解決方法を順番に試してみて下さい。

①:充電して起動させる

基本的な解決策ですが、まずは電池不足を疑いましょう。

iPhoneの充電を開始して画面に変化がないか確認して下さい。

電池がなくなれば当然iPhoneのシステムも強制的に自動終了となり、電源オフとなります。

そして電源オフ状態で充電を開始すると、自動的にシステム起動となるため、これを活用して電源ボタンを用いずに電源オンとすることもできます。

もしケーブルを挿しても充電が開始されない場合、Lightning(ライトニング)ケーブルに問題がないか確認して下さい。

Apple正規のLightningケーブルではなく、100円ショップなどで購入した安価なモノの場合、充電ケーブルが原因になっている可能性もあります

極力、正規のケーブルで試してみることをオススメします。

②:強制再起動をかける

充電を開始しても反応がない場合、iPhoneを強制再起動してみましょう。

iOSでは世代によって方法が異なり、例えばiPhone XやiPhone 8シリーズでは、下記手順で強制的に再起動がかかります。

①:音量を上げるボタンを押して、すぐに放す。

②:音量を下げるボタンを押して、すぐに放す。

③:Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続ける。

それ以外のiPhoneシリーズでの強制的再起動の手順含め、詳細は別記事で解説しています。

関連記事

[iOS] 強制的に再起動する方法まとめ! iPhoneを強制終了で電源を落としてリセットしよう

再起動に成功すると、Appleのロゴマークが画面に表示されるので、反応がないか確認してみて下さい。

③:強制初期化をする

ここまでの方法でも改善が見込めない場合、強制初期化をかけます。

iTunesをインストールしたPCさえあれば、下記いずれかの方法でiPhoneを強制的に初期化して、問題を全てリセットできる可能性があります。

「リカバリーモード」で強制初期化する

DFUモードで強制初期化する

具体的な手順は別記事にてまとめています。

関連記事

iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れた/電源が入らないiPhoneを復元しよう

もし強制初期化もうまくいかない場合、最終手段としてApple Storeへ行き、診断をしてもらいましょう。

参考 Apple – お近くのApple Storeを探す

〆:日頃からデータをバックアップしておこう

以上、iPhoneの電源が入らない原因と解決方法! iOSがフリーズしたら強制再起動や初期化で直そう の說明でした。

iPhoneの電源が入らない場合、解決手段として最終的にデータを初期化することになる可能性もあるため、日頃からデータバックアップをしておくことが大切です。

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

電源が入らなくて困っている方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい