[iOS] iPhone/iPadの電源が入らない原因と解決方法! 強制再起動や初期化を試して直してみよう

スポンサーリンク

先日、使っていたiPhoneの電源が突然入らなくなってしまいました。

症状としては、電源ボタンを長押ししても、ホームボタンを押しても、iPhone画面にまったく反応がないという状態。

そこで本記事では、iOS(iPhone / iPad)の電源が入らない場合に、試したい解決方法を紹介します。

最終手段であるApple Storeへ行かずとも回復できるかもしれないので、ぜひご覧あれ。

記事中ではiPhoneを例に說明をしていますが、iPadでも同様です。

photo by helloolly

スポンサーリンク

iPhoneの電源が入らない原因と解決方法

突然 電源が入らなくなる原因は…

iPhoneの電源が突然入らなくなる症状の原因ははっきりとしておらず、iOSの不調か、インストールしたアプリの不調か、様々な原因が想定されます。

ただ、ボクのケースだけでなく、ネット上でも電源が突然入らなくなった方は多く見かけるため、決してレアな症状ではないと思われます。

そこで下記より、本症状を改善する代表的な方法を紹介します。

その①:まずは充電をしてみる

基本的な解決策ですが、まずは電池不足では?と疑ってみましょう。

Apple正規のLightningケーブルではなく、100円ショップなどで購入した安価なモノの場合、充電ケーブルが原因になっている可能性もあります

極力、正規のケーブルで試してみることをオススメします。

その②:強制再起動をかける

続いて、電源が入らない症状を直す最も効果的な手段が、iPhoneを強制再起動する方法です。

電源ボタンとホームボタンを同時に10秒〜20秒ほど長押しします

再起動の成功すると、Appleのロゴマークが画面に表示されます。

ボクのケースも、この方法によりiPhoneの電源が無事入りました。

その③:強制初期化をする

以上の方法でも改善が見込めない場合、強制初期化をかけます。

iTunesをインストールしたPCとiPhoneをLightning – USBケーブルで接続し、iTunesの機能により「工場出荷状態」へ戻します。

具体的な手順は以前書いた記事をご参照下さい。

関連記事

[iOS] パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadをiTunesの強制復元で初期化する方法

それでも改善しない場合:Apple Storeへ

ここまでの方法すべてを試しても、iPhoneにまったく反応がない場合、残念ながらApple Storeへ行き、診断をしてもらいましょう。

参考 Apple – お近くのApple Storeを探す

〆:日頃からデータをバックアップしておこう

以上、[iOS] iPhone/iPadの電源が入らない原因と解決方法! 強制再起動や初期化を試して直してみよう の說明でした。

iPhoneの電源が入らない場合、解決手段として最終的にデータを初期化することになる可能性もあるため、日頃からデータバックアップをしておくことが大切です。

関連記事

[iOS] iPhone/iPadのデータをiCloudへバックアップする方法

電源が入らなくて困っている方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい