iPhoneで水平な写真を撮るコツ! カメラにグリッド線を表示して被写体の配置を綺麗にする方法

スポンサーリンク

iPhoneで撮った写真をチェックしていると、写真が傾いていたり、被写体の配置が少し変だったり、など細かいミスに後悔したことはありませんか?

実はiOS標準のカメラアプリにはグリッド線の表示設定が用意されており、撮影時に被写体が傾いていないか確認することができます。

そこで本記事では、そんなiPhoneで水平な写真を撮るコツを紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneで水平な写真を撮るコツ!

カメラはグリッド線を設定して撮影しよう

iPhoneのカメラでは、撮影時の画面上にグリッド線を表示する設定が用意されています。

グリッド線を見ながら被写体の位置を調整することで、下記の通り様々なメリットがあります。

水平な写真撮影がラクチンに!

グリッド線に合わせて画面内の被写体を調整することで、水平な写真をカンタンに撮影できます。

被写体の配置チェックもラクチンに!

グリッド線の9枠を参考に、画面内の被写体の配置をカンタンにチェックできます。

もちろん、グリッド線を表示させて撮影した写真に線が残ることはなく、通常通り撮影した写真と何ら変わらないため、基本的にiPhone標準のカメラアプリを使う際は、グリッド線を表示させておくことをオススメします。

さっそく下記よりその設定方法を說明します。

グリッド線を表示する方法

iPhoneの標準カメラアプリ上にグリッド線を表示させるには、カメラアプリ上からではなく、設定アプリ上より変更が必要です。

まず、「設定」→「写真とカメラ」と進みます。続いて、「カメラ」項目にある「グリッド」トグルをオンにするだけ。

以上のカンタンな作業で、iPhoneカメラにグリッド線が表示されるようになります。

〆:グリッド線を有効活用しよう

以上、iPhoneで水平な写真を撮るコツ! カメラにグリッド線を表示して被写体の配置を綺麗にする方法 の説明でした。

iPhoneのカメラで配置や角度が重要な景色やモノを撮影する機会があるなら、グリッド線を設定しておくと位置調整にかかる時間が短縮されますし、単純にミスも減ります。

カメラアプリ内よりグリッド線のオン / オフができないため、意外と存在が知られていませんが、設定アプリよりカンタンにできるため、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい