CrazyClock – iPhone / iPad 時計アプリアイコンの秒針を超爆速にするJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

ホーム画面上にあるiOS(iPhone / iPad)標準の「時計」アプリアイコンには現在時刻がアナログ表示され、時間が進む毎にアイコン上の秒針もリアルタイムに動いています。

ただ、実際に秒針が動くのはわずかな瞬間なので、使っていてほとんど気がつかないでしょう。

そこで本記事では、iOS標準「時計」アプリアイコンの秒針の動きを超爆速にする脱獄アプリ「CrazyClock」を紹介します。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

photo by Markus Spiske

スポンサーリンク

CrazyClock – 使い方と特徴

「CrazyClock」を使えば、「時計」アプリの秒針の動きを超爆速になります。

まずは実際の動きをご覧あれ。

photo by idownloadblog

いかがでしょう。上記は海外版iPhoneなので「時計」アプリは「Clock」ですが、アイコンが超高速に動いているのが分かります。面白いアプリですよね。

下記より「CrazyClock」の使い方について說明をします。

アプリを入手する

まず、Cydiaより「CrazyClock」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:無料

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準レポジトリ)

「CrazyClock」インストール完了後、ホーム画面上の「時計」アプリのアイコンを見ると、

photo by idownloadblog

めちゃくちゃ爆速に変化しています。

設定より速度変更も可能

また、設定より速度調整もできます。

「設定」→「CrazyClock」と進み、「Clock ticks per second」をタップ。

表示される数値一覧が速度調整範囲を示しており、「800」が最速で、マイナスになるほど速度がゆっくりとなります。

〆:友人をびっくりさせよう!

以上、CrazyClock – iPhone / iPad 時計アプリアイコンの秒針を超爆速にするJB App [要脱獄] の說明でした。

「CrazyClock」の効果は、ホーム画面をじっくり見ないと気が付きませんが、友人に見せたらきっと驚く面白いアプリです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい