ClipShot – iPhoneのスクリーンショット画像を直接クリップボードにコピーできるJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでスクリーンショットを撮影する方法は割と有名だと思います。

が、撮影した画像をメールやSNSで共有したいとき、一度スクリーンショットを「カメラロール」に保存した後、画像ファイルから添付する、という手順を踏む必要があり面倒です。

そこで本記事では、スクリーンショットを撮影した際、「カメラロールに保存するか」・「クリップボードにコピーするか」を都度選べるようにする脱獄アプリ「ClipShot」を紹介します。

記事中ではiPhoneを例に說明をしていますが、iPadでも同様です。
本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

iOSのスクリーンショット機能について

脱獄アプリ「ClipShot」の紹介に入る前に、まずはiOS(iPhone / iPad)のスクリーンショット機能の基本について說明します。

スクリーンショットの撮影方法

参考までに、iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

方法①:ホームボタンとスリープボタンの長押し

1つ目の方法として、iPhoneの「ホームボタン」と「スリープボタン」の同時押しで撮影ができます。

最もシンプルかつオーソドックスな方法です。

方法②:Assistive Touchの利用

2つ目の方法として、「Assistive Touch」機能を使った撮影もできます。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」より「Assistive Touch」へ進み、トグルをオンにすると、画面内に白いボタンが表示されます。

この白いボタンをタップし、「デバイス」→「その他」より「スクリーン」を選択すると、スクリーンショットの撮影ができます。

方法①で紹介した「ホームボタン」か「スリープボタン」のいずれかのボタンが壊れてしまっている場合でも、「Assistive Touch」機能を使えば画面上のタップだけでスクリーンショットを撮影することができます。

スクリーンショットの保存先

このようにして撮影されたスクリーンショットは、写真アプリ内の「カメラロール」に自動的に保存されます。

そこで下記より說明する「ClipShot」によって、保存先を「カメラロール」のみならず、「クリップボードにコピー」も選べるようになる方法を說明します。

ClipShot – できるコトと使い方

下記より「ClipShot」の使い方について說明をし、その中で合わせて機能も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、Cydiaより「ClipShot」を検索、インストールします。

価格:無料

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準リポジトリ)

手順②:スクリーンショットを撮影する

「ClipShot」のインストール完了後、さっそくスクリーンショットを撮影してみると、画面上に「Save to camera roll(=カメラロールに保存)」・「Save to clipboard(=クリップボードにコピー)」の選択ダイアログが表示されるようになりました。

「Save to camera roll(=カメラロールに保存)」を選ぶと、いつも通り写真アプリ内に保存されます。

そして「Save to clipboard(=クリップボードにコピー)」を選ぶと、クリップボードにコピーされるので、例えばメッセージアプリ使用中に、コピーしたスクリーンショットをそのまま貼り付けることができます。

手順③:細かい設定を調整する

「ClipShot」の設定画面からは、詳細な設定変更が可能です。

下記より基本的な項目の說明をします。

「Default action」 – 基本アクションを調整

スクリーンショットを撮影した際のアクションを設定できます。

Ask – 「カメラロールに保存」・「クリップボードにコピー」の選択画面を出す

Save to camera roll – 常にカメラロール内に保存する

Save to clipboard – 常にクリップボードにコピー

通常は「Ask」となっていますが、クリップボードにコピーする機会が多ければ「Save to clipboard 」に変更すると便利でしょう。

「Always copy to clipboard」 – 保存とコピーを両方実施

「Always copy to clipboard」をオンにすると、カメラロールに保存されたスクリーンショットは、自動的にクリップボードにもコピーがされます。

つまり、先述した「Default action」で「Save to camera roll」を設定していても、クリップボードにも追加的にコピーされるようになります。

「Show camera flash」 – スクショの演出をオフにする

通常はスクリーンショット撮影時、iPhoneの画面が一瞬白く光る演出があります。

そこで「Show camera flash」のトグルをオフにすると、この演出を消すことができます。

「Play shutter sound」 – スクショの音を消す

通常は、スクリーンショット撮影時、「カシャッ」と音が鳴ります。

そこで「Play shutter sound」のトグルをオフにすると、この音を消すことができます。

「Photo Stream for screenshots」 – フォトストリームの設定をする

iPhoneの設定によっては、iCloudに写真をアップロードする「フォトストリーム」が機能している場合があります。

そこで「Photo Stream for screenshots」のトグルをオフにすると、撮影したスクリーンショットがフォトストリームにアップロードするのを無効にしてくれます。

〆:スクリーンショットが便利になってオススメ!

以上、ClipShot – iPhoneのスクリーンショット画像を直接クリップボードにコピーできるJB App [要脱獄] の說明でした。

「ClipShot」はスクリーンショットを多用する人にとって、魅力的な脱獄アプリだと思います。

価格も無料なので、興味のある方はぜひインストールしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい