SlideForUsage – マルチタスク画面でアプリの利用情報を表示するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

iOS 7以降、マルチタスク機能が大幅に進化し、作業途中のサムネイル画像が表示されるようになりました。

そこで本記事では、このマルチタスク機能の表示画面で、アプリの起動時間など利用情報を表示してくれる脱獄アプリ「SlideForUsage」を紹介します。

進化したマルチタスク機能をより便利にするアプリとなっています。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

SlideForUsage – できるコトと使い方

参考:マルチタスク機能って?

まずiOS 7で進化したマルチタスク機能についてカンタンな說明をします。

マルチタスク機能とは、ホームボタンを2回押すことで、現在起動しているアプリを表示してくれる機能のことです。

iOS 7 では大幅に進化を遂げ、作業途中のサムネイル付きになりました。

通常は、サムネイルを上にスライドさせることで、該当アプリを終了させることができます。

一方で、下にスライドさせても何も起こらないですよね。

この「下にスライドさせる動作」時に、アプリの利用情報を表示させるのが本記事で紹介する「SlideForUsage」の機能となっています。

下記より「SlideForUsage」の使い方について說明をし、その中で合わせて機能も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、Cydiaより「SlideForUsage」を検索、インストールします。

価格:無料

レポジトリ:ModMyi(Cydia標準リポジトリ)

手順②:マルチタスク画面で試す!

「SlideForUsage」のインストール完了後、マルチタスク画面で、アプリのサムネイルを下にスライドしてみると、「アプリの使用時間」など該当アプリの利用情報が表示されるようになりました。

さらにホーム画面のサムネイルを下にスライドさせると、最後にリブートしてからの時間が表示されます。

ちなみに、「SlideForUsage」の設定画面からは、テキストの色の選択ができるので、好きなカラーにカスタマイズも可能です。

〆:アプリの利用状態をカンタンに把握できる!

以上、SlideForUsage – マルチタスク画面でアプリの利用情報を表示するJB App [要脱獄] の說明でした。

定期的なリブートをしている方は、この方法で時間の目安を把握できるので、実用性があるのではないでしょうか。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい