Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★

MacのクイックルックでZipを階層別に表示する方法! Quick Lookで圧縮ファイルの中身をすべて確認しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Mac
スポンサーリンク

Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインやアプリをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。

そこで本記事ではその中より、Zipファイルの中身をクイックルックで階層別に表示できるアプリ「BetterZip」を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacのクイックルックでZipを階層別に表示する方法

まずプラグインをダウンロードします。

ダウンロード macitbetter.com- BetterZip

Zipファイルをダウンロード / 解凍し、中身「BetterZip」をアプリケーションフォルダへ移動させます。

プラグインやアプリをインストールした直後だとクイックルックに機能が反映されていない場合があるため、ターミナルよりクイックルックを再起動します。

ターミナルを起動し、

例えばアプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」と開ける。

下記コマンドを入力して、enter で実行します。

qlmanage -r

するとクイックルックが再起動され、プラグインのインストールも反映された状態となります。

他のクイックルック系プラグインとは異なり「BetterZip」はアプリケーションとなります。

ただわざわざアプリを起動せずとも、Zipファイルに対しクイックルックをすると自動的に機能が適用されます。

通常はZipファイルにクイックルックをすると、基本情報(ファイル名・容量サイズ・最終更新日)しか表示されず、中身まで見ることはできません。

一方でアプリ「BetterZip」をインストールすることで、Zipファイル内のデータが表示されるようになります。

また階層別に分かれているZipファイルの場合は、その構造までチェックができます。

本来クイックルックからはZipファイルの内容を見ることができず、わざわざ解凍までする必要がありましたが、アプリ「BetterZip」によってその手間が省けます。

ZipファイルをMacで扱う機会が多い方なら、クイックルックでサッとチェックできるようになり便利です。

クイックルックよりZipファイルの中身をサムネイル表示できるプラグイン「HetimaZip」を入れている場合、正常に動作しないことがあります。

MacのクイックルックでZipの中身をサムネイル表示する方法! Quick Lookで圧縮ファイルをすぐ確認しよう
Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事ではその中より、Zipファイルの中身をサムネイル表示できるプラグイン「HetimaZ...

そのほか、Zipファイルに関わるプラグインやアプリをインストールしていると、アプリ「BetterZip」が動作しない可能性があるため、あらかじめ削除しておく必要があります。

 

補足:

そのほかQuick Lookを強化する便利なプラグインまとめ

Macのクイックルックを強化できるプラグインはたくさんあります。

例えば、プラグイン「qlImageSize」を使えば、クイックルックで画像ファイルのサイズや容量をすぐ確認できるようになります。

Macのクイックルックで画像サイズと容量を表示する方法! プラグインでQuick Lookをカスタマイズしよう
Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事ではその中より、クイックルックで画像ファイルのサイズや容量をすぐ確認できるプラグイン...

そのほか便利なプラグインをまとめて、関連記事【Macのクイックルックをより便利にするカスタマイズまとめ! Quick Lookの機能を拡充しよう】で解説しています。

Macのクイックルックをより便利にするカスタマイズまとめ! Quick Lookの機能を拡充しよう
Macで スペース を押すと起動するQuick Look(クイックルック)は便利ですが、プラグインやアプリをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「Macのクイックルックをカ...

そのほかZipファイル関連の便利な情報まとめ

本ブログでは、MacでZipファイルを便利に扱う情報を多数紹介しています。

Macでパスワード付きZipを作成する方法

Mac上でZipファイルにパスワードを付ける方法として、次の2つがオススメです。

  1. macOS標準「ターミナル」機能を使う
  2. サードパーティ製アプリ「MacZip4Win」を使う

詳細は関連記事【Macでパスワード付きZipを作成する方法! Windowsでも開ける暗号化ファイルに圧縮しよう】で解説しています。

Macでパスワード付きZipを作成する方法! Windowsでも開ける暗号化ファイルに圧縮しよう
この記事では、Macでパスワード付きZipファイルを作成する方法を解説します。標準の「ターミナル」機能を使う手順と、アプリ「MacZip4Win」を使う手順を説明しています。

アーカイブユーティリティの解凍/圧縮設定を変更する方法

Zipの圧縮率や展開方法を細かく調整したい場合、標準アプリ「アーカイブユーティリティ」の設定より実現可能です。

例えば、Zipファイル解凍が完了した後、Zipファイル自体の処理方法をプルダウンメニューより指定できます。

  1. アーカイブをそのままにする(デフォルト)
  2. アーカイブをゴミ箱に入れる
  3. アーカイブを削除
  4. アーカイブを移動

詳細は関連記事【MacでZipの圧縮率を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう】で解説しています。

MacでZipの圧縮率を変更する方法! アーカイブユーティリティを有効にしてファイル展開設定をカスタマイズしよう
この記事では、MacのZip機能をカスタマイズする方法を解説します。「アーカイブユーティリティ」を操作すれば、ファイルの圧縮率や展開後の保存場所など、Zipの解凍と圧縮に関わる設定を変更できます。

MacでZipを解凍できないエラーを解決する方法

MacでZipファイルを解凍する場合、通常はダブルクリックで実行できます。

が、次のような症状が発生して、展開をうまく完了できないケースがあります。

  • 「その操作は許可されていません」エラーが表示される
  • 「ファイルまたはディレクトリがありません」エラーが表示される
  • “zip→cpgz→zip…”と圧縮ファイルが無限に生成される

このような問題が発生した場合に有効な解決策は2つあります。

  1. 専用のZip解凍ツール「The Unarchiver」を使う
  2. Zipファイルを再入手する

詳細は関連記事【MacでZipを解凍できないエラーを解決する方法! Windowsからダウンロードした圧縮ファイルがcpgzとなり開けない原因】で解説しています。

MacでZipを解凍できないエラーを解決する方法! Windowsからダウンロードした圧縮ファイルがcpgzとなり開けない原因
この記事では、MacでZipファイルを解凍できないエラーを解決する方法を解説します。具体的には、専用ツール「The Unarchiver」を使う手順と、Zipファイルを再入手する手順を説明しています。

 

〆:Zipファイルの中身をすぐ確認できて便利!

以上、MacのクイックルックでZipを階層別に表示する方法! Quick Lookで圧縮ファイルの中身をすべて確認しよう の說明でした。

わざわざZipファイルを解凍せずともクイックルックから中身をチェックできるため、便利なアプリです。

ぜひ、お試しあれ。

Mac
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました