Macのクイックルックでテキストコードに色を付けて表示する方法! Quick Lookでソースファイルを見やすくしよう

Macアプリ

Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。

そこで本記事ではその中より、ソースファイルのテキストコードに色を付けて表示できるプラグイン「QLColorCode」を紹介します。

 

QLColorCodeの使い方

まずプラグインをダウンロードします。

ダウンロード Google Code – QLColorCode

tgzファイルをダウンロード・解凍します。

2016年12月現在、最終更新が2009年となっており古いプラグインではありますが、macOS Sierraでも使うことができました。
/Library/QuickLook

shiftG の同時押しで「フォルダの場所を入力」窓を表示させ、上記ディレクトリをペーストして移動するのがラクです。

するとライブラリにあるQuickLookフォルダが表示されるので、先ほど解凍したtgzファイルの中身のqlgeneratorファイルを当該フォルダ直下へ移動します。

プラグインをインストールした直後だとクイックルックに機能が反映されていない場合があるため、ターミナルよりクイックルックを再起動します。

ターミナルを起動し、

例えばアプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」と開ける。

下記コマンドを入力して、enter で実行します。

qlmanage -r

するとクイックルックが再起動され、プラグインのインストールも反映された状態となります。

さっそく使ってみましょう。

通常はソースファイルでクイックルックをすると、テキストコードは白黒で表示されます。

一方でプラグイン「QLColorCode」をインストールすることで、テキストコードに色が付くため、非常に見やすくなります。

さらに追加で「QLStephen」というプラグインもインストールすれば、拡張子不明のテキストも色付き表示できるようになります。

Macのクイックルックでテキストコードを表示する方法! Quick Lookで拡張子不明ファイルを確認しよう
Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事ではその中より、クイックルックで拡張子不明ファイルに記載されたテキスト(コード)をす...

コードが色付きのカラー表示となれば区切りが分かりやすくなり、クイックルックでソースコードをサッと確認する際に便利です。

 

補足:そのほかQuick Lookを強化する便利なプラグインまとめ

Macのクイックルックを強化できるプラグインはたくさんあります。

例えば、プラグイン「HetimaZip」を使えば、クイックルックでZipファイルの中身をサムネイル表示できるようになります。

MacのクイックルックでZipの中身をサムネイル表示する方法! Quick Lookで圧縮ファイルをすぐ確認しよう
Macで スペース を押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事ではその中より、Zipファイルの中身をサムネイル表示できるプラグイン「HetimaZ...

そのほか、便利なプラグインは関連記事【Macのクイックルックをより便利にするカスタマイズまとめ! Quick Lookの機能を拡充しよう】で解説しています。

Macのクイックルックをより便利にするカスタマイズまとめ! Quick Lookの機能を拡充しよう
Macで スペース を押すと起動するQuick Look(クイックルック)は便利ですが、プラグインやアプリをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「Macのクイックルックをカ...

 

〆:開発者にオススメのプラグイン

以上、Macのクイックルックでテキストコードに色を付けて表示する方法! Quick Lookでソースファイルを見やすくしよう の說明でした。

開発者でテキストコードを確認する機会が多いなら、紹介した「QLColorCode」をインストールすることでコードがカラー表示になって非常に見やすくなりオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

Macアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント