wallpaperGUARD – 変更したデスクトップ背景画像を自動で検知し保存できる管理アプリ

スポンサーリンク

当ブログでは過去、Macの壁紙を自動的に美しい画像へ切り替える様々なアプリを紹介してきました。

関連記事

FreshBackMac – Macの壁紙を自動的に美しい画像へ切り替える無料アプリ

関連記事

Irvue(Unsplash Wallpapers) – Macの壁紙を自動的に美しいUnsplash画像へ切り替える無料アプリ

関連記事

Splashify – 厳選された美しい画像一覧から 壁紙を自分で選んで背景に設定できる無料アプリ

関連記事

Beautiful Earth – Macの壁紙を美しい航空写真でランダム表示するデスクトップ画像管理アプリ

どのアプリも設定した間隔で自動的に壁紙を切り替え、気に入った壁紙は別途ダウンロードしてPC本体に残すことができますが、その度に保存作業を行うのは面倒ですし、つい魅力的な画像をダウンロードし忘れてしまうリスクもあります。

そこで本記事では、新しい壁紙に変更した際に自動的にダウンロードを行うかダイアログを表示してくれるアプリ「wallpaperGUARD」を紹介します。

価格は有料(600円)ですが、頻繁にデスクトップ背景を変更し、たまに画像を保存する機会があるなら便利なアプリです。

スポンサーリンク

wallpaperGUARD – できるコトと使い方

下記より「wallpaperGUARD」の使い方について說明をし、その中で合わせてアプリの機能も紹介します。

アプリを入手する

まず、「wallpaperGUARD」アプリをApp Storeからダウンロードします。

App Store wallpaperGUARD

OS X 要件:10.7 以上

価格:600円

インストール後、メニューバーに常駐アイコンが表示され、自動的にアプリが有効となります。

新しいデスクトップ画像を保存するか選択する

「wallpaperGUARD」アプリが起動した状態で、「Irvue」など背景変更アプリで自動的にデスクトップ画像が変更されたとします。

すると画面上に「Got a New Desktop Picture ?」というダイアログが表示され、「Copy」を選ぶと設定したフォルダへ新しいデスクトップ画像を保存することができます。

これでつい魅力的な背景画像のダウンロードし忘れを防止することができます。

アプリの「自動起動」設定をすると便利

アプリの性質上、「wallpaperGUARD」自体の起動し忘れがリスクになります。

そこでMacを再起動した際も自動でアプリが起動するよう設定しておくと便利です。詳細な手順は別記事をどうぞ。

関連記事

[Mac] 再起動してログインする時 自動で開始するアプリを設定する方法

〆:お気に入りの画像を見逃さない!

以上、wallpaperGUARD – 変更したデスクトップ背景画像を自動で検知し保存できる管理アプリ の說明でした。

「wallpaperGUARD」があれば、素晴らしいデスクトップ背景も見逃さずにPCへ残しておくことができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい