AppBeBack – 直近で閉じたアプリを再度開く方法! 最近終了した履歴からすぐ起動できる [Mac]

スポンサーリンク

Macで沢山のアプリを使っていると、起動と終了が何度も入り乱れ、操作が面倒になる場面があります。

似たようなシーンとして、ブラウザ上で多くのタブを開いたり閉じたりするケースなら、(Macなら) shiftT で最近閉じたタブを再度開けますが、「最近終了したアプリを再度起動する」ような機能は標準では用意されていません。

そこで本記事では、Macで直近で閉じたアプリを再度開くことができる無料アプリ「AppBeBack」を紹介します。

最近終了したアプリの履歴を記憶し、ショートカットキーで順番に復活できる便利な機能を持っていますよ。

スポンサーリンク

AppBeBack – 直近で閉じたアプリを再度開く

手順①:アプリを入手する

まず、Macに「AppBeBack」をインストールします。

Mac App Storeで配布されないアプリとなるため、配布元サイトよりdmgファイルをダウンロードし、

サイト AppBeBack – ダウンロード

展開後にアプリケーションフォルダへ移動させます。

またMacのセキュリティ設定によってはそのまま開けないので、「システム環境設定」より許可をしましょう。

詳しくは下記記事をご参照あれ。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリを開く方法

アプリを起動すると、メニューバーに常駐型のアイコンが表示されるようになります。

手順②:アプリを使う – 基本

さっそく「AppBeBack」を使ってみましょう。

直近で閉じたアプリを再度開く

まずは、直近で閉じたアプリを再度開いてみます。

例えば「CotEditor」が一番直近で終了したアプリだとします。この状態で、ショートカットキー shiftW を同時押しすると、

アプリアイコンをクリックすることなく、「CotEditor」を再起動できました。

終了したアプリの履歴を確認する

メニューバーのアイコンをクリックすると、最近終了したアプリ履歴を確認できます。一番上に直近閉じたアプリが終了され、その下に古いアプリが順番に並びます。

この状態で shiftW を押すと、「CotEditor」→「プレビュー」の順番に再び開ける。

確認できる限り、表示できる履歴のアプリ数に上限はなく、7個以上になるとスクロールバーが表示されます。

また、ショートカットキー( shiftW )では直近閉じたアプリから順番に開くのが原則ですが、この履歴一覧から開きたいアプリを個別にクリックすることで、順番を無視して再起動ができます。

マウスオーバーで表示される「Reopen」ボタンクリックで起動できる。

手順③:アプリを使う – 応用

さらに「Preferences」より細かいカスタマイズができます。

履歴をリセットする

最近閉じたアプリの履歴は「Clear History」よりリセット(削除)できます。

ショートカットキーの組み合わせを変える

最近閉じたアプリを再起動する際、デフォルトでは shiftW のショートカットキーで開くことができますが、この組み合わせを変更することができます。

「Change Keyboard Shortcut」をクリックし、

「Change Shortcut」右の枠上で、新たに設定したいキーの組み合わせを入力すればOKです。

〆:アプリ再起動をより便利にしよう!

以上、AppBeBack – 直近で閉じたアプリを再度開く方法! 最近終了した履歴からすぐ起動できる [Mac] の說明でした。

何度も同じアプリを開いたり閉じたりする機会が多いなら、Dock上のアプリアイコンをクリックするより、今回紹介した「AppBeBack」のショートカットキーで起動した方が便利です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい