[Mac] システム環境設定の項目を非表示にしたり並び替えたりする方法

スポンサーリンク

システム環境設定」には「ディスプレイ」や「キーボード」など、Macの設定に関わる様々なアイコンが並んでいます。

ただ実際にアクセスする項目は一部であって、まったくクリックしたことのないアイコンも中にはあると思います。実はこれ、自由に非表示にしたり、並び替えたりできるってご存知ですか?

本記事ではその方法を紹介します。

スポンサーリンク

システム環境設定の項目をカスタマイズする方法

下記より2種類のカスタマイズ内容をそれぞれ説明しています。

その①:一部項目を非表示にする(隠す)方法

1つ目に紹介するのが、「システム環境設定」の項目のうち、選択した一部項目を非表示にする方法です。

まず通常通り「システム環境設定」を開きます。

通常の「システム環境設定」。すべての項目がカテゴリ別に並んでいる。

続いてメニューバーより「表示」→「カスタマイズ…」と進むと、

「システム環境設定」の全項目に青色のチェックマークが付いた画面となります。

この中から非表示にしたい項目を選び、クリックで青色のチェックマークを外します。

例えば「プリンタとスキャナ」を使っていないなら、チェックを外そう。

チェック外しがすべて終わったら、最後に「完了」ボタンをクリック。すると選択した項目が非表示となって「システム環境設定」が表示されるようになります。

例えば「プリンタとスキャナ」が表示されなくなった。

もし「システム環境設定」で非表示にした後、一時的にその項目を使う場面になった場合、わざわざ「カスタマイズ…」より再表示せずとも、検索ボックスのキーワードには引っかかるため、覚えておくと便利。

例えば「ペアレンタルコントロール」を非表示にしても、検索から表示させることはできる。

その②:項目の並び順を変える方法

2つ目に紹介するのが、「システム環境設定」の項目の並び順を変更する方法です。

通常通り「システム環境設定」を開くと、大まかなカテゴリ毎分類されて表示されています。

続いてメニューバーより「表示」→「アルファベット順に整理」を選択すると、

この通り、従来の「カテゴリ別の並び順」ではなく「アルファベット順の並び順」となります。

【参考】カスタマイズした「システム環境設定」の一例

以上の2つのカスタマイズ内容を施した「システム環境設定」の表示例がコチラ。

並び順は従来の「カテゴリ別」のままですが、下記7項目を非表示としています。

Spotlight

プリンタとスキャナ

ペアレンタルコントロール

Siri

Flash Player

Java

アーカイブ

特にカスタマイズ前は「システム環境設定」の項目が5段に分かれて表示されていたので、1段減ったスッキリしたレイアウトになったと感じています。

〆:用途に合わせてカスタマイズしよう!

以上、[Mac] システム環境設定の項目を非表示にしたり並び替えたりする方法 の說明でした。

「システム環境設定」内で、頻繁にアクセスする項目とそうでない項目がハッキリ分かれているなら、本記事のカスタマイズを施すことでより便利なレイアウトになります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい