[Mac] 「プレビュー」で任意アプリに含まれる画像を一覧表示したり アイコンを抽出する方法

スポンサーリンク

Macのアプリケーションの右クリックメニューより「パッケージの中身を表示」へ進んだことはありますか?

ここでは実行ファイルや画像ファイル、アプリのアイコンなど、該当のアプリを構成するすべての素材(ソースファイル)を確認することができます。ただ、アプリによっては膨大なフォルダとファイルが含まれ、1つ1つ内容を確認するのが手間となるケースがあります。

そこで本記事では、Mac標準の「プレビュー」アプリを使って、任意のアプリケーションに含まれる画像ファイルをすべて一覧で表示したり、設定中のアイコンを抽出する豆知識について紹介します。

photo by Blake Patterson

スポンサーリンク

「プレビュー」で任意アプリの画像を表示する方法

「パッケージの中身を表示」とは?

Macでアプリケーション一覧を開き、任意のアプリで右クリックメニューより「パッケージの中身を表示」を選択すると、

そのアプリを構成する各種ファイルを確認できます。

Google Chromeの場合、直下に「Contents」フォルダがある。

そして、多くのアプリは「Contents」→「Resources」と進むと、そのアプリを構成する画像やアイコンファイルを見ることができます。

ここでアプリケーションによっては膨大な画像ファイルが含まれるために、確認作業に時間がかかるケースがあります。

そこで下記より、

①アプリケーションに含まれる画像ファイルを一覧表示

②アプリケーションで設定されているアイコンを抽出表示

の2点をMac標準「プレビュー」アプリで実行する豆知識を紹介します。

①:アプリ内の画像を一覧表示する方法

まず、「プレビュー」で任意のアプリケーションに含まれる画像ファイルを一覧表示する方法です。

まず「プレビュー」を起動し、Dock上にアイコンを表示させて下さい。すでにDockで「プレビュー」を固定配置している場合はそのままでOK。

次に、含まれる画像を見たい任意のアプリを選択し、Dock上の「プレビュー」アイコンにドラッグ&ドロップします。

すると選択したアプリに含まれる画像ファイルが「プレビュー」上で一覧表示されます。

目的の画像を見つけたら、そのままコピーなどで別途デスクトップに保存することもできます。

②:アプリで設定中のアイコンを抽出する方法

次に、「プレビュー」で任意のアプリケーションで設定されているアイコンを抽出する方法です。

まずアイコンを抽出したいアプリを選び、右クリックメニューより「コピー」を選択します。もちろん、C でもOK。

次に「プレビュー」を起動し、メニューバーより「ファイル」→「クリップボードから新規作成」を選びます( N でもOK)。

すると選択したアプリで設定しているアイコンが「プレビュー」上で表示されます。

ボクはGoogle Chromeのアイコンをカスタマイズしている。

もちろん、そのままアイコンを別途デスクトップに保存することもできます。

〆:任意アプリの画像ファイルをチェックする際に便利!

以上、[Mac] 「プレビュー」で任意アプリに含まれる画像を一覧表示したり アイコンを抽出する方法 の說明でした。

少々マニアックな用途向けの記事となりますが、アプリに含まれる画像(アイコン)ファイルを確認する機会があるなら、知ってると作業がラクになる豆知識です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい