Macへ外部ストレージ接続時に写真(iPhoto)アプリを自動起動させない方法! iPhoneやSDカードの画像を無視しよう

Mac使い方

iPhoneやSDカードをMacへ接続した際に、Mac側で写真(旧:iPhoto)アプリが強制的に起動した経験はないでしょうか?

Mac側と都度画像データを同期させたい場合は便利な反面、全く写真アプリを使っていないなら煩わしい機能でしかありません。

そこで本記事では、Macのターミナルを使って写真アプリを自動起動させない方法を紹介します。

この方法なら、一度Mac側で設定しておくだけで、以後新しいiOSデバイス(iPhone / iPad)やSDカードをMacに接続しても写真アプリが起動しないようになります。

photo by reynermedia

 

Macへ接続時に写真アプリを起動させない方法

今回の方法では、Mac標準アプリ「ターミナル」を使って、指定コマンドを実行します。

まずMac側で「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

次にターミナルに下記コマンドを入力します(enter を押す必要なし)。

defaults -currentHost write com.apple.ImageCapture disableHotPlug -bool YES

以上で完了。

試しにiPhoneをMacへ接続してみると、「写真」アプリが起動しなくなっています。

元の状態へ戻す方法

元の状態(=写真アプリを起動する)に戻したい場合は、ターミナルで下記コマンドを入力すればOK。

defaults -currentHost write com.apple.ImageCapture disableHotPlug -bool NO

再びiPhoneをMacへ接続すると、初期設定通りに写真アプリが自動起動するはずです。

 

補足:Macと外部記憶媒体の便利な豆知識

本ブログではほかにも、Macと外部記憶媒体に関わる情報を記載しています。

例えばiTunesを使ってiOS(iPhone / iPad)のバックアップを作成すると、バックアップデータはパソコンの内部ストレージへ保存されるのが通常です。

が、「ターミナル」で指定コマンドを入力して新しいシンボリックリンクを作ることで、擬似的にバックアップを外部記憶媒体で保存できるようになります。

[Mac] 外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してストレージ空き容量を増やそう
iPhoneはiTunesを使ってパソコンへバックアップできますが、バックアップデータはパソコン側の内部ストレージへ保存されるため、容量圧迫の要因となります。 特に昨今のiOSはストレージ量が128GBや256GBと大きい傾向があるた...

このような情報はまとめて関連記事【Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう】で解説しています。

Macで外部ストレージを上手に使う豆知識まとめ! 外付け記憶媒体(HDD/USBメモリ/SDカード)とmacOSを連携しよう
本ブログでも過去、Macで外部ストレージを使用する際の豆知識を色々と紹介してきました。 Macbookシリーズだと、スペックによってはストレージが少ない(例:64GB / 128GB)欠点があるため、外付けHDDやUSBメモリ等、外部...

 

〆:写真アプリを使っていないならぜひ

以上、Macへ外部ストレージ接続時に写真(iPhoto)アプリを自動起動させない方法! iPhoneやSDカードの画像を無視しよう の說明でした。

iPhoneで撮影した写真をケーブル経由でMacへ頻繁に取り込んでいるなら別ですが、そうでない場合は今回の方法で写真アプリが起動しないようにしておくと便利です。

お試しあれ。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント