MacへiOS機(iPhone/iPad)やSDカード接続時に写真(iPhoto)アプリを自動起動させない方法

スポンサーリンク

iPhoneやSDカードをMacへ接続した際に、Mac側で写真(旧:iPhoto)アプリが強制的に起動した経験はないでしょうか?

Mac側と都度画像データを同期させたい場合は便利な反面、全く写真アプリを使っていないなら煩わしい機能でしかありません。

そこで本記事では、Macのターミナルを使って写真アプリを自動起動させない方法を紹介します。

この方法なら、一度Mac側で設定しておくだけで、以後新しいiOSデバイス(iPhone / iPad)やSDカードをMacに接続しても写真アプリが起動しないようになります。

photo by reynermedia

スポンサーリンク

Macへ接続時に写真アプリを起動させない方法

写真アプリの自動起動とは?

iPhoneやiPadをMacへケーブルで接続すると、強制的にMac側の写真アプリが起動するようになっています。

便利な反面、毎回起動するため「面倒くせぇ・・・」と感じることもしばしば。

接続する端末毎に起動を停止させることもできますが、どうせならMac側で一度の設定で済ませたいですよね。

さっそく下記よりその手順を說明します。

手順①:ターミナルを起動する

まずMac側で「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

手順②:ターミナルにコードを入力する

次にターミナルに下記コードを入力します(enter を押す必要なし)。

以上で完了。

試しにiPhoneをMacへ接続してみると、「写真」アプリが起動しなくなっています。

補足:元の設定へ戻す方法

ちなみに、元の状態に戻したい場合は、ターミナルで下記コードを入力すればOK。

再びiPhoneをMacへ接続すると、初期設定通りに写真アプリが自動起動するはずです。

〆:写真アプリを使っていないならぜひ

以上、MacへiOS機(iPhone/iPad)やSDカード接続時に写真(iPhoto)アプリを自動起動させない方法 の說明でした。

iPhoneで撮影した写真をケーブル経由でMacへ頻繁に取り込んでいるなら別ですが、そうでない場合は今回の方法で写真アプリが起動しないようにしておくと便利です。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい