[Mac] 使用に関わる時間情報を調べる方法 [稼働時間/再起動した時間/シャットダウンした時間]

スポンサーリンク

Macを最後に再起動してからどれくらい時間が経ったか、覚えていますか?

さすがに人間の記憶には限界がありますし、起動してからずっとストップウォッチで計測しておくのも現実的ではありません。

そこで本記事では、使用中Macの時間に関わる各種情報を調べる方法を紹介します。

「再起動後にどれくらい時間が経過したか」・「最後に再起動した時間はいつか」・「最後にシャットダウンした時間はいつか」などが分かりますよ。

スポンサーリンク

Macの稼働時間を調べる方法

まず1つ目として、Macの稼働時間を調べる方法を説明します。

ここでの「稼働時間」とは、「最後にMacの電源を落として再起動してから経過した時間」を指します。

本記事では2つの手法を紹介します。

方法①:システムレポートから確認

1つ目の方法として、「システムレポート」から確認ができます。

メニューバーより(Appleロゴアイコン)をクリックし、「このMacについて」へ移動します。

「概要」タブ内の「システムサポート…」をクリック。

左メニューの「ソフトウェア」を選択すると、システムソフトウェアの概要が表示され、「起動してからの時間」を確認できます。

方法②:ターミナルから確認

2つ目の方法として、「ターミナル」にコマンドを入力することで確認ができます。

Macで「ターミナル」を起動し、

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

下記コマンドを入力し、 enter を押します。

すると、いくつかの数字や文字が表示されます。

上記スクリーンショット画像のうち、赤・青・緑・黄色の各部分について說明します。

赤:稼働時間

赤で囲われた部分が、稼働時間を示しています。

青:システム時間

青下線が「ターミナル」にコード入力した時点での時間を示しています。

緑:ターミナルの数

緑下線が「ターミナル」を開いているウインドウの数を示しています。

黄:Macの負荷

黄下線がMacにかかっている負荷を表示しており、直近1分、5分、15分のロードアベレージ平均値を示しています。

Macの再起動/シャットダウンした時間を調べる方法

2つ目として、「最後にMacを再起動した時間」または「最後にMacをシャットダウンした時間」を調べる方法を記載します。

どちらも「ターミナル」を使って表示できます。

最後にMacを再起動した時間

「Macを最後に再起動した時間」は、ターミナルに下記コマンドを入力し、 enter を押すと表示されます。

この例だと「8月11日19:14」が「Macを最後に再起動した時間」となる。

最後にMacをシャットダウンした時間

「Macを最後にシャットダウンした時間」は、ターミナルに下記コマンドを入力し、 enter を押すと表示されます。

〆:Macが重いと感じたらチェックしよう

以上、[Mac] 使用に関わる時間情報を調べる方法 [稼働時間/再起動した時間/シャットダウンした時間] の説明でした。

Macを使用していて動作が重いと感じた際、原因の1つとして、長期間Macの再起動をしていない点があります。

そんな時は今回の手法で、現在の稼働時間を調べ、必要であれば再起動を実施することで解決することもあります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい