Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★
スポンサーリンク

[Android] 特定アプリのみ自動で全画面表示する方法! ブラウザや動画を没入モードへ切り替えよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
MacroDroid
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidは一部アプリ(例:YouTube)のみステータスバーとナビゲーションバーを隠した「全画面表示」へ切り替わりますが、ユーザー側でオン / オフを自由に選択できません。

全てのアプリで強制的にフルスクリーンモードとするワザも存在しますが、あくまで手動切り替えとなるため、「ブラウジング中のみ全画面表示としたい」といったニーズに必ずしも合致しないのがネックです。

そこで本記事では、特定アプリのみAndroidを自動でフルスクリーンモードとする方法を紹介します。

具体的にはAndroid向け自動化アプリ「MacroDroid」を使って、特定条件下で起動するマクロ(タスクの自動化)設定をします。

photo by Mike MacKenzie

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前提:Androidの画面表示の基本

Androidの画面では上部に「ステータスバー」が、下部に「ナビゲーションバー」が表示されます。

「ステータスバー」は画面上部の領域で、通知アイコンや各種機能のオン / オフ状態を確認することができます。

Androidでステータスバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本記事では、Androidで次の3点をカスタマイズする過去記事をまとめて紹介します。 ステータスバー クイック設定 通知領域 見た目を劇的に変化させるアプリや、機能面を自由に拡張できるユーティリテ...

一方「ナビゲーションバー」は画面下部の領域で、最近のAndroid機種では、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)のソフトキーが表示されている場合がほとんどです。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本ブログでも過去、Androidのナビゲーションバーに関する記事を多数記載してきました。 【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。 特に最近のスマー...

これら2つの領域は、全てのアプリ上で常駐表示される仕様となっており、ユーザーの好みで消すことはできません。

この課題の解決策として「Hide System Bar」というアプリを使えば、全てのアプリや設定画面上でも強制的にフルスクリーンモードを適用させることができますが、

Hide System Bar (Full Screen)
Hide System Bar (Full Screen)

「Hide System Bar」アプリで全画面表示とした例。

Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ
Androidでは特定アプリ使用時(例:YouTubeを横画面再生)、ステータスバーとナビゲーションバーを隠した「全画面表示」へ切り替えが可能です。 ただ、自分の好きなアプリで自由に全画面表示のオン / オフができたら便利ですよね。 ...

この方法だと、全画面表示を切り替える度に手動でオン / オフ操作が必要となるため、「一部アプリだけフルスクリーンモードとしたい」場合に面倒です。

そこで今回は、「全画面表示としたいアプリの起動」を検知して、Androidの全画面モードを自動で切り替える設定を「MacroDroid」で行います。

記事中ではGoogle Chrome起動時 or 終了時に、Androidの全画面モードのオン / オフを切り替える設定を例に說明をします。

 

Androidで特定アプリのみ自動で全画面表示する方法

手順①:自動化アプリを入手する

まず、Androidに自動化アプリ「MacroDroid」をインストールします。

本アプリの基本情報や使い方については、関連記事【MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ】で解説しています。

MacroDroid - Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ
Android向けの自動化アプリは「Tasker」や「IFTTT」が有名です。 どちらも非常に便利なアプリですが、初心者には操作しづらい欠点(例:アプリが有料 / 設定やUIに難がある)があります。 そこで本記事では、直...

さらに今回は「没入型モードの制御」というAndroidシステム中枢に関わる高度な設定を行うため、追加で「ADB hack済み」条件を満たす必要があります。

具体的にはパソコンでadbコマンドの環境を用意した上、Androidへ下記コマンドを流します。

adb shell pm grant com.arlosoft.macrodroid android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS
adb shell pm grant com.arlosoft.macrodroid android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

内容が複雑なので、詳細は関連記事【MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法! ADB hackでAndroidの自動化を強化しよう】で解説しています。

MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法! ADB hackでAndroidの自動化を強化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメな「MacroDroid」がボクのお気に入りです。 本ブログでも様々な自動化設定(マクロ)を紹介しています。 ...

以上の準備ができたら、MacroDroidを起動して「マクロの追加」へ進みます。

大まかなマクロ作成の流れを整理すると、今回は下記2種類のマクロを設定し、同時に動かします。

【マクロ①】

  • トリガー:アプリの起動 / 終了(Chromeを開いたら)
  • アクション:没入型モード設定(全画面表示をオンにする)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

  • トリガー:アプリの起動 / 終了(Chromeを閉じたら)
  • アクション:没入型モード設定(全画面表示をオフにする)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

さっそく設定してみましょう。

手順②:トリガーを設定する【マクロ①】

まず、1つ目のマクロ(Chromeを開いたらフルスクリーンをオンにする)についてトリガーを設定します。

トリガー候補一覧より「アプリケーション」→「アプリの起動/終了」と選び、

「アプリの起動時」より対象アプリを選びます。

今回は例としてChromeにチェックを入れた。

ここで初回のみ「アクセシビリティ設定」が求められるので、画面に従って「ユーザー補助」設定にてMacroDroidを選び、

権限を有効にします。

以上で「アプリの起動時:Chrome」のトリガー設定ができました。

画面を右にスワイプし、「アクション」画面へ移ります。

手順③:アクションを設定する【マクロ①】

続いて、1つ目のマクロ(Chromeを開いたらフルスクリーンをオンにする)についてアクションを設定します。

アクション候補一覧より「Device Settings」→「没入型モード」と進み、

「完全没入型モード」にチェックを入れます。

以上で「フルスクリーンをオンにする」のアクション設定ができました。

画面を右にスワイプし、「条件」画面へ移ります。

手順④:条件を設定する(任意)【マクロ①】

そして、1つ目のマクロ(Chromeを開いたらフルスクリーンをオンにする)について条件を設定します。

「条件」は任意なので設定しなくてもマクロ作成は完成できますが、「トリガー」とは別の前提条件を追加したい場合に設定します。

例えば「充電中はChromeを開いてもフルスクリーンにしない」としたい場合なら、条件候補一覧より「バッテリー/電源」→「電源の接続」と選び、

「電源が接続されていない」にチェックを入れればOKです。

任意設定なので本例では「条件」は何も設定せず、としました。

右下の「✓チェック」アイコンをタップします。

手順⑤:マクロ名称を決めて完了!【マクロ①】

最後にマクロ①の名前を決めます。この後もう1つマクロを作成するため、区別しやすい名称にすると良いでしょう(後から名前の変更はできます)。

作成したマクロはアプリトップ画面左上の「マクロ」より確認ができ、内容の編集や設定の有効化 / 無効化の切り替えも可能です。

手順⑥:同様の手順でマクロ②を作成する

以上ここまでが、マクロ①(Chromeを開いたらフルスクリーンをオンにする)についての作成手順となりますが、全く同様の手順で逆の動作をするマクロ②(Chromeを閉じたらフルスクリーンをオフにする)を作成します。

  • トリガー:「アプリの起動/終了」より「アプリの終了時:Chrome」
  • アクション:「没入型モード」より「没入型モード:オフ」
  • 条件:設定なし

以上で対となる2つのマクロを作成できました。

 

実際に試してみる

動作検証:フルスクリーンモード

2つのマクロが完成したら、実際に動くか試してみましょう。

例えば下記のようなマクロを有効化した状態で、

【マクロ①】

  • トリガー:アプリの起動 / 終了(Chromeを開いたら)
  • アクション:没入型モード設定(全画面表示をオンにする)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

  • トリガー:アプリの起動 / 終了(Chromeを閉じたら)
  • アクション:没入型モード設定(全画面表示をオフにする)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

まずChromeを開くと、自動でフルスクリーンへ切り替わりました!

Chromeを開くと一瞬ステータスバー / ナビゲーションバーが表示されるが、すぐ自動で消えた。

そしてChromeを閉じると、自動でフルスクリーンが終了し元の画面に戻りました!

Chromeを閉じるとステータスバー / ナビゲーションバーが出現する。ホーム画面Dockのアイコンが上にせり出す動きが分かりやすい。

以上の通り、作成した2つのマクロはどちらも正常に動作しました。

動作検証:ステータスバー/ナビゲーションバー片方だけ隠す

今回は「ステータスバー」と「ナビゲーションバー」を両方とも隠すフルスクリーンモードで設定しましたが、片方のみ非表示とするマクロも可能です。

例えばステータスバーだけ隠すなら下記のようなマクロを組みます。

  • トリガー:「アプリの起動/終了」より「アプリの起動時:Chrome」
  • アクション:「没入型モード」より「没入型モード:ステータスバーを隠す」
  • 条件:設定なし

特にナビゲーションバーが消えると「ホームボタン」や「戻るボタン」を操作するのが面倒になるので、使い方によってはステータスバーだけ非表示とする設定もアリかもしれません。

うまく動作しない場合

冒頭で記載の通り、今回設定する「没入型モード」は「rootまたはADB hack済み」が条件のアクションとなるため、adbコマンドが実行されているか改めて確認して下さい。

MacroDroidの高度設定をroot不要で解放する方法! ADB hackでAndroidの自動化を強化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメな「MacroDroid」がボクのお気に入りです。 本ブログでも様々な自動化設定(マクロ)を紹介しています。 ...

下記は「アクション:モバイルデータ」の例ですが、「rootまたはADB hack済み」条件を満たせていない状態だとエラー表示が出ます。

 

補足:

そのほかMacroDroidで設定できるマクロまとめ

本記事で紹介したマクロ以外にも、MacroDroidの便利な設定は無限に存在します。

例えば、自宅や会社周辺のGPS検出可否をトリガーに、Wi-Fi機能のオン / オフ切り替え設定を自動化できます(2種類のマクロを作成し、同時に動かします)。

【マクロ①】

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺に入ったら)
  • アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを有効化)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

【マクロ②】

  • トリガー:場所のトリガー(自宅周辺を出たら)
  • アクション:Wi-Fi設定(Wi-Fiを無効化)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
AndroidでWi-Fiオン/オフを自宅や会社周辺で自動化する方法! 特定エリアをGPSで検知して設定を変更しよう
契約している携帯キャリアのプランによって1ヶ月で利用できるデータ通信上限量が決まっているため、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境ではなるべくモバイルデータ通信の使用を控えるべきです。 が、ついWi-Fiが使えるにも関わらずWi-...

また、Bluetoothデバイス(例:イヤホン / スマートウォッチ)の紛失防止のため、下記マクロでBluetoothの切断を検知し通知表示できます。

  • トリガー:Bluetoothイベント(デバイスの切断を検知したら)
  • アクション:通知を表示(デバイスの切断を警告)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
AndroidでBluetooth切断時に通知を自動表示する方法! イヤホンやスマートウォッチの置き忘れアラームで紛失防止するアプリ
ボクはBluetoothイヤホンやスマートウォッチを愛用しています。 ただ、持ち運ぶデバイスが増えるほど、外出先で無くすリスクが増えますよね。中にはせっかく購入したのに紛失して後悔している人もいるはず。 そこで本記事では...

それ以外にも多数のマクロ設定例を、関連記事【MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう】で解説しています。

MacroDroidでオススメのマクロ集まとめ! ルーティン作業はアクション/トリガーで自動化しよう
Android向けの自動化アプリは色々とありますが、直観的に自動化の設定ができる初心者にオススメな「MacroDroid」がボクのお気に入りです。 基本機能とその設定手順については、関連記事【MacroDroid – Andr...

ステータスバーをカスタマイズするアプリまとめ

今回說明した内容は、あくまで「ステータスバー」の表示 / 非表示を切替える機能だけですが、さらに高度なカスタマイズを実現する豆知識があります。

例えば「Smartphone upgrader 2017」というアプリを使えば、iPhone X風にステータスバーが”ノッチ”デザインとなります。

AndroidをiPhone X風デザインにする方法! ノッチ表示で全画面ディスプレイを体感してみよう
iPhone Xが発表され、物理ホームボタンが撤廃されたり、Touch IDからFace IDへ変更されていたりと、そのユニークな変革に対しネット上も賛否様々な声が溢れています。 サイト Apple - iPhone X ディス...

また、ステータスバーから下へスワイプすると表示される「クイック設定」パネルは、別途アプリを導入することで標準機能にない独自パネルを追加することも可能です。

Notedown」アプリでクイック設定にメモ機能を追加した例。

Androidでクイック設定のタイルをカスタマイズする方法まとめ! 好きな機能や外観を追加しよう
本ブログでも過去、Androidのクイック設定に関する記事を多数記載してきました。 そこで本記事では、「クイック設定のカスタマイズ」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。 うまくアプリを使いこなすことで...

このようなAndroidのステータスバーをカスタマイズする情報は、関連記事【Androidでステータスバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう】で解説しています。

Androidでステータスバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本記事では、Androidで次の3点をカスタマイズする過去記事をまとめて紹介します。 ステータスバー クイック設定 通知領域 見た目を劇的に変化させるアプリや、機能面を自由に拡張できるユーティリテ...

ナビゲーションバーをカスタマイズするアプリまとめ

今回說明した内容は、あくまで「ナビゲーションバー」の表示 / 非表示を切替える機能だけですが、さらに高度なカスタマイズを実現したいなら「Custom Navigation Bar」というアプリがオススメです。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free

左端に「Notifications」を、右端に「設定」アプリを配置した例。

ナビゲーションバーのボタン配置を変更したり、新しいボタンを追加できるため、Androidの見た目や使い勝手を劇的に変化させることができる素晴らしいアプリです。

Androidのナビゲーションバーにボタンを追加する方法! アイコン配置変更や機能カスタマイズしよう
Androidの次期最新OS「Android O」では、「ナビゲーションバー」のカスタマイズが標準機能として用意されており、ボタン配置を変えたり、新たなボタンを追加することもできます。 参考 juggly.cn - Android O...

このようなAndroidのナビゲーションバーをカスタマイズする情報は、関連記事【Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう】で解説しています。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう
本ブログでも過去、Androidのナビゲーションバーに関する記事を多数記載してきました。 【ナビゲーションバーとは】 – Androidで基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のこと。 特に最近のスマー...

 

〆:好きなアプリで全画面モードを自動化しよう!

以上、[Android] 特定アプリのみ自動で全画面表示する方法! ブラウザや動画を没入モードへ切り替えよう の説明でした。

フルスクリーン状態は画面のコンテンツに集中できる一方で、操作性に難があります。

今回紹介したMacroDroidのマクロを使って、「常時フルスクリーン」ではなく「一部アプリのみフルスクリーン」とすることでユーザビリティを担保した上で全画面を楽しむことができますよ。

ぜひ、お試しあれ。

MacroDroid
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました