IFTTTとLINEを連携させてtwitterのエゴサーチ結果を自動化に通知する方法 [iPhone/Android]

スポンサーリンク

twitterでエゴサーチをしたことはありますか?

エゴサーチとは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名を検索エンジンを使って、自分自身の評価を確認する行為のことである。略してエゴサともいう。

引用 Wikipedia

最近では芸能人でなくても、個人名を公表したり顔出しで活動する人も多く、ネット上の評価を気にしてtwitterで検索(=エゴサーチ)する声をよく耳にします。

ただ、毎回決まったキーワードで検索をしているなら、わざわざ手動で行わずとも自動化できる便利な方法があります。

そこで本記事では、自動化アプリ「IFTTT」とSNSアプリ「LINE」を連携させて、twitterのエゴサーチ結果を自動化にLINEで通知する設定方法を紹介します。

iOS(iPhone / iPad)とAndroidに共通した内容となっているので、ぜひご覧あれ。

photo by NeuPaddy

スポンサーリンク

twitterのエゴサーチ結果を自動で通知する方法

手順①:アプリとレシピを入手する

まずは今回の手法で必要となる自動化アプリ「IFTTT」をインストールしましょう。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

iOS 要件:9.0 以上

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

IFTTTの基本機能の紹介や初期設定で必要なアカウント登録方法の說明については、別記事を参照あれ。

関連記事

IFTTT – 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ/使い方]

また、もし普段「LINE」を使っていないなら、同じくインストールをして下さい。

LINE

LINE
無料
posted with アプリーチ

iOS 要件:8.0 以上

Android 要件:端末により異なる

価格:無料

続いてIFTTT側で、下記のようなレシピを作成します。

トリガーチャンネル:Twitter

トリガー:New tweet from search

Search for:検索語句 -from:@アカウントID

アクションチャンネル:LINE

アクション:Send message

が、これらをすでに作成してレシピを公表されている方がいるので、ありがたく利用させてもらいましょう!

参考 ましろぐ – Twitterのエゴサーチ結果をリアルタイムでLINEに通知させてみると凄く便利でした

コチラをクリックして、IFTTTのエゴサーチのレシピページより「Get Started」を選択して設定を始めます。

手順②:レシピの設定を行う

開いているブラウザ上で、まだIFTTTにログインしていなければ、自身のアカウントを設定し、レシピページ上で「Turn On」をタップして有効にします。

次に、まだIFTTTでtwitterやLINEと連動したレシピを使っていなければ、それぞれ連携の許可が必要となります。

twitterでは、ブラウザ上でtwitterアカウントにログインした後、「連携アプリを認証」を設定し、

LINEでは、「同意して連携する」を選ぶと「LINE Notify」アカウントと自動的に友だち登録がされ、

個別トークも届きます。

以上、twitterとLINEとの連携が完了したら、最後に「Save」を選択することで、IFTTTにレシピが登録されます。

手順③:エゴサーチする条件を決める

ここまででエゴサーチするためのレシピがIFTTTで有効になりましたが、まだエゴサーチの条件を決めていないため、この状態では動作しません。

IFTTTアプリを開き、トップページ下のタブから「My Applets」を選択。先ほど設定したエゴサーチのレシピをタップします。

レシピの概要ページとなるので、右上歯車アイコンをタップし、「Configure(=詳細設定)」画面にてエゴサーチの条件を決めます。

「Search for」の部分に、「検索語句(=エゴサーチしたいキーワード)」と、「@アカウントID(=除外したいtwitterアカウントID)」を入力します。

例えば、自分が運営しているブログがtwitter上でどのような評価を受けているかエゴサーチしたいなら、「検索語句」が「自サイトのURL」、「@アカウントID」が「自分のtwitterID」となります。

ボクの場合、「検索語句」が「sp7pc.com」、「@アカウントID」が「@tomo_hack」とした。

設定できたら右上チェックアイコンをタップして保存すればOK。

エゴサーチ結果が全てLINEに通知される!

以後、指定したキーワードがtwitter上で第三者がつぶやくと、自動的にLINEで通知されるようになります。

個別トークに届く内容は、「つぶやいたtwitterアカウント名」・「つぶやきの内容」・「つぶやいた日時」が標準で表示され、IFTTTレシピの「Configure(=詳細設定)」画面内「Message」項目にてカスタマイズも可能です。

また今回紹介した設定以外にも、LINEとIFTTTの連携は便利な使い方があり、例えばGmailに届いたメールを自動でLINEへ転送させることもできます。

関連記事

Gmailの受信メールをLINEに転送する方法! IFTTTと連携して自動で通知できる

Gmailをチェックするのが面倒であれば、LINEへ通知が集約できて便利ですよ。

〆:エゴサーチも自動化しよう!

以上、IFTTTとLINEを連携させてtwitterのエゴサーチ結果を自動化に通知する方法 [iPhone/Android] の說明でした。

普段から日常的にtwitterでエゴサーチしているなら、本記事の手法で自動化することで大変ラクになります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい