iPhone X専用サウンド「反射」を全てのiOS/Android機種で設定する方法! 着信音リフレクションを試そう

スポンサーリンク

iPhoneではiOS 7 以来、デフォルト着信音として「オープニング」が設定されていましたが、iPhone Xより専用の着信音「反射(リフレクション)」が導入されています。

「iPhone X専用」となるため、別のiPhoneシリーズではiOS 11にアップデートしても着信音として設定することはできない仕様となっていますが、別途着信音を用意することで全ての機種で使えるようになり、同様の理屈でAndroidでも設定可能となります。

そこで本記事では、サウンド「反射」を全てのiOS / Android機種で設定する方法を紹介します。

新しい着信音をお使いのスマートフォンで試したい方は、ぜひご覧あれ。

photo by Nobuyuki Hayashi

スポンサーリンク

サウンド「反射」を全ての機種で設定する方法!

iOSとAndroidとで着信音を追加する手順が異なるため、それぞれ別に解説をしています。

全てのiOSシリーズでサウンド「反射」を設定する

まず最初に、全てのiOSシリーズでサウンド「反射」を設定する方法です。

事前準備として、下記3点が必要となります。

最新のiTunesがインストールされたPC

iPhone本体

USBケーブル

準備ができれば、さっそく下記より解説していきます。

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を例に說明しています。

手順①:音源を入手しiTunes経由でiPhoneへ移す

まず、サウンド「反射」の音源を入手します。

ダウンロード 反射(Reflection) – m4rファイル

iPhoneの着信音として対応しているファイル拡張子は「m4r」ですが、上記リンク先からダウンロードできる音源は変換済みとなります。

Android向けのファイル拡張子「mp3」だと、そのまま使えない点に注意して下さい。

次にiPhoneとPCをケーブルで繋ぎ、iTunesを起動、「自分のデバイス上」項目の「着信音」を表示します。

後は、ダウンロードしておいた着信音「反射」の音源ファイルをドラッグ&ドロップで移せばOK。

手順②:「反射」を着信音に設定する

次にiPhone側で「設定」→「サウンドと触覚」→「着信音」と進み、

追加されたサウンド「Reflection(反射)」にチェックを入れれば完了です。

ちなみに、音源ファイル「反射」は着信音以外の通知音としても設定できるため、例えば新着メール通知音にすることも可能です。

Androidでサウンド「反射」を設定する

続いて、Androidでサウンド「反射」を設定する方法です。

事前準備として、下記3点が必要となります。

Androidの内部ストレージへアクセスできるPC

Android本体

USBケーブル

「Androidの内部ストレージへアクセスできるPC」について、Windowsなら設定不要でケーブルを繋げば自動でアクセスできるケースが多いですが、Macの場合は別途「Android File Transfer」を用意する必要があります。

関連記事

Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ

準備ができれば、さっそく下記より解説していきます。

記事中では、Nexus 6P(Android 8.0)を例に說明しています。

手順①:音源を入手しAndroidへ移す

まず、サウンド「反射」の音源を入手します。

ダウンロード 反射(Reflection) – mp3ファイル

Androidの着信音として対応しているファイル拡張子は「MP3 / M4A / WAV / OGG」ですが、上記リンク先からダウンロードできる音源は変換済みとなります。

iPhone向けのファイル拡張子「m4r」だと、そのまま使えない点に注意して下さい。

次にAndroidとPCをケーブルで繋ぎ、Androidの内部ストレージを開いて、特定フォルダへ音源ファイルを移動させればOK。ボクのPCはMacなので、「Android File Transfer」を使って表示しました。

もしうまくAndroidの内部ストレージを表示できない場合、「画面ロックを解除しているか」・「USB接続をファイル転送モードへ変更しているか」チェックして下さい。

後者の設定手順は、別記事で詳細を說明しています。

関連記事

[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法

着信音を設定したい場合は「Ringtones」へ、通知音を設定したい場合は「Notifications」へ音源を移します。

手順②:「反射」を着信音に設定する

次にAndroid側で「設定」→「音」→「着信音」と進み、

設定画面はAndroid 8.0の例となり、機種やOSバージョンによって異なる。

追加されたサウンド「Reflection(反射)」にチェックを入れれば完了です。

ちなみにAndroidの場合は、LINEの通知音も「Reflection(反射)」に変更できます。

LINEの「設定」より「通知」へ進み、

「通知サウンド」から追加した「Reflection(反射)」を選べばOK。

通知音としては少し長すぎますが笑、カスタマイズするのも面白いですよ。

iPhone版LINEでは、本体に入れた音源をオリジナル通知音として設定できない仕様があるため、Android版のみ設定可能です。

ちなみに、音源さえ用意すれば「Reflection(反射)」以外のオリジナルサウンドもAndroidの着信音 / 通知音として設定できます。詳細は別記事で紹介しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] スマートフォンやタブレットの着信音や通知音をオリジナル音源に変更する方法

〆:最新のiPhone X専用サウンドを体感しよう!

以上、iPhone X専用サウンド「反射」を全てのiOS/Android機種で設定する方法! 着信音リフレクションを試そう の說明でした。

iOSとAndroid共通して、最新のiPhone X専用サウンドを体験することができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい