Switchでスクリーンショットを撮影する方法! 任天堂スイッチのプレイ画面を写真や動画で録画/共有しよう

ガジェット豆知識

Nintendo Switch(任天堂スイッチ)では、スマートフォンと同様に表示している画面を写真として保存することができ、さらに2017年10月よりプレイ動画も録画可能となりました。

そこで本記事では、Switchで画面を撮影する方法を紹介します。

写真と動画それぞれで保存する方法から、撮影したファイルを外部デバイスへ送る方法まで解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by CORP agency

 

Switchでスクリーンショットを撮影/共有する方法!

記事中では、

①:プレイ画面を写真で保存する方法

②:プレイ画面を動画で保存する方法

③:撮影した写真や動画を共有する方法

の順番で下記より解説しています。

 

①:プレイ画面を写真で保存する

Switchのスクリーンショット画像撮影は、Joy-Conの「キャプチャーボタン」を押すことで実行できます。保存されるファイル形式は”jpg”です。

「ゼルダの伝説」のプレイ画面の例。

「キャプチャーボタン」はJoy-Con(左)に搭載されており、1回押すだけで実行できます。

Joy-Con(右)にはないボタンなのでご注意を。

ボタンを押すと画面左上に「撮影しました」と表示され、

ホームの「アルバム」より撮影された画像を確認できます。

撮影された画像のサムネイルは一覧表示され、その場で消去したり条件に合わせて絞り込み(検索)も可能です。

この「キャプチャーボタン」による画面の撮影はプレイ中はもちろん、Switchの設定画面上でも実行できますが、一部の画面では「いまは撮影できません」と制限がかかり撮影できないケースもあります。

例えば「アルバム」の画像一覧の画面は撮影できない。

特に個人情報が記載されるページが該当するため、セキュリティ上の配慮があるようですね。

ただプレイ中であれば、ほぼ全てのゲームタイトル上で利用できる機能なので、お気に入りのシーンを画像としていつまでも残すことができますよ。

 

②:プレイ画面を動画で保存する

Switchは最新のシステムバージョン(4.0.0)より標準機能として画面の動画撮影が可能となり、「キャプチャーボタン」長押しで実行できます。保存されるファイル形式は”mp4”です。

「ゼルダの伝説」のプレイ画面の例。

「キャプチャーボタン」を”ピッ”と音が鳴るまで押し続けると動画撮影が開始され、

「保存しました」というメッセージを確認できればOK。

ホームの「アルバム」より撮影された動画を確認できます。

画像同様に、撮影された動画のサムネイルが一覧表示され、その場で消去したり条件に合わせて絞り込み(検索)も可能です。

この動画撮影機能の最大の特徴が、「キャプチャーボタン」を押した後の場面を録画するのではなく、「キャプチャーボタン」を押す前の30秒間を録画する、という点にあります。つまり、ゲームをプレイしていて撮影したいシーンに遭遇したら、その後に録画開始の操作をすれば間に合うので、名シーンを逃さず保存することができます。

また、動画は無音ではなくゲーム内の音楽まで一緒に録音されるため、まさに対象のシーンをプレイ中の臨場感とセットで記録することができます。

さらに嬉しい機能として、保存された動画ファイルはホームの「アルバム」で個別選択した状態で「切り出し」を実行することで、

30秒間の録画時間の中で無駄なシーンを省き、好きな場面のみ残す編集(=トリミング)作業を行えます。

ちなみに、動画撮影時間は直近の30秒間が最長ですが、プレイ開始してから30秒経っていない状況で動画撮影を実行すると、20秒や10秒など短い時間で保存されます。

また先ほど紹介した画像のスクリーンショットとは異なり、あくまでゲームプレイ中でのみ実行できるため、Switchのシステム設定画面を動画として録画することはできません。

さらにこの録画機能を実行できるゲームタイトルは一部ソフトに限定されており、2017年11月7日時点で下記6タイトルが対応可能となっています。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Ver. 1.3.0以降)

マリオカート8 デラックス(Ver. 1.3.0以降)

ARMS(Ver. 3.1.0以降)

スプラトゥーン2(Ver. 1.2.0以降)

スーパーマリオ オデッセイ

1-2-Switch(Ver.1.1.0以降)

このように、ソフトの中でも「体験版」や「インディーズ系」、「アーケードアーカイブス系」などでは使用できませんが、今後も対応タイトルは続々増える予定なので将来的に多くのゲームにて撮影可能となりそうです。

ちなみに、もし対応ゲームタイトルにも関わらず動画撮影がうまくいかない場合はバージョンアップが済んでいるか確認して下さい。インターネット環境を用意の上、ホームの「設定」を開き、

「本体」項目の「本体の更新」より準備できます。

 

③:撮影した写真や動画を共有する

Switchで撮影した画像や動画は、主に下記2つの方法で外部デバイスへ共有することができます。

SNS(twitterとfacebook)に投稿したファイルを外部デバイスで保存する

microSDカードを経由して外部デバイスで保存する

個別に1ファイルずつ共有する場合、ホームの「アルバム」で表示される一覧より対象の画像や動画を選び「A:投稿や編集」から、

投稿(=SNS上で共有)とコピー(=microSDカードへ保存)を実行できます。

「SNS上で共有」なら、microSDカードを持っていなくてもインターネット接続環境さえあればSNSアカウント経由でカンタンに共有ができますが、デメリットとしてSNSで繋がっている友人全員に公開されてしまう点と、撮影ファイルは1枚ずつしか投稿ができない点があります。また、現時点で使用可能なSNSはtwitterとfacebookに限定されており、InstagramやLINEは使えません。

一方「microSDカードへ保存」はその逆で、SNS上で公開されることなく複数枚まとめてファイルを外部デバイスへ送れますが、microSDカードを購入する必要があります。

このように両手段はそれぞれ一長一短ですが、microSDカードを持っているなら後者の方が相対的に利便性が高くオススメです。

下記より参考として、microSDカードを使った移行方法を解説します。

microSDカードはSwitch本体背面のスタンド内側に挿入スロットがあり、

microSDカードを差し込むと、

インターネットに接続して本体の更新が求められます。

更新時に一度再起動となるため、プレイ中のソフトがあればセーブを忘れずに。

再起動後、ホームから「設定」を開き、

「データ管理」項目の「大切なデータの管理」へ進み、

「画面写真と動画の管理」を選びます。

「セーブデータの消去」を誤って選択しないようにご注意を!

そして「本体保存メモリー」へ進み、

「すべての画面写真と動画をSDカードにコピー」を実行すれば、撮影したファイルがmicroSDカードへ保存されます。

最後に電源を落とした状態でmicroSDカードを取り出し、PCやスマートフォンなど外部デバイスに挿入することでまとめて共有することができます。

ちなみにmicroSD内のフォルダ構成は自動で、

Nintendo/Album/西暦/月/日

となります。

電源が点いている状態でSwitchからmicroSDを抜くと、強制的に電源オフとなるので、プレイ中ゲームのセーブは忘れずに行っておきましょう。

 

〆:ゲームの名シーンを友人を共有しよう!

以上、Switchでスクリーンショットを撮影する方法! 任天堂スイッチのプレイ画面を写真や動画で録画/共有しよう の説明でした。

Switchをプレイしていて名シーンに遭遇したら、今回紹介したキャプチャ方法を用いてぜひ記録・共有してみましょう。

ご参考あれ。

コメント