Androidでオススメの回転制御系の無料アプリ! 画面の向きを通知領域から管理しよう

Android

Androidではデフォルトで「画面の自動回転」のオン / オフ切り替えをクイック設定上で可能ですが、専用のアプリを使えばもっとカンタンに操作できます。

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]
Androidのクイック設定をご存知でしょうか? 画面上部から下へスワイプすると表示される各種機能を集約したパネルのことで、Androidでは「タイル」と呼ばれ、Wi-FiやBluetooth、画面の明るさ等をサクッと変更できるので大...

本記事では、その中でもオススメなアプリを2つ紹介します。

  • Rotation Lock Adaptive
  • Rotation Control

縦向き・横向きの切り替えを素早く操作できるようになりますよ。

 

スポンサーリンク

Rotation Lock Adaptive – 使い方

Google Play上にないため、apkからアプリのインストールが必要です。

ダウンロード Rotation Lock Adaptive – apk

好きなタイミングで画面の向きを切り替える方法

「Rotation Lock Adaptive」アプリを起動し、機能が有効になっていることを確認します。

今後は画面向きをこのアプリで管理するため、Android標準の自動画面向き回転が働くと面倒です。そこで画面向きを「縦」で固定します。

固定する向きは「横」でも可ですが、利用頻度を考えて「縦」がオススメです。

画面向きの固定は、例えば「設定」→「ディスプレイ」の「端末が回転したとき」で設定可能です。

後は、画面の向きを「縦」に固定した状態で、スマートフォンの向きを「横」にして下さい。

現在の画面向きは「縦」で固定されているため、自動で画面向きの変更はされませんが、中央に薄っすらとアイコンが表示されます。

このアイコンをタップすると、画面向きを「縦」に固定しているにも関わらず、「横」向きに変更されました。

この状態だと、再び中央の薄いアイコンをタップしない限り画面向きは「横」で固定されたまま、となります。

このように「Rotation Lock Adaptive」を起動していれば、中央の薄いアイコンをタップすることで、現在固定されている画面向きを強制的に縦 or 横に変更ができます。

アイコンをタップしない限り向きは変わらないため、画面向き変更の誤動作が劇的に改善されるのが本アプリの魅力となっています。

アプリの自動起動をオンにする方法

「Rotation Lock Adaptive」アプリはAndroidを再起動すると設定がオフになります。その度にアプリをタップして起動させるのは面倒なので、アプリの自動起動をオンにすると便利です。

アプリ設定画面で「AutoStart」をオンにしましょう。

以後、Androidを再起動しても最初からアプリがオンになります。

通知を非表示にする方法

「Rotation Lock Adaptive」アプリは起動中、通知に常駐して起動していることを示しますが、正直邪魔です。

一応、アプリの設定項目の中でも「通知の非表示」をカスタマイズできますが、有料版のみの機能となっています。

そこでAndroid本体の設定項目から、強制的にアプリの通知をオフにします。

「設定」→「音と通知」と進み、

「アプリの通知」をタップします。

アプリの一覧が表示されるので、「Rotation Lock Adaptive」を選択して「このアプリからの通知を表示しない」をオンにすればOK。

これで通知にアイコンが表示されなくなりました!

欠点:Android 7.0以上で動作が不安定になる

Android 7.0以上の端末では、うまく画面を回転できない症状を確認しています。

もし同様のお悩みであれば、次に紹介するアプリ「Rotation Control」をお試し下さい。

 

Rotation Control – 使い方

Rotation Control
Rotation Control
Developer: CrapeMyrtle
Price: Free

通知領域から画面の向きを切り替える方法

最初にアプリを起動して「回転制御開始」のトグルをオンにします。

すると通知領域に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示され、タップすると画面の向きを変更できます。各アイコンの意味は、アプリ内の「說明の表示」から確認できます。

例えばYouTubeを縦画面で視聴中に通知領域を表示させ、画面を横向きにするアイコンをタップすると、

この通り、強制的に横向きへ変更されます。

通知領域の優先度を設定する方法

アプリトップ画面内の「通知領域の優先度」より、通知領域に表示されるアイコンの優先度を調整できます。

優先度の高い通知はより上の方へ、優先度の低い通知はより下の方へ表示されます。

優先度:最高

例えば優先度を「最高」にすると、上から3番目に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。これより上の通知は通知領域に常駐型のアプリ(例:Google Playミュージック)のみです。

優先度:高い

一方で優先度を「高い」にすると、上から4番目に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。「最高」に比べ、「LINE」の通知より優先度が低くなっていることが分かります。

優先度:普通以下

そして優先度を「普通」以下にすると、一番下に「Rotation Control」アプリのアイコンが表示されました。ボクの環境では「普通」〜「最低」はどれも一番下に表示されましたが、他のアプリ通知との組み合わせによっては変化があるかもしれません。

優先度はどれがオススメか?

どの優先度がオススメか、については個人の好みによると思います。ただ個人的には優先度「最低」が使いやすいと感じます。

理由として、優先度「最高」や「普通」だと、通知領域に表示されるアプリの組み合わせによって「Rotation Control」アプリが表示される位置が毎回変わるため、その度に位置を確認する必要が発生します。

一方で優先度「最低」とすると、通知領域の一番下に「Rotation Control」が表示されるため、すぐにアイコンをタップできて便利です。

 

補足:アプリ別に画面向きを指定する方法

もしアプリごと毎回決まった画面の向きへ切り替えている場合、「自動回転コントローラ」というアプリがオススメです。

ダウンロード 自動回転コントローラ – apk

事前にアプリごと固定の向きを設定すれば、自動的に画面が回転するようになります。

詳細は関連記事【Androidでアプリ別に画面向きを指定する方法! アプリごと縦/横回転を自動で切り替えよう】で解説しています。

Androidでアプリ別に画面向きを指定する方法! アプリごと縦/横回転を自動で切り替えよう
Androidの画面向きは縦と横へ自由に変更ができますが、大半のアプリでは標準の縦画面で操作しているでしょう。 が、一部アプリでは横画面で表示する頻度が高く、動画系アプリ(例:YouTube)や写真系アプリ(例:Googleフォト)は...

 

〆:便利に画面の向きを管理しよう!

以上、Androidでオススメの回転制御系の無料アプリ! 画面の向きを通知領域から管理しよう の說明でした。

操作性の面では「Rotation Lock Adaptive」の方がオススメですが、動作の安定性の面では「Rotation Control」が良いでしょう。

ぜひ、お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント