[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行

スポンサーリンク
Android

本ブログでも過去、Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を通常とは異なる方法で操作する豆知識を紹介してきました。

普通は基本3ボタンが表示される「ナビゲーションバー」上より実行するのが一般的ですが、様々なアプリを活用することで使い勝手を柔軟に変更することができます。

そこで本記事では、「Androidで基本3ボタンを操作する別の方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

うまくアプリを使いこなすことで、ナビゲーションバーに触れる頻度が激減します。ぜひご覧あれ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidの基本3ボタンを操作する様々な方法まとめ

方法①:画面上に仮想ホームボタンを設置する

次のような悩みに対して、仮想ボタンが有効です。

画面上の好きな場所に、フローティングボタン(オーバーレイボタン)を追加できます。

  • 片手操作ではナビゲーションバーに指が届かない
  • タッチパネルの故障でナビゲーションバーが反応しない
  • Xperiaのサイドセンスと似たようなアプリを探している

例えば、次のようなアプリがオススメです。

メニューボタンのアイコンメニューボタン

メニューボタンの使い方

最近ボタンをタップして(左)、マルチタスク画面を開く例(右)。

戻るボタンのアイコン戻るボタン

戻るボタンの使い方

3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を好きな場所に表示できる。

アプリの詳細な説明は、関連記事【Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう】で解説しています。

Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう
この記事では、Androidに仮想ボタンを常駐させる方法を解説します。消えたホームボタンを戻したい、画面上にフローティングボタンを設置したい、等のニーズに対応します。

方法②:指紋認証で基本3ボタンを操作する

Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証で「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」押下時と同じ動作を実行できるようになります。

さらに基本3ボタン以外にも下記機能も付与でき、

  • Sleep – スリープ状態に入る
  • Go back – 戻るボタン押下と同じ動作
  • Go home – ホームボタン押下と同じ動作
  • Show recent apps – タスクボタン押下と同じ動作
  • Show power menu – 電源ボタン長押しと同じ動作
  • Toggle split screen – タスクボタン長押し(=マルチウィンドウ起動)と同じ動作
  • Expand/Toggle notifications panel – 通知領域の表示
  • Expand quick settings – クイック設定の詳細画面を表示
  • Take screenshot – スクリーンショットの撮影
  • Launch app or shortcut – 指定アプリやショートカットを起動

指紋認証のジェスチャーも下記3種類それぞれに対し上記機能を設定可能です。

  • Single tap – 指紋認証リーダーを指でタップ
  • Double tap – 2回連続で指紋認証リーダーを指でタップ
  • Fast swipe&Quick tap action – 素早く指紋認証リーダーを指でスワイプ

指紋認証で基本3ボタンを操作できるようにすることで、ディスプレイのタッチパネルに触れずともサクサク操作が可能になります。

詳細は関連記事【Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう】で解説しています。

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう
Androidに搭載される「指紋認証」機能は主にロック画面解除で活躍しますが、別途アプリを導入すれば別機能の割り当てが可能です。 そこで本記事では、指紋認証リーダーを超強化する便利なアプリを紹介します。 Fingerpr...

方法③:ボタンの位置を入れ替える

ナビゲーションバーのボタン並び順は主に2パターンあり、機種によって異なります。

  • (左から)◀戻る→◉ホーム→■最近
  • (左から)■最近→◉ホーム→◀戻る
特にGalaxyシリーズは伝統的に、左端に■最近、右端に◀戻るという配置が多いです。

これは3パターンの方法で並び替え可能です。

方法メリットデメリット
①:
端末の標準機能を使う
  • 操作がカンタン
  • 一部機種のみ対応
②:
adbコマンドを使う
  • 機種依存なし
  • 幅など微調整可能
  • Android 10以降は非対応
  • 操作が少し難しい
③:
アプリを使う
  • 機種依存なし
  • OS制限なし
  • ナビゲーションバー自体
    に変更を加えることはできない

1. 標準機能でナビゲーションバーのボタンを入れ替える(一部機種のみ)

一部メーカーの端末であれば標準で、◀戻る / ■最近ボタンの入れ替え機能が搭載されます。

例えばGalaxyなら、Android設定アプリのアイコン設定から ディスプレイナビゲーションバー と進み、

Galaxyでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順1

「ボタンの順序」より切り替えればOK。

Galaxyでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順2

お使いの機種にも搭載されている可能性があるため、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」などのキーワードで調べてみて下さい。

2. adbコマンドでナビゲーションバーのボタンを入れ替える(〜Android 9のみ)

パソコンからadbコマンドを実行する方法です。

いくつかパターンがあり、例えば次のadbコマンドを実行すれば、

adb shell settings put secure sysui_nav_bar "'space,recent;home;back,space'"

adbコマンドで直接ボタンを入れ替える手順1

ナビゲーションバーの◀戻る / ■最近ボタンが入れ替わります。

adbコマンドで直接ボタンを入れ替える手順2

ナビゲーションバーに注目。左と右で位置が違う。

説明がかなり長くなるため、詳細は関連記事【Androidで戻るボタンの位置を変える方法! 消えたボタンを逆に入れ替えよう】で解説しています。

Androidで戻るボタンの位置を変える方法! 消えたボタンを逆に入れ替えよう
この記事では、◀戻る/■最近ボタンを入れ替える方法を解説します。消えてしまった◀戻るボタンを再表示する手順も触れています。

3. アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える(全機種対応)

サードパーティ製アプリを使う方法で、例えばNavigation BarのアイコンNavigation Barがオススメです。

画面に従って権限付与をしてから、トップ画面で Swap Back and Recent Button を有効にすればOK。

アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順1

(左)画面に従って権限付与する (右)トップ画面からオンにする

これでナビゲーションバーの◀戻る / ■最近ボタンが入れ替わります。

アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順2

ナビゲーションバーに注目。左と右で位置が違う。

方法④:iPhoneのAssistiveTouch機能を設定する

Assistive Touch」というアプリを使えば、iOS標準の「AssistiveTouch」機能をAndroidでも使えるようになります。

好きな画面上からメニューを開き、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の仮想キーも配置されているため、ナビゲーションバーに触れずともサクサク操作が可能になります。

詳細は関連記事【AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう】で解説しています。

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

方法⑤:Galaxyのエッジパネル機能を設定する

Side Apps Bar」というアプリを使えば、GalaxyのEdgeシリーズで導入されている「エッジパネル」機能をAndroidでも使えるようになります。

画面端に表示されるエッジパネルには、基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)の仮想キーに加え、好きなアプリや機能スイッチ(例:Wi-Fi)も追加できるため、Androidの使い勝手が劇的に変化する面白いアプリです。

詳細は関連記事【Android全機種でGalaxy「エッジパネル」を導入する方法! スクリーン端のサブランチャーから好きなアプリや機能を起動しよう】で解説しています。

Android全機種でGalaxy「エッジパネル」を導入する方法! スクリーン端のサブランチャーから好きなアプリや機能を起動しよう
GalaxyのEdgeシリーズで導入されている「エッジスクリーン(曲面有機ELディスプレイ)」を使えば、画面端に操作バーを表示して、画面を最大限に楽しんだり、操作の切り替えなどもよりスムーズにできます。 参考 Galaxy Note ...

2018年2月現在、Google Play上から削除されています。

リスクはありますが、Androidの「提供元不明のアプリ」を有効にしてから直接apkファイルをインストールする代替手段があります。

ダウンロード Side Apps Bar

インストール方法の詳細は関連記事【Androidで提供元不明アプリをインストールする方法! スマホ操作でapkファイルを許可しよう】で解説しています。

Androidで提供元不明アプリをインストールする方法! スマホ操作でapkファイルを許可しよう
この記事では、スマホ上の操作でapkをインストールする方法を解説します。「アプリはインストールされていません」エラーの解決策も説明しています。

 

補足:

ナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ

基本3ボタンが配置されるナビゲーションバーは、様々なアプリによって見た目や機能性を拡張することができます。

例えば「Custom Navigation Bar」というアプリを使えば、ナビゲーションバー上のボタン位置をズラしたり、4つ目 / 5つ目のボタンを追加することができます。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer:paphonb
Price:Free

例:左端は「Notifications」を、右端は「設定」を起動するアイコンを配置したケース。

Custom Navigation Barの使い方! Androidのナビゲーションバーをカスタマイズする無料アプリ
この記事では、Custom Navigation Barの使い方を解説します。ナビゲーションバーの見た目や機能を劇的にカスタマイズできます。

このような標準のナビゲーションバーが劇的に変わるアプリを関連記事【Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう】で解説しています。

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう
本記事では、Androidの画面下に表示されるナビゲーションバーについて、カスタマイズ方法を紹介します。 見た目を劇的に変化させるアプリや、機能を自由に拡張できるユーティリティーまで幅広く記載しているので、ぜひご覧あれ。 A...

ホームボタンをカスタマイズするアプリまとめ

別途アプリを導入すれば、ホームボタンの長押しや複数回タップで好きな機能を起動できます。

例えば「アプリアシスト」というアプリを使えば、ホームボタンの長押しで好きな機能を好きな場面で起動できます。

Chrome起動中にホームボタン長押し(=アシストアプリ起動)で、設定したWebページへアクセスする例。

詳細は関連記事【Androidのホームボタンをカスタマイズするアシストアプリまとめ! タップや長押しで好きな機能を起動しよう】で解説しています。

Androidのホームボタンをカスタマイズするアシストアプリまとめ! タップや長押しで好きな機能を起動しよう
Androidのナビゲーションバーに配置される「ホームボタン」は最も触れる機会が多く、主に次の2機能のため使用します。 1回押し:ホーム画面へ戻る 長押し:Googleアシスタント(Now on Tap)を起動する ...

 

〆:好きな方法で基本3ボタンを操作しよう!

以上、[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行 の説明でした。

ナビゲーションバー上に配置されるボタン以外からでも、様々なアプリを使いこなすことで基本3ボタン機能は実行が可能です。

ぜひ、お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました