FRep – 画面を自動で連続タップ(連打)する方法! 入力操作を記録して何度も再生できる [Android]

スポンサーリンク

Android向けの自動化アプリは色々とあり、よく挙げられるのが「Tasker」や「IFTTT」、「MacroDroid」あたりでしょう。

関連記事

MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ

ただ、どのアプリも共通して自動化のトリガーとなる動作は具体的に定められており、例えば「あるアプリのある部分を連続してタップする」・「画面上のボタンを決められた順番でタップする」など細かい内容まで自動化はできないケースがほとんどです。

そこで本記事では、Androidで画面を自動で連続タップ(連打)する方法を紹介します。

具体的には「FRep – Finger Replayer」というアプリを使って、入力操作を記録して指定動作を何度も再生させることができます。もちろんroot化不要で使えますよ。

photo by Maria Eklind

スポンサーリンク

Androidで画面を自動で連続タップする方法!

手順①:アプリを入手する

まず、自動操作したいAndroidに「FRep – Finger Replayer」をインストールします。

FRep - Finger Replayer
FRep - Finger Replayer
Developer: strAI
Price: Free

Android 要件:2.3.3 以上

価格:無料(登録できる記録数に上限のない有料版もあり)

インストール完了、さっそく起動しましょう。

最初に初期設定が必要です。

手順②:アプリの初期設定を行う

アプリトップ画面に表示される手順に従って初期設定を実施します。

USBデバッグを有効にする

まずAndroidでUSBデバッグをオンにします。

USBデバッグ設定を行うためには、事前にAndroidで「開発者向けオプション」を表示しておく必要があります。

関連記事

「開発者向けオプション」を表示してデベロッパーモードになる方法 [Android 6.0/7.0対応]

別デバイスから設定ツールを実行する

root化していない状態で初期設定をする場合、対象のAndroid機とは別にデバイス(Windows / Mac / Android)をもう1台用意し、設定ツールを実行する必要があります。

記事中ではMacを使った設定手順を例に說明をしています。

まず、別に用意したデバイスのOSに該当する設定ツールをダウンロードします。

サイト FRep設定ツール配布ページ

ここからは用意したデバイスによって異なりますが、例えばMacなら、対象のAndroidをMacにUSBで接続した状態で「ターミナル」を起動し、ダウンロードしたZipファイルに含まれる「mac.sh」を実行します(ドラッグ&ドロップ後に enter で実行できます)。

ターミナル上で「Server Started.」と表示されれば成功です。

ユーザー補助を有効にする

最後に「FRep – Finger Replayer」アプリに対してユーザー補助を有効にします。

「設定」から「ユーザー補助」へ進み、サービス一覧から「FRep」を選びます。

トグルをタップして有効化すればOK。

「開発者向けオプション」からUSBデバッグを再びオフに戻し、「FRep – Finger Replayer」アプリを起動して「サービス実行中」となっていればOK。

手順③:入力操作を記録/再生する

まず入力操作を記録させたいアプリを開き、通知から「FRep」をタップしてパネルを表示させます。

次に赤い録音ボタンをタップして、記録させたい動作を行います(例:画面上をタップ / スクロール)。

そして記録させたい動作が終わったら、Androidの電源ボタンを押すことで記録が完了します。

「スクロール」という名前で記録を保存する。

記録完了後、パネル上に保存した記録名が表示されるので、「再生」ボタンをタップすると、先ほど記録した動作(例:画面上をタップ / スクロール)が自動的に再生され始めます。

以上が「FRep」アプリの基本的な操作の流れとなります。

これを応用して、普段から決まった手順で連続タップ / スクロールしている動作を記録・再生することで、あらゆる作業を自動化できるようになります。

特にルーティンな作業が多いゲーム上で連続タップを記録させる使い方が人気のようですね。

アプリによってはこのような連打ツールが禁止されているケースもあるので、事前に規約をしっかり読んでからにしましょう。

〆:ルーティンなタッチパネル動作を自動化しよう!

以上、FRep – 画面を自動で連続タップ(連打)する方法! 入力操作を記録して何度も再生できる [Android] の說明でした。

タッチパネル上のタップやスクロール等の動作は、既存の自動化アプリの守備範囲外となるパターンが多い中、紹介した「FRep – Finger Replayer」を使えば自動化も不可能ではありません。

ぜひ、普段の操作を見直してみて、自分だけの記録を作ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい