ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する方法! デザインも自作できる [Android]

スポンサーリンク

音楽の「ビジュアライザー」というワードを聞いたことはありますか?

再生中の楽曲を「可視化」する機能を指し、具体的には曲のテンポやビートに合わせて上下するバーを意味する場合が多いです。

この「ビジュアライザー」を、楽曲や動画を再生しているスマートフォンの画面上に表示できたらお洒落ですよね?

そこで本記事では、ナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示するAndroid向けアプリ「Muviz」を紹介します。

豊富に用意されたビジュアライザーから好きなデザインを選んで設定できるのに加え、自分自身でオリジナル作品を制作し、実際にAndroid上で設定できる機能も搭載されていて、大変面白いアプリですよ。

photo by Shou-Hui Wang

スポンサーリンク

ナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示!

本記事で紹介する「Muviz」アプリの使い方と特徴を下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Muviz」をインストールします。

Android 要件:5.0 以上

価格:無料(全てのビジュアライザーを設定できる有料版もあり)

インストール完了後に起動し「開始する」をタップで、初期設定が始まります。

まず「マイク」をタップし、Androidの録音機能に関する権限を与えます。

次に「ユーザー補助」を選び、画面に従って先に進み、

トグルをタップして有効化して下さい。

ここまで設定できると自動で画面が次へ進み、続いてバーを上下に動かし、ナビゲーションバー上に表示されるビジュアライザーの位置を調整します(後から再調整可能です)。

以上で初期設定は完了。さっそくAndroidのミュージックプレーヤーで音楽を再生してみましょう。

楽曲のテンポに合わせて、ナビゲーションバー上にビジュアライザーが表示されます。

ホーム画面はもちろん、任意アプリ上でも表示される。

さらに、動画系アプリで再生中もビジュアライザーは表示されます。

例えばYouTubeニコニコ動画を再生している場合。

一方で、一部ゲーム系アプリでは正常に動作できませんでした。どうやら音楽を視覚化する際に必要な情報(オーディオfxデータ)が送信されないことが理由であるよう。

Pokémon GOSuper Mario Runで発生した。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

以上までの設定で音楽再生中にビジュアライザーが表示されるようになりますが、さらに「Muviz」では豊富に用意されたビジュアライザーの中から、好きなデザインへ切り替えることができます。

アプリトップ画面では様々な種類のビジュアライザーが一覧で表示されるので、好きなデザインを選び「セット」で設定します。

「PRO」と表示されるデザインは有料版限定となる。

すると新しいビジュアライザーとして設定できます。

無料版の場合全てのデザインを設定できませんが、それでも選べる種類は十分に多いです。

デザインの一例。他にも沢山用意されている。

手順③:アプリを使いこなす – 応用1

以上が予め「Muviz」側で用意されたデザインを設定する方法でしたが、さらに本アプリではユーザー自身でオリジナルのビジュアライザーを制作し、実際にAndroidで設定することもできます。

トップ画面左上の「+(プラス)」アイコンより制作画面に切り替わります。

制作画面では下記6要素を調整することで、自分だけのオリジナルデザインを生み出します。

図形

広がり

高さ

透明度

図形や色は豊富に種類が用意されているので、1つ1つデザインを確認してみて下さい。

さらに「レイヤーを編集」よりビジュアライザーを複数層とすることで、より複雑なデザインを実現できます。

追加したレイヤーに対しても、個別に独立したデザインを設定できるので、層を増やすほどより複雑なビジュアライザーとなります。

例えば3層に分かれたビジュアライザーとしてみた。

制作が完了したら、後は右上チェックアイコンで保存されます。

オリジナルで制作する作品は複数保存できる。

もちろん自分で作ったデザインは、通常の手順でビジュアライザーとして設定も可能。

手順④:アプリを使いこなす – 応用2

さらに「Muviz」の設定画面より細かいカスタマイズが用意されています。

下記よりその一部を解説します。

ビジュアライザーの表示をカスタマイズする

「ビジュアライザーのカスタマイズ」項目では、表示される「フレームレート」や「オーディオレスポンスレート」 、「高さ」の調整できます。

実際にバーを左右に動かしながら調整していきますが、共有して「高」に近付けるほど、よりリッチで派手な動きとなり、その分バッテリー消耗も激しくなります。

ビジュアライザーを表示するアプリを限定する

「Muviz」ではAndroidで楽曲再生中、全てのアプリ画面上のナビゲーションバーにてビジュアライザーが表示される仕様となっていますが、一部アプリに限定することも可能です。

「アプリを選択」項目へ進み、一覧より指定するアプリにチェックを入れ、「完了」をタップ。

以後、楽曲再生中は指定したアプリ上でのみ、ナビゲーションバー上でビジュアライザーが表示されるようになります。

ビジュアライザーの表示位置を再調整する

初期設定でナビゲーションバー上に表示されるビジュアライザーの位置を設定しましたが、「ビジュアライザーの位置」項目より再度調整することも可能です。

補足:ナビゲーションバーをカスタマイズするその他アプリ

今回取り上げた以外にも、Androidのナビゲーションバーをカスタマイズするアプリは沢山あります。

例えば、「Navbar Apps」というアプリを使えば、起動するアプリに合わせて自動的にカラフルなナビゲーションバーへ変化させることが可能です。

Navbar Apps
Navbar Apps
Price: Free+

関連記事

ナビゲーションバーの色をカスタマイズする方法! アプリのテーマカラーへ背景を変える [Android]

また「Custom Navigation Bar」というアプリを使えば、ナビゲーションバー上のボタン位置を変更したり、4つ目 / 5つ目のボタン追加が可能となります。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer: paphonb
Price: Free+

関連記事

Custom Navigation Bar – Androidナビゲーションバーをカスタマイズ(配置変更/ボタン追加)

このようなナビゲーションバーをカスタマイズする方法は別記事でまとめて紹介しているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 見た目や機能性を劇的に変えよう

〆:音楽に合わせてビジュアライザーを設定しよう!

以上、ナビゲーションバーに音楽ビジュアライザーを表示する方法! デザインも自作できる [Android] の說明でした。

Androidで音楽を流す機会が多いなら、「Muviz」アプリを使うことでナビゲーションバーのデザインがより個性的になりますよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい